HK0_2531_atari

サクサクころもがたまらない。 ランチからおいしい揚げ物定食をがっつりと!築地・銀座・日比谷エリアのおすすめ食堂3軒。 Food 2018.08.08

サックサクの衣の歯ざわりがやみつきの揚げ物。ダイエット中でもお昼ならセーフ!と言いたい…(笑)東京都内のランチにおすすめな揚げ物の定食がある食堂3軒をご紹介。一人でサクッとご飯にもバッチリなお店です。

1.【移転情報あり】フライを食べるならここ!場内で愛される老舗食堂。〈小田保 場内店〉/築地市場内

HK0_2566_atari

創業70年余りのフライ専門店。

HK0_2531_atari

写真のA定食1,450円(税込)は、エビ、カニクリームコロッケ、ヒレカツがセットになった豪華版。場内で仕入れた新鮮素材を使い、粗挽きパン粉をまぶすことでサクサク、ジューシーに仕上げている。

(Hanako1156号掲載:photo : Hiromi Kurokawa text : Etsuko Onodera)

2.メニューの札がずらりと並ぶ、路地裏の人気店〈大衆割烹 三州屋 銀座店〉/銀座一丁目

DMA-sanshuya_0062

岡田正之さん、仁さんが切り盛りする、魚介料理が自慢の食堂。

DMA-sanshuya_0021

サクふわの揚げたてが楽しめるアジフライ定食1,050円(税込)をはじめ、フライに添えられる黄桃入りのサラダはオーブン当時からのおなじみの味。単品料理が充実しているのもうれしい。

(Hanako1156号掲載/photo : Michi Murakami text : Yukari Akiyama)

3.フレンチのエッセンスをプラスした、新感覚の食堂。〈一角 HIBIYA CENTRAL MARKET〉 /日比谷

DMA-ikkaku_0064

気鋭のフレンチシェフ・丸山智博さんプロデュースの食堂&居酒屋。名物「鶏のから揚げ定食」1,300円は、大ぶりの鶏もも肉の旨味が格別。店長・早坂吏史さんセレクトのワインもそろう。

DMA-ikkaku_0059

名物「鶏のから揚げ定食」1,300円は、大ぶりの鶏もも肉の旨味が格別。店長・早坂吏史さんセレクトのワインもそろう。

7時〜19時はハッピーアワー!ディナータイムにもおすすめ。

(Hanako1156号P58掲載/photo : Michi Murakami text : Yukari Akiyama)

Videos

Pick Up

夏の風物詩、鵜飼鑑賞を〈星のや京都〉専用の屋形舟「翡翠」で。三味線の生演奏が流れる、1日1組だけの雅な「プライベート鵜飼鑑賞舟」は9月23日まで。忘れられない、 ふたりだけの 夏のバカンス。〈星のや京都〉東京を拠点にする料理家と京都を拠点にするアーティスト、ふたりは数年来の友人。はじめてのふたり旅、選んだ場所は、京都の奥座敷・嵐山。喧騒から離れ、ひっそりとした地で、季節を味わい、いつもとは異なる会話とともに過ごす。Travel 2023.08.31 PR
SP用トップ画像ハナコラボ パートナーが楽しむ、とっておきのホテルステイ実現の理由とは。これからの旅にはホテル提携のクレジットカードがお得! 〈ヒルトン小田原リゾート&スパ〉編。久しぶりに行動制限なしで外出を楽しめる今年は、旅行へのモチベーションが高まっている人も多いのでは。旅で使うお金や日常生活の支払いを一つのクレカにまとめると、ポイントや特典がついてお得に。貯めたポイントを次の旅行でも使えたりするから、クレカ選びは大切。今、旅行好きでコスパや特典重視の人たちにおすすめしたいのは、とっておきのホテルステイを驚くほどお得に実現できてしまうカード。 中でも注目すべきは「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード」。料金の上がりがちな週末に世界中のヒルトングループのホテルに一泊無料で宿泊ができる「ウィークエンド無料宿泊特典」などがあり、年会費の元があっという間に取れてしまうと評判です。そこで、旅行好きのハナコラボ パートナーの二人がこのカードを体験してみました。毎日の決済やヒルトンでの滞在などでカードを利用しポイントを貯めている様子や、どんな特典を楽しんだかをリポートします(抽選で100名さまにAmazonギフトコードカード500円分が当たる読者アンケートを実施中。回答は記事の最後から) (PR/ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード)Learn 2023.08.31 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん 〈+CEL〉ランドセル〈+CEL〉インタビューvol.3 (後編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんが受け継ぎたいメイクアイテムのケアの仕方。ランドセルブランド〈+CEL〉と子どもたちへ受け継ぎたいものについて話を聞くインタビュー企画。シリーズ3回目に話を伺ったのはヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。前編で受け継ぎたいものとしてあげてくれた「メイクアイテムのケアの仕方」について、どんなことを知っておくといいのか、教えてもらう。そして〈+CEL〉のランドセルもチェック。普段、使用するメイク道具も試供品はほとんど使わず、必ず店頭でみてから購入して選んでいるという草場さん。もの選びにこだわりを持つプロの視点、そして6年間の小学生ママ経験者として、〈+CEL〉のランドセルはどう評価する?Learn 2023.08.17 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん〈+CEL〉インタビューvol.3 (前編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんがみつけた、 子育てと仕事のちょうどいいバランスの取れる場所。日常使いできるナチュラルなメイクと、メイクをすることのシンプルな喜びを教えてくれる、ヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。彼女でなくては、と指名する女優やモデルも数多い。日々撮影を抱え、スケジュールに追われる中でも新しいコスメアイテムの探求にも余念がない(その様子は彼女のインスタグラムでもおなじみ)。仕事にいつも真摯に取り組む一方で、草場さんは家族を愛するひとりの母でもある。 ランドセルブランド〈+CEL〉と一緒に“子どもに受け継ぎたいもの”を訊くインタビュー企画。今回は、今、中学1年生だという娘さんに草場さんが受け継ぎたいものについて、そして草場さんの子育てに対する今の気持ちを訊く。Learn 2023.08.12 PR