安原さん連載 40回
2022.02.28 — Page 1/2

第40回 Hanakoスイーツ調査隊 どら焼きラヴァー必見! 見た目もかわいい「進化系どら焼き」3選

和スイーツ研究家、江戸中期創業の和菓子店〈大三萬年堂〉十三代目で和スイーツプロデューサーとしても活動中の安原伶香さんが、和を中心においしいスイーツをお届けする本連載。和菓子の中でも昔から定番人気の「どら焼き」。私も生粋のどら焼きラヴァーですが、今回はトレンドをおさえた見た目もかわいらしい「進化系どら焼き」を紹介します!定番から季節限定メニューまでお届けしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ちなみに、定番のおすすめどら焼きはこちらの記事をチェックしてみてください!

1.有機茶葉を使用したヴィーガンどら焼き!〈Dolala〉の「有機茶生どら」

「苺ちゃん 抹茶生どら」500円(季節限定)
「苺ちゃん 抹茶生どら」500円(季節限定)
左奥から時計まわりに「有機抹茶生どら」400円、「有機ほうじ茶生どら」400円、「苺ちゃん 抹茶生どら」
左奥から時計まわりに「有機抹茶生どら」400円、「有機ほうじ茶生どら」400円、「苺ちゃん 抹茶生どら」
「苺ちゃん 抹茶生どら」500円(季節限定)
左奥から時計まわりに「有機抹茶生どら」400円、「有機ほうじ茶生どら」400円、「苺ちゃん 抹茶生どら」

1品目は、自由が丘にある有機生どら専門店〈Dolala〉。有機素材にこだわり、小麦粉や卵、牛乳などの動物性食品が不使用の生どら焼きは、ヴィーガンかつグルテンフリーなのでとってもヘルシー!有機抹茶を練り込んだもちもち生地に、コクのあるなめらかな粒あんと、甘さ控えめの豆乳クリームをたっぷりとサンド。厳選した素材を使用した身体に優しい〈Dolala〉の生どら焼きは、ひとつひとつ丁寧に手作りするからこその、あたたかみのある味わいでとっても美味。思わず写真をとりたくなる、かわいらしい見た目も魅力ですね。定番の「有機抹茶生どら」や「有機ほうじ茶生どら」はもちろん、毎年大人気の季節限定「苺ちゃん 抹茶生どら」も要チェックです。

安原さん連載 40回

〈Dolala〉
■東京都目黒区中根1丁目23-5
https://dolala.tokyo/

2.ふわふわ度100%!〈なか又〉の「ふわふわ わぬき」

「ふわふわ わぬき あんクリーム」298円
「ふわふわ わぬき あんクリーム」298円
「ふわふわ わぬき ミルククリーム」313円
「ふわふわ わぬき ミルククリーム」313円
「さくらチョコレート」380円
「さくらチョコレート」380円
「ふわふわ わぬき あんクリーム」298円
「ふわふわ わぬき ミルククリーム」313円
「さくらチョコレート」380円

2品目は、前橋で生まれた進化系和菓子が楽しめる〈なか又〉。看板商品の「ふわふわ わぬき」は、たっぷりのメレンゲを加えたしっとりふわふわの生地が主役の新感覚どら焼きです!職人が1枚、1枚銅板で丁寧に手焼きする、手間隙かけて作られた1品。中でも、自家製粒あんを練り込んだ“あんクリーム”は定番人気のお味。また”ミルククリーム”はミルクのコクを感じられながらもあっさりといただけるので、幅広い世代に人気のフレーバーです。
季節限定の「さくらチョコレート」は、なんとも春らしい装いに♪あんこと桜クリームをたっぷりサンドした桜風味の生地にホワイトチョコのコーティング!ふわふわ、パリパリ、いろんな食感が楽しめる1品に仕上がっています。春限定ですのでお見逃しなく〜!お取り寄せができるどらやきで、ここまでふわふわの食感が楽しめるはうれしいポイントです。軽やかな食感なので1個ぺろっといけてしまいます。

安原さん連載 40回

〈なか又〉
■群馬県前橋市千代田町2-7-21
https://www.nkmt.jp/

安原 伶香
安原 伶香 / 和スイーツ研究家

「江戸中期創業の和菓子店〈大三萬年堂〉十三代目で和スイーツプロデューサーとしても活動中。和スイーツを中心に美味しいスイーツをご紹介します!」

安原 伶香さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る