news_DMA-POTASTA009
2017.04.07

ますます進化中! サンドイッチの最前線!鮮やかな具沢山サンドにディップスタイルも。ごちそうサンドが食べられるカフェ3軒

時間がない時にサクッと食べられる、そんな軽食のイメージが強かったサンドイッチが、今どんどん進化しています!思わず気分が上がる、見るも鮮やかな具沢山サンドに、ディップスタイルまであるんです!一料理として完成された、ごちそうサンドが食べられるカフェを3軒ご紹介します。

1.【閉店情報あり】〈GRAIN BREAD and BREW〉/渋谷

グレインブレッド&ブリュー002

サンドイッチをこよなく愛するオーナーが、世界各国で出合った味をブラッシュアップ。午後3 時以降に登場するのが、グレイビーソースにひたして食べるユニークなサンド。バゲット、肉の食感を残しつつクドさゼロの自家製コンビーフ、野菜が主体の技ありグレイビーソースが三位一体のおいしさ! 

「自家製コンビーフ、トリュフオイルとグレイビーソース/ディップスタイル」(1,350円)
「自家製コンビーフ、トリュフオイルとグレイビーソース/ディップスタイル」(1,350円)

2.【閉店情報あり】〈POTASTA 千駄ヶ谷店〉/北参道

POTASTA014

代々木上原店に次ぐコチラは待望のイートインスペースが!一番人気は、ふわっと焼いたスクランブルエッグと、ぐるぐるっと渦を巻いたグリーンリーフがトレードマークのボリューミーなサンドイッチ。今日はヘルシーにと決めたなら、シナモンの香りが食欲をそそる「キャロット」をぜひ。

右「スクランブルエッグ&ベジタブル」左「ハニーキャロットレーズン」(各500円)(税込)
右「スクランブルエッグ&ベジタブル」左「ハニーキャロットレーズン」(各500円)(税込)

3.〈FARO〉/代々木

FARO005

食べごたえがあって見た目も美しく。新メニュは“闘牛”という名のボロネーゼサンド。人参を煮込まず挟むことで、シャキシャキの食感と鮮やかな彩りをプラス。パン生地に練り込んだ胡麻の風味、アクセントのワサビマヨネーズがおいしさを引き立てる。

「TORERO」ランチは野菜&果物の生搾りミニジュース付き(1,200円)(税込)
「TORERO」ランチは野菜&果物の生搾りミニジュース付き(1,200円)(税込)

(Hanako1127号掲載/photo:Kanako Nakamura text:Yumiko Ikeda)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る