PIC_08911
2018.12.08

第28回 前田有紀の『週末・気分転〈花〉』~第28回~ クリスマスの記憶と、クリスマスを彩るアマリリスの花

10年のアナウンサー生活を経て、フラワーアーティストとして活躍する前田有紀さん。そんな彼女が世の頑張る女子の気分転換になるようなフラワーライフのアイデアを紹介してくれる連載。第28回は、クリスマスを代表する花、アマリリスのより美しい楽しみ方を紹介します。

花の仕事をしているので意外に思われるかもしれませんが、自分の自宅に飾る花は、町の花屋さんで買っています。

PIC_0892

クリスマスといえば、小さな頃は母親が買ってきた生のモミの木に、飾り付けをするのが、私と姉の特別な楽しみでした。ツリーの香り、ピカピカ光るイルミネーションの眩しさ。「クリスマスが早く来ないかな?」と待ち遠しく眠りにつく夜。あの時の心弾むような気持ちはいまでも忘れられないものです。

PIC_0891

お花で、クリスマスらしい!といえば、華やかなアマリリス。ユリに似た見た目をしていますが、大きな花が色々な方向に咲きます。真紅のアマリリスは、王道の美しさ。そして、目が覚めるようなサーモンピンクや、大人っぽい雰囲気のあるも色合いのものも。豪華なお花なので、ホテルやレストランの装飾に使われることも多いお花ですが、1輪でカジュアルに飾るのもオススメです。蕾が多いものを選べば長く楽しめます。

PIC_0893

また、茎は太くて中が空洞になっているのも特徴的です。時間が経つと、どんどん縦に裂けてくるので水に活ける前にセロテープで、とめておくとそれを防ぐことができますよ!

PIC_0896

さてさて、2歳を迎える息子と一緒にツリーに飾り付けをしました。昔使っていて両親がしまっていたミニチュアツリーを引っ張り出し、麦わらで作られた雪の結晶のオーナメントを飾っていきました。

PIC_0894

息子には難しかったようで、途中からは私がつける側から外してました。これもきっと懐かしい思い出ですね。来年は生のモミの木を飾ろうと思います。

PIC_0895

クリスマスのお花、クリスマスのリース、そしてツリー。ささやかなクリスマス支度を楽しみながら、家族や大切な人と素敵な週末をお過ごし下さい。

☆前回の記事はコチラから
☆連載一覧はコチラから

前田 有紀
前田 有紀 / フラワーアーティスト

「10年間のアナウンサー生活のあとイギリス留学を経てフラワーアーティストとして独立。パーティーやウェディングなどの空間装飾のほか、移動花屋のオリジナルブランド〈gui〉」を立ち上げる。」

前田 有紀さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る