TOP_20221010_143342

1泊2日で巡ってみよう! 大分・別府温泉から国東半島まで。自然・文化・芸術が調和する、街のアートスポットとは? Travel 2023.01.14

日本一の「おんせん県」としても知られる大分県。そのなかでも別府・国東半島エリアは、アートの街としても発展中だ。新進気鋭なクリエイターも集う街には、どんなアートがあふれているのだろうか。1泊2日で巡れる7つのスポットをクローズアップ!

1.大分県立美術館 OPAM

大分駅から徒歩15分ほど。ガラス張りの外観と、美しいシンボルマークに目を惹かれる。
大分駅から徒歩15分ほど。ガラス張りの外観と、美しいシンボルマークに目を惹かれる。
外壁のガラスはすべて開放可能。天気の良い日は、心地よい陽射しがふりそそぐ。
外壁のガラスはすべて開放可能。天気の良い日は、心地よい陽射しがふりそそぐ。
《水府 覆水難収・フクスイオサメガタシ》2015年
《水府 覆水難収・フクスイオサメガタシ》2015年
中と外が一体になったような空間づくり。
中と外が一体になったような空間づくり。
「ユーラシアの庭」マルセル・ワンダース《ユーラシアン・ガーデン・スピリット》2015年
「ユーラシアの庭」マルセル・ワンダース《ユーラシアン・ガーデン・スピリット》2015年
天庭(あまにわ)— 工芸を超える現代三人衆「徳丸鏡子(陶)、礒﨑真理子(陶)、高橋 禎彦(ガラス)」
天庭(あまにわ)— 工芸を超える現代三人衆「徳丸鏡子(陶)、礒﨑真理子(陶)、高橋 禎彦(ガラス)」
「天庭」の天井部分は、大分の伝統工芸、竹細工の六つ編みをイメージしたもの。
「天庭」の天井部分は、大分の伝統工芸、竹細工の六つ編みをイメージしたもの。
坂氏は紙を使った建築やプロダクトも。曲線が美しい、紙管で作られたベンチや椅子も館内に置かれている。
坂氏は紙を使った建築やプロダクトも。曲線が美しい、紙管で作られたベンチや椅子も館内に置かれている。
館内は「全面床吹き出しパネル」。床の隙間から空調を行っていて、通気口も床の下にする徹底ぶり。
館内は「全面床吹き出しパネル」。床の隙間から空調を行っていて、通気口も床の下にする徹底ぶり。

設計は世界的に活躍する建築家、坂 茂(ばん・しげる)。大分のユニークな文化風土のインスピレーションを受け、「出会いと五感のミュージアム」をコンセプトに、芸術文化の発信拠点として佇んでいます。
1〜2階の気持ちの良い吹き抜け空間はさることながら、3階の屋外展示室には巨大な中庭のような空間「天庭」がロビーを彩ります。晴れの日と雨の日で趣が変わるのも魅力的。ほかにも日本とオランダの交流の歴史にちなんで、オランダのデザイナー、マルセル・ワンダースと日本のテキスタイルデザイナー・須藤玲子によるバルーン作品など、吹き抜け空間をいかしたアトリウム展示も点在。可動式のカフェやミュージアムショップも併設されているので、街の人も日常使いできるようなスペースに。
HP:https://www.opam.jp/

2.清島アパート

NPO法人 BEPPU PROJECTがアーティストの活動支援の一環として運営。
NPO法人 BEPPU PROJECTがアーティストの活動支援の一環として運営。
入り口から温かく出迎えてくれる。
入り口から温かく出迎えてくれる。
1Fはアトリエ、2Fは居住スペースに。
1Fはアトリエ、2Fは居住スペースに。
アパートの雰囲気をそのまま残した廊下も趣がある。
アパートの雰囲気をそのまま残した廊下も趣がある。
清島アパートで過ごした人たちによる、手書き年表もユニーク。
清島アパートで過ごした人たちによる、手書き年表もユニーク。
当日の案内もしてくれた、現在入居中の画家・東 智恵さんの作品。
当日の案内もしてくれた、現在入居中の画家・東 智恵さんの作品。

〈清島アパート〉はアートの時代を担う全国のクリエイターたちが集い、切磋琢磨しながら活動していく新しい場所。2009年に開催された、別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」の会場として使用したことをきっかけに、元下宿アパートをクリエイターのアトリエと居住の場として活用しています。事前予約でアトリエの見学も可能、住人クリエイターが案内してくれるのでアーティスト活動のリアルな声と制作風景、交流がここで楽しめます。
HP:https://beppuproject.com/kiyoshima/

3.古き良き建物をいかしたアートたち

かつて卸問屋だった〈草本商店〉。2〜3階を作品の舞台に。
かつて卸問屋だった〈草本商店〉。2〜3階を作品の舞台に。
元倉庫だった2〜3階を作品の場に。梁や柱を巻き込んで幻想的な空間を作り上げている。
元倉庫だった2〜3階を作品の場に。梁や柱を巻き込んで幻想的な空間を作り上げている。
自然の「循環」を表現した作品では、雲のように連なる糸からつたった水が、綺麗に波紋を浮かべる。
自然の「循環」を表現した作品では、雲のように連なる糸からつたった水が、綺麗に波紋を浮かべる。
続きはさらに〈草本商店〉の向かいにある中華料理屋へ。
続きはさらに〈草本商店〉の向かいにある中華料理屋へ。
745A8920
作品が息づくように、当時使っていた食器や椅子などもそのまま。
作品が息づくように、当時使っていた食器や椅子などもそのまま。
745A8917
745A8912

温泉街に溶け込むアートスポットも多くあります。昨年10月には塩田千春展『巡る記憶』が開催され、かつて卸問屋だった商店や、地元に愛された中華料理店の空き家が作品の舞台に。塩田さんが別府を訪れた時に見たインスピレーションから生まれた作品たちは、多くの人を惹きつけました。(現在は展示終了)

4.アマネク別府ゆらり/アマネクイン別府

〈アマネク別府ゆらり〉
〈アマネク別府ゆらり〉
〈アマネクイン別府〉の屋上にある「別府の天使」は日没から23:00まで。
〈アマネクイン別府〉の屋上にある「別府の天使」は日没から23:00まで。
開放感のある〈アマネク別府ゆらり〉のロビー。大分の伝統工芸・竹細工をイメージしたデザイン。
開放感のある〈アマネク別府ゆらり〉のロビー。大分の伝統工芸・竹細工をイメージしたデザイン。
館内は浴衣でリラックス。
館内は浴衣でリラックス。
屋上の温水インフィニティプール。
屋上の温水インフィニティプール。
屋上からの眺望は圧巻!
屋上からの眺望は圧巻!
温泉プールは、このエリアならではの醍醐味。
温泉プールは、このエリアならではの醍醐味。

2021年12月開業のホテル。屋上から別府湾を一望できる温水インフィニティプールやサウナ付き大浴場、別府の伝統工芸・竹細工を想起させる木格子で包まれた吹き抜けロビーなど、ラグジュアリーな空間でホテルステイを楽しめる〈アマネク別府ゆらり〉。そして隣には、かつてのビジネスホテルを改装し、シンプルな空間でリーズナブルに過ごせる〈アマネクイン別府〉が並んでおり、どちらも周辺の飲食店や商店街と提携した地域活性型ホテルとして注目されています。
そして〈アマネクイン別府〉の屋上にはサルキスによる、別府の天使「Les Anges de Beppu」が。混浴温泉世界実行委員会の新プロジェクト[Alternative-State]の第1弾となった作品で、昨年10月に設置されたばかり。あたりが暗くなると、天使の両翼が夜空に綺麗に輝きます。
HP:https://amanekhotels.jp/beppu/

5. SELECT BEPPU

趣のある長屋は築100年。
趣のある長屋は築100年。
ちょっとした手土産探しをしたくなる店内。
ちょっとした手土産探しをしたくなる店内。
竹細工を使ったクラフトも。
竹細工を使ったクラフトも。
2階にあがると顔をみせるのは、マイケル・リンの襖絵。伝統的な台湾のテキスタイルと、長屋の雰囲気が融合して新たな現代アートに。
2階にあがると顔をみせるのは、マイケル・リンの襖絵。伝統的な台湾のテキスタイルと、長屋の雰囲気が融合して新たな現代アートに。

「別府のまちのミュージアムショップ」をコンセプトに、築100年を越える長屋をリノベーション。1階は日常使いしたくなるクラフトなどをとりそろえたセレクトショップ、2階には花に代表される伝統的な台湾テキスタイルのパターンを借りて、空間や建物の特徴を意識したペインティングを展開するマイケル・リンの襖絵が展示されています。
HP:https://www.selectbeppu.com/

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR