ピクルス

今話題の水キムチも! おいしく「腸活」始めよう!おうちで簡単に作れる「発酵レシピ」4選 Food 2020.07.20

免疫力をあげたい、毎日フレキシブルに動きたい!そんなあなたにオススメなのが発酵食品を日頃から取り入れて「腸活」すること。簡単レシピを知っていれば、お家で気軽に楽しむことができます。自分好みにアレンジもできる、発酵食レシピをご紹介します。

1.自宅でも簡単につくることができる「水キムチ」

唐辛子を使わないので辛いものが苦手な人でも食べられるのもうれしい。直射日光が当たる場所を避け、酸っぱくなってきたらかならず冷蔵庫で保存を。
唐辛子を使わないので辛いものが苦手な人でも食べられるのもうれしい。直射日光が当たる場所を避け、酸っぱくなってきたらかならず冷蔵庫で保存を。

●材料
・きゅうり: 2本
・りんご:1/4個(塩洗いをしてワックスを取る)
・ミニトマト:12個
・赤パプリカ: 1/2個
・黄パプリカ: 1/2個
・大根:輪切りで4㎝
・ラディッシュ:5個
・生姜:1片
・にんにく: 1片
・塩 :大さじ4
・砂糖:小さじ4
・米のとぎ汁:2ℓ

●作り方 
1.野菜はそれぞれ食べやすいサイズにカットしておく。
2.米のとぎ汁に塩と砂糖を合わせて鍋で煮る。
3.2が冷めたら瓶詰めにした1にかけて軽めに蓋を閉める。常温で半日から1日置き、好みの酸味が出てきたら完成。

●Navigator
宮田桃子/みやた・ももこ
プロップスタイリスト。調理師専門学校を卒業し、西洋料理店で働いた後、もともと興味があったスタイリストの道へ。現在は雑誌やWebで、おもにフードや雑貨などのスタイリングを手がける。

(Hanako1186号掲載:photo:NorioKidera text:KeikoKodera styling:MomokoMiyata)

2.これさえあれば食卓に彩りをプラスできる「キャベツの漬物」

水分が少なく、発酵に向いているのが紫キャベツ。「かわいらしくて鮮やかな色合いは、料理にも映えて一層豊かになります。そこで今回はヘルシーな紫キャベツの乳酸発酵に挑戦してみました。」と大西シェフ。
水分が少なく、発酵に向いているのが紫キャベツ。「かわいらしくて鮮やかな色合いは、料理にも映えて一層豊かになります。そこで今回はヘルシーな紫キャベツの乳酸発酵に挑戦してみました。」と大西シェフ。

●材料
・紫キャベツ…700g(一玉でも可)
・海塩…20g(紫キャベツに対し2%ほどの分量)
・スパイス(コリアンダー、ブラックペッパー、フェンネル)…適量

●作り方 
・切る:発酵させるとしなっていくので、細すぎず、食感を楽しめるくらいの粗めな千切りがベスト。
・まぶす:塩はミネラル多めの自然塩が発酵の妨げにならずオススメだ。スパイスはお好みで。今回は〈restaurant eatrip〉定番の、コリアンダー、フェンネル、ブラックペッパーの三種類を使用した。1:1:0.7の割合で入れる。
・もみこむ:全体をよく混ぜ、紫キャベツがしんなりするまで、塩とスパイスをもみこむ。
・詰める:びんの大きさは、空気が入らないようきっちり詰められるものを。ただし発酵すると膨らむのでその分は考慮しよう。
・保存する:紫キャベツから出た水がひたひたに浸かるまでギューッと押し込み、最後にラップを被せる。
・完成!:日が当たらない常温で発酵させる。1日1回、上と下を入れ換えるように混ぜ、“お手入れ”も忘れずにしよう。好みの味、食感に合わせて3〜10日発酵させるのがベスト。その後は容器から出して冷蔵庫にしまえば一ヶ月ほど保存可だ。

●Navigator
大西政貴シェフ
大学卒業後、人気フレンチ〈L'Embellir(ランベリー)〉で6年半の修行を積む。その後、ビストロを経て2019年1月から〈restaurant eatrip〉のシェフへ。こだわり抜いた旬の食材と向き合う〈restaurant eatrip〉の考え方に共感した。日々発酵食の実験を続けている。ちょっとした工夫で食卓が豊かに。

(Photo:kenya abe, text:ami hanashima, corporation:eatrip)

3.美活に取り入れたい「飲む点滴」甘酒

14-01-0333-768x511

●材料
・市販の糀2合
・白米1合、水500㎖
・お粥用の水500~750㎖。

●作り方
・硬めのお粥を作り、糀を合わせて保温するだけ。一度にたくさんの量を作っておけば、冷蔵庫で保存して飲みたいときに飲める。
・板状の糀を使う場合は1粒ずつになるまで細かくほぐす。
・鍋に水と白米を入れ、お粥を作る。
・ねっとりとした硬さのお粥ができたら、人肌くらいになるまで冷ます。
・炊飯器に麹、お粥、水を入れる。
・炊飯器を保温にして10時間置く。蓋は閉めずに濡れ布巾をかぶせること。
・1日の摂取量は200㎖まで。季節の食材を組み合わせてジューサーにかければ、おやつ代わりにもなる甘酒スムージーに。

●Navigator
菖蒲花奈
糀発酵研究所 代表。発酵料理研究家。自家製の味噌、甘酒などを販売する活動も。

(Hanako1150号掲載/photo : Chihiro Oshima text : Mariko Uramoto)

4.大ヒット中!〈無印良品〉の「発酵ぬかどこ」も要チェック。

あらかじめ発酵させてあるぬかどこなので、野菜によっては最短で12時間後には食べごろに。少量で始めたい人には、補充用(250g)290円でも十分。「発酵ぬかどこ」1㎏ 890円。
あらかじめ発酵させてあるぬかどこなので、野菜によっては最短で12時間後には食べごろに。少量で始めたい人には、補充用(250g)290円でも十分。「発酵ぬかどこ」1㎏ 890円。

SNSで「簡単なのにとにかくおいしい」と火がつき大ブレイク。10月には1カ月で約2万個以上が売れるなど、現在でも品薄状態が続き、ムジラーの間では「見つけたら即買い」と言われているのが、「発酵ぬかどこ」。毎日かき混ぜたほうがいいというのは、空気が入らないと菌が弱ってしまうから。でも、〈無印良品〉のぬかどこは丈夫な菌を使っているので、毎日かき混ぜる必要なし。また、昆布や椎茸、ニンニクなどを追加して自分好みのぬかどこにカスタマイズできるのもいい。

毎日かき混ぜるのが面倒だったり、大ぶりの容器が場所を取ったりといった従来のハードルをすべてクリア。チャックつきの袋に切った野菜を入れるだけという、超絶カンタンな方法が女性の心をわしづかみ。

容器に入れて保存するなら、「液体とニオイが漏れない バルブ付き密閉ホーロー保存容器 深型大」1,750円がおすすめ。
失敗することなく、旅行にも行けて、それでいて自宅でぬか漬けを楽しめる。

(Hanako1169号掲載/photo : Chihiro Oshima, Ryoma Yagi, Kaori Ouchi, Kazuhiro Fukumoto (MAETTICO) text : Yoshie Chokki)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR