t190930_KS_00103

「前向きな心と行動力の原点。」 バービーさんが語る、“チベット密教”。初心者向けの漫画&本もご紹介! Learn 2019.11.16

ジャンルはなんでも、それを心から好きな人におすすめされると俄然興味が湧いてくる。未知との遭遇はいつだってワクワクするもの。〈フォーリンラブ〉バービーさんの「偏愛」を、とくとお楽しみください。

前向きな心と行動力を身につけるきっかけに。

〈フォーリンラブ〉バービー/東洋大学文学部インド哲学科仏教学コース卒業。2007年、ハジメとお笑いコンビ「フォーリンラブ」を結成し、バラエティ番組を中心に活躍。チベット体操インストラクターの資格も持つ。女性下着のプロデュースも。
〈フォーリンラブ〉バービー/東洋大学文学部インド哲学科仏教学コース卒業。2007年、ハジメとお笑いコンビ「フォーリンラブ」を結成し、バラエティ番組を中心に活躍。チベット体操インストラクターの資格も持つ。女性下着のプロデュースも。

人はなぜ生きるのか、死後の世界には何があるのか。高校生の頃、そういうことにすごく興味があって、家の本棚で偶然見つけたのが『チベット死者の書』だったんです。
その時、内容を完璧には理解できなかったけど、科学では証明できない現象や悟りを開くための心の持ち方とかが書かれていて、世界の真理がこの中にあるんじゃないかとビビッときて、この本の翻訳者の川崎信定先生がいる大学に進学することにしました。
透視能力や超常現象などオカルトチックなことも好きだったので突っ走っちゃったんですね(笑)。

チベット仏教を入り口にさまざまなことを学びましたが、結果的に宗教全般について知ることができたのはよかったです。人はなぜ宗教を求めるのかとか宗教の存在意義とか。宗教と人のほどよい距離感がわかりました。
そのあと、進路を考えた時、人を癒すヒーラーみたいなことができたらとぼんやり思うようになって。医療では届かないところにアプローチできるんじゃないかと。それではじめにシンギングボウルを買ってみたんです。音が好きなんですよね。鳴らした時に人の顔を見てると、「あ、この人に届いてるな」ってわかるのがおもしろい。音を聞いて落ち着くという人もいるし、シャキッとするって人もいる。

先日、いとうあさこさんの前で鳴らしたら「泣きそう」って言ってました(笑)。ふだん家で一人の時は気持ちの切り替えのために鳴らしています。美しい倍音を聞いていると意識がヒョイッと飛ぶような感覚を味わうんです。

シンギングボウルやティンシャーなどの密教具コレクション。大きいシンギングボウルにはチベットで高い人気を誇る緑ターラが描かれている。
シンギングボウルやティンシャーなどの密教具コレクション。大きいシンギングボウルにはチベットで高い人気を誇る緑ターラが描かれている。

チベット密教を学んで、仏教学についても深く知ることになったんですが、結果的に役立つことしかないですね。私はよく〝前向き〞とか〝行動力がある〞と言われますが、そういうのはすべてここが原点だと思います。
仏教学には唯識という思想哲学があって、それもルーツをたどると、チベットの方にあるんですけど、〝あなたはあなたが作り出した宇宙の中で生きてるんですよ〞っていう考え方なんです。そんなふうにライトに現実を捉えられたら、なんでもできるって思いました。誰しもそれぞれの宇宙でしか生きてないんだから、人の目を気にしすぎずに自分のやりたいことを優先したらいいやって。

宗教って聞くと、うさんくさいと敬遠されがちだけど、これも体系化された一つの哲学。心理学が実生活に活かせるように宗教学も活かせます。上手に付き合えばいいなって。
今は一般的になった〝引き寄せ〞のルーツも仏教の教えにあるんですよ。だから、私にとってチベット密教や仏教学に触れることは自己啓発本を読むみたいな感覚ですね。

ビギナー向けチベット密教関連本
『チベット死者の書 仏典に秘められた死と転生』ユングも傾倒した埋蔵経典。

著・河邑厚徳、林由香里(日本放送出版協会/在庫切れ)
著・河邑厚徳、林由香里(日本放送出版協会/在庫切れ)

死んでから生を得るまでの魂の変遷やこの世に執着を持たずに解脱するための心得など。心理学者・ユングの座右の書としても有名。「ほかにもいくつか訳書がありますがこれが比較的読みやすいです」(バービーさん、以下同)。

『ブッタとシッタカブッタ 心の運転マニュアル本』漫画で心が楽になる方法を知る。

著・小泉吉宏(メディアファクトリー/950円)
著・小泉吉宏(メディアファクトリー/950円)

悩めるブタ、シッタカブッタが主人公の4コマ漫画。真理の状態や悩みの根源を知り、自分の心と上手に付き合う方法を描く。「漫画なので気軽に読みやすいです」。ほか『ブッタとシッタカブッタ こたえはボクにある』などシリーズ多数。

『1日10分で深い癒しと浄化を得られるシンギングボウル入門』場を浄化し、魂を癒す倍音の響き。

編・国際シンギングボウル協会(WAVE出版/1,800円)
編・国際シンギングボウル協会(WAVE出版/1,800円)

シンギングボウルの選び方、鳴らし方などわかりやすく解説。「プロの演奏家の音色を聴けるCDも付いてます。癒しの倍音に耳を傾けてみてください」。瞑想中や就寝前、仕事のBGMなどに聴くことで心身の調子が整うかも。

(Hanako1178号掲載/photo : Kayo Sekiguchi text : Mariko Uramoto)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR