IMG_5116
2021.02.12

地方出身モデルやタレントが推薦。 地元の人が言うなら、間違いない!【全国】地方出身タレントに聞いたおすすめ地元グルメ。

地方の美味しいグルメを食べたいならば、その土地に精通している人に聞くのが一番!そこで今回は『Hanako.tokyo』のコラム連載陣のオススメ地方グルメをまとめてみました。旅行に行ったら要チェックです。

1.ヴァイオリニスト・花井 悠希さんリコメンド…〈Pea Green〉のパン/三重県

「塩パン」
「塩パン」
「角食」
「角食」
「塩パン」
「角食」

四日市市在住の友人がオススメしてくれたのが、〈Pea Green〉のパン。中でも、食パンは予約をしないと買えないほど大人気らしい!

「塩パン」はふっかふか。これはあまりにもあれだ、あれなんです。そう、天日干ししたお布団のようなのです。そこからむぎゅ、もちーっとした弾力が徐々に出てくると、歯が最後押し切る直前にもっちもっちと1番の抵抗が。中央のバターの住処の空洞からふかっとぬける空気も塩気もちょうどいいです。

「角食」は持ち上げるとズシッと重みが。はい、注目!これが食パンの保水力を物語っているのです。トーストしても水分をたっぷり抱えた重みは健在です。まるで真っ白なはんぺんのように(褒め言葉です!)しゅわしゅわと消える口溶けは、ピュアで儚く繊細で、甘みがゆっくりと広がります。舌に残るほど甘くないのがいいのです、とても。

(photo&text:Yuki Hanai)

2.モデル・木村ミサさんリコメンド…「ぐんまの桑茶 ほうじ茶」と「カテキン2倍!ガラガラ茶」/群馬

「ぐんまの桑茶」
香りは焙じの香ばしさの中に青みがかった桑の香りがほのかに香る。ただ、この青みが一口飲んだときに丸みのある甘さに変わってすっと飲みやすい。ほうじ茶のいわゆる芳醇さを持ち合わせながら、ほのかな甘みとまろやかさがクセになり、何度でも飽きずにいただけること間違いなしのやつです。
香りは焙じの香ばしさの中に青みがかった桑の香りがほのかに香る。ただ、この青みが一口飲んだときに丸みのある甘さに変わってすっと飲みやすい。ほうじ茶のいわゆる芳醇さを持ち合わせながら、ほのかな甘みとまろやかさがクセになり、何度でも飽きずにいただけること間違いなしのやつです。
ce89f467007010e99f3c5cf6bcfd3e177_19125111_200227_0002
鮮やかでキレイな緑茶の色は粉末ならでは。これだけ鮮やかだと見ていてうっとりする。味は、濃く入れた緑茶のようなカテキンを感じます。濃いのが好きな方にはぴったり。粉末なので薄味が好きな方はお湯を足して調整するといいかもしれません。
鮮やかでキレイな緑茶の色は粉末ならでは。これだけ鮮やかだと見ていてうっとりする。味は、濃く入れた緑茶のようなカテキンを感じます。濃いのが好きな方にはぴったり。粉末なので薄味が好きな方はお湯を足して調整するといいかもしれません。
「ぐんまの桑茶」
香りは焙じの香ばしさの中に青みがかった桑の香りがほのかに香る。ただ、この青みが一口飲んだときに丸みのある甘さに変わってすっと飲みやすい。ほうじ茶のいわゆる芳醇さを持ち合わせながら、ほのかな甘みとまろやかさがクセになり、何度でも飽きずにいただけること間違いなしのやつです。
ce89f467007010e99f3c5cf6bcfd3e177_19125111_200227_0002
鮮やかでキレイな緑茶の色は粉末ならでは。これだけ鮮やかだと見ていてうっとりする。味は、濃く入れた緑茶のようなカテキンを感じます。濃いのが好きな方にはぴったり。粉末なので薄味が好きな方はお湯を足して調整するといいかもしれません。

私の地元・群馬県は、世界遺産になった〈富岡製糸場〉もあるように、かつては養蚕が盛んな地域。その礎となった桑の葉が今でもたくさん桑園農家さんによって大切に育てられています。そんな桑の葉を一枚一枚丁寧に摘み取って独自の製茶技術により誕生したのが「ぐんまの桑茶」。

ぐんまちゃんが目印の「カテキン2倍!ガラガラ茶」は粉末緑茶。ガラガラ茶とはなんぞや?ってなるかと思いますが、緑茶に含まれる茶カテキンを抽出し、茶粉末と混ぜ合わせることで、通常の緑茶の2倍までカテキンを強化したもの。カテキンは風邪予防にもいいので、2倍も入っているのがありがたい。

(photo&text:Misa Kimura)

3.タレント・眞鍋かをりさんリコメンド…〈玄むす屋〉の「玄米おむすび」/愛媛

IMG_5116
image1
image2
IMG_5116
image1
image2

玄米おむすびと玄米パンのお店〈玄むす屋〉の玄米おにぎり。15種類のおにぎりが入った「玄米おにぎり15個セット」。「塩」、「醤油」、「梅」などオーソドックスな味や、「とりそぼろ」、「ごま海苔」、「黒大豆」などなど。どれから食べようか、目移りしてしまいます。

なるほど、実店舗はこういう感じのお店なのね…と、住所を見てビックリ!
愛媛県西条市、めちゃくちゃ地元じゃないですか!

そんな地元の契約農家さんの玄米を使った玄米おむすび。冷凍のまま、袋ごとチンでOKです。なんてお手軽!優しく握られたおむすびは、ホロっとほどけるような口当たり。中までやわらかく、噛めば噛むほど玄米の甘みを感じます。こんなに美味しい玄米、食べたことない!

(photo&text:Kaori Manabe)

4.弁護士・菅原 草子さんリコメンド…〈レイベスタ〉の「味噌カステラ」/宮城

リスの絵が可愛いパッケージは必見!
リスの絵が可愛いパッケージは必見!

私はついに食品を扱う会社に携わるにいたり、現在、地元・宮城県の食材を使った食品を販売する会社〈レイベスタ〉で、取締役兼企画デザイン部長をしています。先日、オリジナル商品第一弾として、宮城県のお味噌を使った「味噌カステラ」を販売開始しました!「好きな食べ物は?」と聞かれ、「味噌」と答えていた私、誕生日プレゼントに友人から味噌を贈ってもらっていた私…味噌最高(笑)。もっといろいろな味噌のお菓子も展開していきたいところです。

宮城県石巻市の震災復興のためにも!という思いから、石巻市の名所と可愛いリスがたくさん描かれているパッケージもあります!ぜひお取り寄せしてみていただけたら嬉しいです。

(photo&text:Soko Sugawara)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る