日本橋グルメといえば「天ぷら」。高コスパな天丼ランチからコースまで!人気天麩羅屋3軒
2019.11.06

揚げたてサクサク。 日本橋グルメといえば「天ぷら」。高コスパな天丼ランチからコースまで!人気天麩羅屋3軒

お江戸日本橋で食べたいものといったら、やっぱりはずせない「天ぷら」。今回は、高コスパな天丼ランチから、最上級の天ぷらコースまで、日本橋の人気天麩羅屋3軒をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈天ぷら すず航〉おいしさの秘密は衣にあり!最上級の天ぷらを堪能。

茅場町 天ぷら すず航

U字型のカウンター席では、揚げたての天ぷらが食べるペースに合わせて供され、気分を高めてくれる。

茅場町 天ぷら すず航

「つばきコース」6,900円~の中でも人気なのがかさの大きな新潟産しいたけ。噛めば噛むほど旨みがあふれるしいたけを目当てに来るリピーターも多い。黄身を多めに使ったふわふわの衣に沖縄産の塩をつけてどうぞ。

〈天ぷら すず航〉
■東京都中央区日本橋茅場町2-1-14
■03-3666-3336
■18:00~20:30LO 土日祝休 
■17席/禁煙 

(Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』掲載/photo : Asami Endo, Ayumu Gombi, Eiichiro Abe, Hiroshi Mashimo, Kanako Furune, Katsuhiko Hirahara, Kazumasa Kitajima, Kazuya Okada, Kengo Motoie, Kentaro Abe, Tomomi Kobayashi, Yu Tsutano text : KWC)

2.〈てんぷら みかわ〉“天ぷらの神”ともいわれる初代の技を継ぐ名店。

茅場町 てんぷら みかわ

1976年創業の老舗。カウンターがメインの小さな店は、揚げたてにこだわるため。

茅場町 てんぷら みかわ

オススメメニューはランチの「天ぷら定食」1,200円。厳選された素材はもちろん、衣のつけ方、ごま油とサラダ油のブレンド具合、揚げ方など、細部まで緻密に計算されたおいしさ。夜は完全予約のコース制。

〈てんぷら みかわ〉
■東京都中央区日本橋茅場町3-4-7
■03-3664-9843
■11:30~13:30、17:00~21:30(土日祝12:00~13:30、17:00~21:00 ) 水休 
■20席/禁煙

(Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』掲載/photo : Asami Endo, Ayumu Gombi, Eiichiro Abe, Hiroshi Mashimo, Kanako Furune, Katsuhiko Hirahara, Kazumasa Kitajima, Kazuya Okada, Kengo Motoie, Kentaro Abe, Tomomi Kobayashi, Yu Tsutano text : KWC)

3.〈天丼 金子半之助〉開店前からずらりと行列ができる人気店。

日本橋 天丼 金子半之助
日本橋 天丼 金子半之助
江戸前天丼 950円(税込)

丼からあふれんばかりに盛り付けられた天ぷらは、穴子、エビ、イカ、小柱のかき揚げ、温泉卵など7種類。揚げ油にはごま油とサラダ油をブレンドしたものを使用しており、香ばしさと軽い食感の天ぷらに。秘伝のたれがたっぷりしみ込んだ天ぷらをご飯と一緒にかきこめば、文句なしのうまさ!

(Hanako1130号掲載/photo:Yoko Tajiri text:Mikiko Okai)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る