【日本酒】おうち蕎麦屋開店! 蕎麦前&蕎麦との相性抜群な日本酒3選~『伊藤家の晩酌』第三十二夜〜

娘から父へ…おいしい日本酒おしえます! 【日本酒】おうち蕎麦屋開店! 蕎麦前&蕎麦との相性抜群な日本酒3選~『伊藤家の晩酌』第三十二夜〜 Learn 2022.05.08

20歳の頃から唎酒師の資格を持つ、日本酒大好き娘・伊藤ひいなと、酒を愛する呑んべえにして数多くの雑誌、広告で活躍するカメラマンの父・伊藤徹也による、“伊藤家の晩酌”に潜入!酒好きながら日本酒経験はゼロに等しいというお父さんへ、日本酒愛にあふれる娘が選ぶおすすめ日本酒とは?第三十二夜は、お蕎麦と合わせて飲みたい日本酒を厳選して3本ご紹介。

こっくりとした旨みたっぷりな純米酒で飲み飽きない「多満自慢 純米無濾過」

【日本酒】おうち蕎麦屋開店! 蕎麦前&蕎麦との相性抜群な日本酒3選~『伊藤家の晩酌』第三十二夜〜

ひいな「3本目は『多満自慢』の中でも一番スタンダードなお酒です!なんとこのお酒すごくお安くて…」
テツヤ「いくらなの?」
ひいな「1,130円!(ライター注:石川酒造のオンラインショップではなんと990円で購入可能です!)」
テツヤ「安すぎる!」
山ちゃん「安い〜!」
テツヤ「味が気になるよ」
一同「乾杯!」

【日本酒】おうち蕎麦屋開店! 蕎麦前&蕎麦との相性抜群な日本酒3選~『伊藤家の晩酌』第三十二夜〜

テツヤ「う〜ま〜い〜」
山ちゃん「あらぁ、好きかも♡」
テツヤ「俺も『多満自慢』好きだな」
ひいな「でしょう?おいしいでしょう?安心感があるおいしさだよね」
山ちゃん「全部タイプが違うから、一番って決められないけど、すごく好き!」
ひいな「このお酒を選んだ理由としては、一番穀物っぽさがあるなと思って。蕎麦に合わせるならこれかなって」
山ちゃん「なるほど。早く合わせたい!」

板わさ、だし巻き卵、わさび漬け…お好きな蕎麦前を準備して

【日本酒】おうち蕎麦屋開店! 蕎麦前&蕎麦との相性抜群な日本酒3選~『伊藤家の晩酌』第三十二夜〜

ひいな「じゃ、蕎麦前からいきましょうか」
山ちゃん「きゃ〜!きれいなたまご焼き!これ、ひいながつくったの?」
ひいな「昨日練習しました」
山ちゃん「お店みたい!」
一同「いただきます!」
テツヤ「子どもの頃から蕎麦屋で飲むのって憧れでさ。大人になったら蕎麦屋に行きたいって思ってた」
山ちゃん「わかる!蕎麦屋で飲むのって憧れるよね」
ひいな「ね!こうやっておうちでもできちゃう」
山ちゃん「日本酒はやっぱり和食に合うから日本で飲むのがいいねぇ。カナダで飲むよりやっぱりいい!」
ひいな「日本の風土で味わうのが一番おいしい?」
山ちゃん「うん、そう思う!」
ひいな「『神開』はさ、食事があって完成する感じしない?」
山ちゃん「あります!」

板わさの厚さにご不満の父・テツヤ(笑)。
板わさの厚さにご不満の父・テツヤ(笑)。
わさびをつけすぎて鼻にツーン!でもその刺激がたまらないんですよね。
わさびをつけすぎて鼻にツーン!でもその刺激がたまらないんですよね。

テツヤ「わさび漬けも合うな。そばにも絶対合うでしょう」
ひいな「だし巻きも食べてみて」
山ちゃん「ひいな、上手〜!すっごくおいしい!」
テツヤ「こりゃ酒がすすむね〜」
ひいな「おうち蕎麦屋最高だねぇ」
山ちゃん「しあわせ〜」
テツヤ「おうち蕎麦屋、楽しいね」
ひいな「でしょう?おうち蕎麦屋やるならいいお酒をそろえて…」
テツヤ「蕎麦前いろいろそろえて。あとはおいしいお蕎麦があれば完成じゃない?」
山ちゃん「これはビールじゃないし、ワインじゃないよね」
テツヤ「やっぱり日本酒でしょう!」
ひいな「江戸時代は醤油が高級品だったから、蕎麦前に味噌が多いらしいよ」
テツヤ「あぁ、焼き味噌とか蕎麦味噌とかね!」
ひいな「最近一人暮らしをはじめて、ちょっとつまみたいけどつくる元気がない時はかまぼこを食べるんだけど」
テツヤ「あぁいいね。立派な蕎麦前じゃん。でもさ、高級な蕎麦屋ってもう少し厚く切ってくれるんだけど…」
ひいな「そうなの?厚めに切ったつもりだったんだけど(笑)」
山ちゃん「もっと厚いんだ?これも十分厚いよ!」
テツヤ「厚くてわさびがいっぱいついてくるの。今日は庶民的な感じで(笑)。カナダでかまぼこ売ってるの?」
山ちゃん「売ってるけど。真っピンクのやつだよ」
ひいな「私がいつも食べてる某スーパーの78円のかまぼこも真っピンクですよ(笑)」
テツヤ&山ちゃん「安!」
テツヤ「お酒に絶対合うし、ヘルシーだし、いいつまみだよ」

いよいよ、お蕎麦が登場!日本酒との相性はいかに?

のりをたっぷり、ネギもそえて。乾麺でも十分おいしい!
のりをたっぷり、ネギもそえて。乾麺でも十分おいしい!
伊藤家の定番の十割そばとそばつゆ。そばつゆはこの2つを1:1で割るのがおすすめとのこと!「山本かじの」の「北海道産100%国産 十割そば」、「にんべん」の「つゆの素ゴールド」、「上野藪蕎麦総本店」の「藪そばつゆ」。
伊藤家の定番の十割そばとそばつゆ。そばつゆはこの2つを1:1で割るのがおすすめとのこと!「山本かじの」の「北海道産100%国産 十割そば」、「にんべん」の「つゆの素ゴールド」、「上野藪蕎麦総本店」の「藪そばつゆ」。

テツヤ「そろそろ、蕎麦食べながら飲みたいんですけど」
ひいな「おまたせしました〜」
一同「いただきます!」
テツヤ「いやぁ、ほんと乾麺ってうまくなったよね」

まずは山ちゃんからどうぞ〜!
まずは山ちゃんからどうぞ〜!

山ちゃん「おいしい〜!ほんとにおいし〜!」
テツヤ「ちょっと固まってるから、日本酒かけちゃう?」
ひいな「かけちゃおうか」
テツヤ「どれかけちゃう?」
ひいな「『多満自慢』にしようか。一番合いそう」

ちょっと固まってしまったおそばに、たっぷりと日本酒を回しかけてほぐします。
ちょっと固まってしまったおそばに、たっぷりと日本酒を回しかけてほぐします。

山ちゃん「わ、やっちゃった!」
テツヤ「時間が経っちゃうと固まっちゃうからさ、こうやって日本酒かけるとほぐれるんだよ」
山ちゃん「伊藤家では普通のことなんだね(笑)」
テツヤ「おいしいよ」
山ちゃん「乾麺って、こんなにおいしいんだ!」
ひいな「お蕎麦に一番合うのって『多満自慢』かなってイメージだったんだけど『美酒の設計』もいいかも。やっぱり華やか系と合う!」
テツヤ「なるほど。うん、すごくわかる」
ひいな「そばの香りとお酒の香りが鼻から抜けて、さわやかなんだけど、豊かな感じがする」
テツヤ「蕎麦屋に『雪の茅舎』が置いてあるのがわかる気がするね」

【日本酒】おうち蕎麦屋開店! 蕎麦前&蕎麦との相性抜群な日本酒3選~『伊藤家の晩酌』第三十二夜〜

山ちゃん「家で蕎麦屋楽しいね」
テツヤ「最高だね。どう?日本感じた?」
山ちゃん「感じました!伊藤家のホームステイでも」
テツヤ「ちょっと太ったんでしょう?」
山ちゃん「太りましたし、ウルルン滞在記みたいな。もう今から悲しくなってます」
テツヤ「もう別れを感じて?」
山ちゃん「そう。来年もお世話になろうかと」
テツヤ「今度は、夫のブンちゃんも一緒に」
山ちゃん「いいの?」
ひいな「ぜひぜひ!外国の方に日本酒飲んでほしい!」

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR