low_DSC3297-2

〈DIESEL〉らしいギフト、揃ってます。 〈DIESEL〉で揃う! “NEUROMANTIK” なバレンタインギフトとコラボスイーツをご紹介。 Learn 2021.02.10

ライフスタイルブランド〈DIESEL〉が手掛ける今季バレンタインキャンペーンのテーマは “NEUROMANTIK(ニューロマンティック)” 。オリジナルキューブポーチに詰めて贈るギフトや、サステナブルコレクション『GREEN LABEL』を展開しています。また、渋谷・横浜で運営する〈Glorious Chain Café (グロリアスチェーンカフェ)〉で提供中の〈PAPABUBBLE(パパブブレ)〉とのコラボレーションメニューの試食レポートをお届けします。

IMGP1613

〈DIESEL〉が贈る、 “NEUROMANTIK(ニューロマンティック)” なバレンタイン。

今やバレンタインデーは恋人同士のイベントのみならず、家族や友人にギフトを贈るもよし、ふだん頑張っている自分をギフトやスイーツで存分に甘やかす口実でもありますね。

毎年手づくりスイーツを贈っているけれど、ことしは購入、またはスイーツ以外のプレゼントを探しているという方も多いのではないでしょうか。

ライフスタイルブランド〈DIESEL〉では、各店でお買い物をした方限定で、バレンタインギフトパッケージを添えて贈り物をすることができます(オンライン限定のアンダーウェアセットは2月10日時点で売り切れとなりました)。

毎年人気のオリジナルギフトパッケージ。

IMGP1611

I LOVE YOUのハンドサインと、コロンとしたフォルムが愛らしいオリジナルのキューブポーチ(3,300円)。

カラフルなキャンディでお馴染みのアート・キャンディ・ショップ〈PAPABUBBLE(パパブブレ)〉が今回のコラボレーションのために特別にアレンジした、ナッツペースト入りでコクのあるミルクチョコレートに、ミックスベリー味のハートのマシュマロの食感が楽しいスイーツ「ロッキーロード」がセットになっています(※ポーチおよびチョコレート単体での購入はできません)。

diesel2021_valentine_still_01
diesel2021_valentine_still_02_パルコ限定カラー

〈DIESEL〉および〈PAPABUBBLE(パパブブレ)〉各店では本体色がホワイトのもの、〈DIESEL〉パルコ各店では限定カラーのピンクのものを購入することができます。

バレンタイン限定のギフトパッケージとして登場したこちらのポーチに、〈DIESEL〉の商品を詰めて(または添えて)贈り物をしてみませんか? 贈り物は贈り物として、ポーチはこっそり自分で愛用・・・なんていうのもアリかもしれません(実際に筆者は、この作戦をひっそりと遂行中)。

本記事では、DIESEL JAPAN 広報の佐々木さんにセレクトしていただいたアイテムをご紹介します。

スタッフおすすめのアイテムをご紹介。

IMGP1616

ポーチとリンクしたデザインが可愛らしいソックスセット(3,850円・3足入り)。サイズ展開もしているので男女問わず贈ることができ、お手頃価格なのもうれしいポイントです。

家の中で長い時間を過ごし鬱々としてしまっても、足元にまとったビビッドカラーが目に入るたびに元気な気持ちにさせてくれるはず!

IMGP1618

テレワークの気分転換にもぴったりなフレグランス(12,100円・75ml)。サッカー選手のネイマールJr.とコラボした「スピリット オブ ザ ブレイヴ アンタンス オードパルファン」は、雄々しくスパイシーな印象の中にバニラの甘さも鼻腔をくすぐる、まさにバレンタインギフトにぴったりなアイテム。

クールなデザインが、デスクやお部屋のアクセントにも一役買ってくれます。

IMGP1625

そしてHanako読者にイチ推ししたいのが、サステナブルコレクション『GREEN LABEL』のアイテムたちです。写真は人気のボディバッグ(16,500円)。

〈DIESEL〉では、「FOR RESPONSIBLE LIVING(責任ある生き方)」に基づいたサステナビリティ戦略のもと、2020FWより人々と環境に配慮して生産されたコレクション『GREEN LABEL』を展開。回収されたペットボトルを再生したリサイクルポリエステルを使用し、国際的基準のGRS(グローバル・リサイクルド・スタンダード※)に認定された素材を採用しているそうです。

〈DIESEL〉オリジナルアイテムのクールでビビッドなデザインに比べ、全体的にやさしいアースカラーでまとめられた『GREEN LABEL』のアイテムたち。Tシャツやスウェットなど、身につけやすいデザインとオーガニックコットンのやわらかく気持ちのよい手触りはおうち時間にぴったりです。

ちなみに、オリジナルキューブポーチの内生地にも再生ポリエステルが使われているんですよ。

※GRS(グローバル・リサイクルド・スタンダード)・・・リサイクル製品に関する第三者認証の要件を設定した国際的な基準。製品のリサイクル含有物を検証し、環境配慮など社会的責任を果たした上で生産されているかを証明するもの。

〈PAPABUBBLE(パパブブレ)〉とのコラボは3年目。

diesel2021_valentine_main_papabubble

〈PAPABUBBLE(パパブブレ)〉の一部取り扱い店舗(大丸東京店 / ルミネエスト新宿店 / ルクア大阪店 / 京王のれん街店 / 相鉄ジョイナス店 / GINZA SIX店/ 横浜ランドマーク店)では写真のソックスセット(7,150円)も発売中!

さらに〈DIESEL〉が手掛けるインターナショナル・ダイナー〈Glorious Chain Café (グロリアスチェーンカフェ)〉では、〈PAPABUBBLE(パパブブレ)〉とコラボレーションしたバレンタイン限定メニューを楽しむこともできます。

IMGP1626

チョコレートアイリッシュコーヒー(800円)が運ばれてきたら、まずはキュンと甘酸っぱいクランベリーパウダーで描かれた I LOVE YOU のハンドサインを写真におさめて。

マグカップで冷えた両手を温めながら、ひとくちめをゆっくりと味わいます。オリジンコーヒーにアイリッシュウイスキーを加えたビターなオトナ味。ホイップクリームとチョコレートソースも入っていますが、コーヒーというよりもカクテル色が強めなホットドリンクです。

添えられた〈PAPABUBBLE(パパブブレ)〉のロッキーロードは、そのままかじってもよし、ドリンクに加えて味変を楽しんでも。マドラーでクランベリーパウダーを混ぜても味わいが変わり、アツアツを長〜く楽しめるので、デート向きドリンクと言えるかも?

プラス100円でノンアルコールにも対応してもらえます。

low_DSC3319-2

ストロベリーとチョコレートのタルト(1,100円)は、ドーム型のチョコレートをくずして、ぎっしりと詰められたホイップクリームやストロベリーアイスクリームを混ぜながらいただく楽しいデザートです。さらに敷き詰められたサクサクのチョコレートクランブルを混ぜ合わせると、タルトのような食感に。

〈PAPABUBBLE(パパブブレ)〉のロッキーロードはお皿に添えられているだけでなく、実はチョコドームの中にも隠れています。

ひとくちごとに表情が変わり、お口の中で完結する、フォトジェニックで繊細な皿盛りデザート。どちらのメニューも渋谷と三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド内の店舗で2月14日(日)まで提供中です。この機会にぜひ味わってみてくださいね。

IMGP1609

〈DIESEL JAPAN〉
■ 0120-55-1978(11:00-18:00)
公式サイト

〈Glorious Chain Café 渋谷〉
■東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti 1F
■03-3409-5670
■11:30~20:00(19:00LO)
■不定休

〈Glorious Chain Café 横浜ベイサイド〉
■神奈川県横浜市金沢区白帆5-2
 三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド Aブロック 1F
■045-367-9750
■110:00~20:00(19:00LO)
■不定休

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR