【日本酒】おうち蕎麦屋開店! 蕎麦前&蕎麦との相性抜群な日本酒3選~『伊藤家の晩酌』第三十二夜〜
2022.05.08 — Page 1/5

第116回 娘から父へ…おいしい日本酒おしえます! 【日本酒】おうち蕎麦屋開店! 蕎麦前&蕎麦との相性抜群な日本酒3選~『伊藤家の晩酌』第三十二夜〜

20歳の頃から唎酒師の資格を持つ、日本酒大好き娘・伊藤ひいなと、酒を愛する呑んべえにして数多くの雑誌、広告で活躍するカメラマンの父・伊藤徹也による、“伊藤家の晩酌”に潜入!酒好きながら日本酒経験はゼロに等しいというお父さんへ、日本酒愛にあふれる娘が選ぶおすすめ日本酒とは?第三十二夜は、お蕎麦と合わせて飲みたい日本酒を厳選して3本ご紹介。

蕎麦の香り、風味、のどごしにぴったりな日本酒3本を選びました!

(左から)「美酒の設計 純米吟醸」「神開 吟吹雪 九號 生原酒」「多満自慢 純米無濾過」
(左から)「美酒の設計 純米吟醸」「神開 吟吹雪 九號 生原酒」「多満自慢 純米無濾過」
秋田県由利本荘市にある齋彌酒造店の代表銘柄「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)」。こちらの「美酒の設計」は、兵庫県の山田錦を使用し、香りも華やかで蕎麦の香りと合わさって好相性。「美酒の設計 純米吟醸」720ml 2,260円(ひいな購入時価格)/株式会社 齋彌酒造店
秋田県由利本荘市にある齋彌酒造店の代表銘柄「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)」。こちらの「美酒の設計」は、兵庫県の山田錦を使用し、香りも華やかで蕎麦の香りと合わさって好相性。「美酒の設計 純米吟醸」720ml 2,260円(ひいな購入時価格)/株式会社 齋彌酒造店
滋賀県甲賀市にある藤本酒造の代表銘柄「神開」。その名のとおり、神様のお告げで井戸を掘ったところ良質な水が湧き出したという由来から命名された。9号酵母と吟吹雪という酒造好適米を使用。酸味がたまらない「神開 吟吹雪 九號 生原酒」720ml 1,760円(ひいな購入時価格)/藤本酒造株式会社
滋賀県甲賀市にある藤本酒造の代表銘柄「神開」。その名のとおり、神様のお告げで井戸を掘ったところ良質な水が湧き出したという由来から命名された。9号酵母と吟吹雪という酒造好適米を使用。酸味がたまらない「神開 吟吹雪 九號 生原酒」720ml 1,760円(ひいな購入時価格)/藤本酒造株式会社
東京都福生市にある石川酒造の代表銘柄「多満自慢(たまじまん)」。こちらは一番ベーシックな純米酒で破格のプライスながら、そのおいしさでデイリー酒にもってこい。アルコール度数は14度と少し低め。「多満自慢 純米無濾過」720ml 1,130円(ひいな購入時価格)/石川酒造株式会社
東京都福生市にある石川酒造の代表銘柄「多満自慢(たまじまん)」。こちらは一番ベーシックな純米酒で破格のプライスながら、そのおいしさでデイリー酒にもってこい。アルコール度数は14度と少し低め。「多満自慢 純米無濾過」720ml 1,130円(ひいな購入時価格)/石川酒造株式会社
(左から)「美酒の設計 純米吟醸」「神開 吟吹雪 九號 生原酒」「多満自慢 純米無濾過」
秋田県由利本荘市にある齋彌酒造店の代表銘柄「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)」。こちらの「美酒の設計」は、兵庫県の山田錦を使用し、香りも華やかで蕎麦の香りと合わさって好相性。「美酒の設計 純米吟醸」720ml 2,260円(ひいな購入時価格)/株式会社 齋彌酒造店
滋賀県甲賀市にある藤本酒造の代表銘柄「神開」。その名のとおり、神様のお告げで井戸を掘ったところ良質な水が湧き出したという由来から命名された。9号酵母と吟吹雪という酒造好適米を使用。酸味がたまらない「神開 吟吹雪 九號 生原酒」720ml 1,760円(ひいな購入時価格)/藤本酒造株式会社
東京都福生市にある石川酒造の代表銘柄「多満自慢(たまじまん)」。こちらは一番ベーシックな純米酒で破格のプライスながら、そのおいしさでデイリー酒にもってこい。アルコール度数は14度と少し低め。「多満自慢 純米無濾過」720ml 1,130円(ひいな購入時価格)/石川酒造株式会社

娘・ひいな(以下、ひいな)「月に一度の晩酌がやってまいりました〜!」
父・徹也(以下、テツヤ)「久しぶりだねぇ。髪の色変えたんだ?」
ひいな「そう。毎回、髪色違うよね(笑)」
テツヤ「今日はなんと特別ゲストをお呼びしております!」

【日本酒】おうち蕎麦屋開店! 蕎麦前&蕎麦との相性抜群な日本酒3選~『伊藤家の晩酌』第三十二夜〜

ひいな「どうぞ〜!」
山崎智世(以下、山ちゃん)「失礼します!」
テツヤ「フォトグラファーの山崎智世さんこと山ちゃんです。カナダからおかえり!」

フォトグラファーの山崎智世さんは、現在カナダ在住。久しぶりの日本帰国で、伊藤家に居候中のところ、特別ゲストにご登場いただきました!
フォトグラファーの山崎智世さんは、現在カナダ在住。久しぶりの日本帰国で、伊藤家に居候中のところ、特別ゲストにご登場いただきました!

ひいな「おかえりなさい〜!」
山ちゃん「ただいま〜!」
テツヤ「今、山ちゃんは伊藤家に居候中ってことでゲストに来てもらいました!」
山ちゃん「伊藤さん家にはだいたい3週間くらいお世話になってます(笑)」
テツヤ「だいぶいるね(笑)。いやぁ、山ちゃんが来てからね、酒量が増えちゃって(笑)」
山ちゃん「私もですよ!お互いさまです」
テツヤ「資源の日に出すゴミの量がすごくてさ(笑)。どんなに疲れて帰ってきても、ちょっとだけ付き合おうかなってなっちゃう」
山ちゃん「昨日もね(笑)」
テツヤ「早く寝ようと思ってたのに、結局夜中の2時半まで飲んじゃってさ」
山ちゃん「俺はこれで寝るよ!って言いながら」
テツヤ「あと一杯、って終わらなくて」
ひいな「最近私が実家に帰ってくるとおかえりって言ってくれるしね。山ちゃんが帰っちゃうとさみしくなっちゃうね」
山ちゃん「いらっしゃいってね。ひいなのことも小さい頃から知ってるし、なんか家族みたいな」
ひいな「そうそう。カナダからおかえりなさい!」
テツヤ「今回は、久しぶりに日本に帰国した山ちゃんに、ぜひおいしい日本酒をご紹介したいと思ってね」
ひいな「日本酒って普段飲みますか?」
山ちゃん「カナダでも買えるんだけどものすごく高いから、お正月しか飲めない」
テツヤ「え〜お正月だけ?むしろカナダでどんな日本酒が飲めるのか気になるね」
山ちゃん「すっごく高くて。『獺祭』『谷川岳』『加賀鳶』はあったかな」
ひいな「どれもいいお酒ですね(笑)」
山ちゃん「その3本を買って8,000円くらいしたかな」
テツヤ「おぉ、いいお値段するね」
山ちゃん「そう。だから日常的に日本酒を飲むのはなかなか難しいかな」
テツヤ「そうなるよなぁ」
山ちゃん「だから伊藤家に来て、いっぱいお酒があるのでたくさんいただいています♡」
ひいな「今回はおうちでお蕎麦屋さんをしようと思って。お蕎麦屋さんに行くと日本酒飲みながらちょとっとつまみたいじゃない?」
テツヤ「大人の贅沢だよね」
ひいな「つまみながら飲みながら、日本を感じてもらう企画です!」
テツヤ「山ちゃんにも久しぶりのそばでおもてなしってことで!」
山ちゃん「おそば大好物です!」
ひいな「よかった〜!」

伊藤 ひいな
伊藤 ひいな / 唎酒師

「東京生まれの25歳。大学入学時から割烹料理店でアルバイトをはじめ、20歳のお酒の解禁とともに日本酒にハマる。唎酒師の資格も取得し、日本酒の知識を増やすべく日々邁進中。父はHanakoをはじめ多くの雑誌で引っ張りだこの人気フォトグラファー、伊藤徹也。酒好き気質は間違いなく父親譲り!」

伊藤 ひいなさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る