DSC_5015

電車を見ながらこたつで、グビッと一杯。 JR両国駅“幻の3番線ホーム”で、熱燗&おでん!〈おでんで熱燗ステーション〉が期間限定で登場。 Learn 2020.01.11

寒い冬に呑んべぇ女子が憧れるアイテムの代表格といえば…、熱燗、おでん、そしてこたつ! これらがまとめて味わえて、しかもその舞台が大相撲の聖地・両国駅の幻の3番線ホームという〈おでんで熱燗ステーション〉が2020年1月9(木)〜12(日)日まで期間限定で開催中。プレス体験会に行ってきました。

幻の3番線ホームにおでん&熱燗ブースがずらり!

_DSC0473

〈おでんで熱燗ステーション〉の舞台は幻の3番線ホームと呼ばれる、現在は使われてない両国駅ホームです。すぐ目の前をJR総武線の黄色い電車が行き交う様子を、赤提灯がぶらさがる昭和な雰囲気に彩られたホームから眺めつつ、冬の風物詩である熱燗とおでんを味わうことができます。

前回開催された際は公式サイトで販売する参加チケットが完売したほどの人気ぶりだったとか。

ホームの上にズラリと並んだ酒造会社のブース。さあ、どれから飲もう?
ホームの上にズラリと並んだ酒造会社のブース。さあ、どれから飲もう?

3番ホームに到着するとまず受け取るのが、おでんを入れる器、熱燗用のお猪口、熱燗&おでんの試飲&試食チケットがセットになったスターターキット。10種の熱燗と、1種類のおでんをいただくことができます。

こちらがスターターキット。
こちらがスターターキット。

味わえる熱燗は『全国燗酒コンテスト2019』で入賞した名酒ばかり。というのも、この〈おでんで熱燗ステーション〉は、世界最大にして唯一の熱燗専門コンテストを実施している全国熱燗コンテスト実行委員会が、「コンテスト入賞酒をより多くの人に味わってもらいたい」という思いから開催しているイベントなのです。

電車好きの“鉄ちゃん”でなくても胸が高まるロケーション。
電車好きの“鉄ちゃん”でなくても胸が高まるロケーション。
こんな感じで総武線の電車が入ってきます。電車×赤提灯がシュール!
こんな感じで総武線の電車が入ってきます。電車×赤提灯がシュール!

『全国燗酒コンテスト2019』入賞の熱燗を試飲!

(写真右)〈河武醸造〉(三重県)の「鉾杉 秀醇」(金賞)。
(写真右)〈河武醸造〉(三重県)の「鉾杉 秀醇」(金賞)。

いただけるお酒は、前半日程(1月9日&10日)と、後半日程(11日&12日)で入れ替わり、それぞれ10酒造の熱燗を楽しむことができます。

例えば『全国燗酒コンテスト2019』で最高金賞を受賞した〈月桂冠〉(京都府)の「月桂冠 樽酒」や、〈DHC酒造〉(新潟県)の「越乃梅里 特別純米酒」、〈大関〉(兵庫県)の「上撰 金冠 はこのさけ」などがラインナップ。

〈賀茂泉酒造〉(広島県)の「賀茂泉 山吹色の酒(金賞)」。
〈賀茂泉酒造〉(広島県)の「賀茂泉 山吹色の酒(金賞)」。

今年で12年目を迎える『全国燗酒コンテスト』。2019年は268の酒造から905点の出品があり最高金賞は54点(倍率約17倍)、金賞は210点(倍率約4倍)が選ばれています。

「とっ、とっ、とっ、と〜っ!」。
「とっ、とっ、とっ、と〜っ!」。

筆者が特にお気に入りだったのが、〈喜久水酒造〉(長野県)の「本醸造にごり酒 白貴天龍」。ふっくらとした米の香りと甘味、上品な口あたりがクセになる「にごり酒」で、日本酒に不慣れな人でも比較的飲みやすいかと。

〈喜久水酒造〉(長野県)の「本醸造にごり酒 白貴天龍」。
〈喜久水酒造〉(長野県)の「本醸造にごり酒 白貴天龍」。

接客してくれるスタッフは酒造会社の社員か、「きき酒師」の資格保有者なので気軽に日本酒について質問してみたいところ。近年は日本酒の海外輸出も増加しており人気が高まっていることから、外国人観光客にも熱燗を楽しんでもらおうと英語や中国でも対応しています。

IMG_7171

熱燗のおともは〈紀文〉のレトルトおでん。

「赤からおでん」。
「赤からおでん」。

熱燗と一緒に食べるのは、1人前ずつパッケージし温めるだけで出汁が自慢のおでんを楽しめる〈紀文〉の「ご当地おでんシリーズ」。計5種類から1つをセレクトします。

どのおでんにしよう?
どのおでんにしよう?
「静岡風おでん」。
「静岡風おでん」。

「関東風だし自慢おでん」「東京下町おでん」「静岡風おでん」「名古屋風味噌煮込おでん」「赤からおでん」の中から筆者が選んだのはこちら。

「名古屋風味噌煮込おでん」。
「名古屋風味噌煮込おでん」。

味噌ベースのおでん汁で煮込んだ大根、玉子、こんにゃく、牛すじ、焼ちくわが各2個ずつ、そこに八丁味噌を使用した仕あげ味噌を投入します。濃厚な味わいが魅力で熱燗がススミます。

おでん汁がしみた玉子。
おでん汁がしみた玉子。

熱燗をおでんの出汁で割って楽しむ「出汁割り」にトライするのもオツなもの。出汁7割、お酒3割の比率がベース。友達と一緒に行ってご当地おでんの出汁の違いを飲み比べすれば、より味わい深い体験となることでしょう!

両国駅ホーム上のおこたで乾杯。

まさかホームでこたつに入る日がこようとは。
まさかホームでこたつに入る日がこようとは。

幻の3番線ホームには「こたつマス席)」(12,000円も各回に3つ設置。貸し出しているはんてんを着用して、筆者も電車が隣のホームに入ってきた瞬間を撮影してみました。

夜は赤提灯がライトアップされより昭和感がアップします。

DSC_5026

ちなみに1月11日(土)には両国駅周辺を散歩してから〈おでんで熱燗ステーション〉に参加する特別プログラムも開催。墨田区観光協会両国観光案内所から出発し相撲部屋、吉良上野介邸跡、勝海舟の生誕の地などを訪ねます。

「電車が入りま〜す」
「電車が入りま〜す」

電車のホームで熱燗とおでんをいただくというかすかな背徳感と、銘酒の酔いにうっとりできるマニアなスポットで、新年の訪れに乾杯してみてはいかがでしょう?

〈おでんで熱燗ステーション〉
■2020年1月9(木)〜12日(日)
■JR両国駅3番線ホーム
■一般券:前売り券 2,500円(税込)/当日券 3,000円(税込)
こたつマス席:各回3席限定 12,000円(税込) ※4名分こたつ席を確保
両国まち歩きガイドツアー付前売り券:3,500円(税込)
参加費に含まれるもの:スターターキット(試飲券10枚、おでん1人前、お猪口)
※各開催時間までに購入が必要

■前売り券購入方法
こちらからお申込み(パスマーケット決済)
②両国観光案内所(JR両国駅隣接‐両国- 江戸NOREN内)
営業時間:11:10~19:30(1/1・1/2 休館)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR