どこを歩いてもかわいくておいしい!春のおでかけは丸の内周辺でグルメもお買い物も楽しめる!
【PR】 2018.03.21

楽しい道は丸の内に通じる。 どこを歩いてもかわいくておいしい!春のおでかけは丸の内周辺でグルメもお買い物も楽しめる!

有楽町から”丸の内仲通り”を楽しみながら丸の内へ。〈丸ビル〉と〈新丸ビル〉のお店をホッピングすれば、ココロとカラダが喜ぶこと間違いなし!(PR/三菱地所)

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

桜の季節のお楽しみ。限定スイーツに心ときめく!〈パティスリー・サダハル・アキオ・パリ〉/丸の内仲通り

おすすめは桜の季節限定の「マカロン サクラ」(上)1個292円と、キルシュ香るカスタードクリームが大人の味わいの「エクレール サクラ」(中)519円。フランス伝統菓子「フレジエ」(下)852円には苺がたっぷり。

〈パティスリー・サダハル・アキオ・パリ〉
アクセス:東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F
電話番号:03-5293-2800
営業時間:11:00〜20:00(不定休)
その他:約26席、禁煙、MAP1

あの〈ロブション〉のパンをイートインでサクッと気軽に。〈ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内店〉/丸の内仲通り

定番のクロックマダム(上)583円や、クロワッサン(中)259円のほか、苺ミルクフランス(下)324円(各税込 )などの限定パンも。

〈ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション〉
アクセス:東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア 1F
電話番号:03-3217-2877
営業時間:11:00〜21:00(カフェのみフード20:00LO、ドリンク20:30LO)
無休(1月1日及び法定点検日を除く)
その他:54席(テラス含む)、禁煙、MAP2

見るだけで癒される!カラフルな花々にうっとり。〈HANAHIRO CQ〉/丸の内仲通り

この日はストックや白バラ、スイートピーなどをセレクト。

丸の内のビジネスマンも通う生花店。花束のアレンジは3,240円(税込)から。フラワーアレンジメントのレッスンも開催。

〈HANAHIRO CQ〉
アクセス:東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア 1F
電話番号:03-6269-9187
営業時間:11:00〜21:00(日祝〜20:00)、無休(1月1日及び法定点検日を除く)、MAP3

【丸の内仲通り】歴史と新しさが共存!丸の内の目抜き通り。

〈丸ビル〉〈新丸ビル〉をはじめ、〈丸の内ブリックスクエア〉など、名だたるショッピング施設を擁する丸の内のメインストリートがここ「丸の内仲通り」。この呼称が使われ始めたのは1918年頃のこと。当時は煉瓦づくりの建物が立ち並ぶビジネス街だったというから、どれほどモダンで素敵だったことか!

そして100年後の2018年。丸の内仲通りは近隣のオフィスビルのビジネスパーソンが行き交い、週末は観光客や旅行者で大にぎわい。人気パティスリーに、有名フレンチのベーカリー、漢方コスメと、そのラインナップは和洋折衷でバラエティ豊か。期間限定のイベントや、特別メニューなど、見逃せないニュー スも盛りだくさんだ。

足元には斑岩と呼ばれる岩石が敷き詰められ、街路樹はケヤキやカツラ、シナノキなどの落葉樹。どこかヨーロッパやアメリカの歴史ある街並みを思い起こさせる洗練された雰囲気もまた魅力。マイペースに春のお買い物をとことん楽しもう。

肌に髪、ボディまで。漢方の力で美しく!〈KAGAE KAMPO BOUTIQUE〉/丸の内仲通り

オリジナルコスメが人気。この春、美白と保湿にフォーカスした新シリーズ「カガエ エクストラシリーズ」が登場。有効成分アルブチンに和漢方素材「十漢エキス」を配合。透明感のある肌に。

クリーム7,200円

エッセンス6,800円

〈KAGAE KAMPO BOUTIQUE〉
アクセス:東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル 1F
電話番号:03-5293-2010
営業時間:11:00〜20:00(不定休)、MAP4

特別な人への贈り物に。エレガントなフランス菓子。〈CADEAU〉/丸の内仲通り

「ショート ガレット」(4枚入り 756円〜)は、繊細な食感とユニークなフレーバー展開に加え、パッケージも美しい。ヴェルジョワーズ(甜菜糖)を使ったガトー(2,160円〜)やコンフィチュール(3,024円、各税込)も。

〈CADEAU〉
アクセス:東京都千代田区丸の内1-4-1 iiyo!!(イーヨ!!)
電話番号:03-6269-9520
営業時間:11:00〜20:00 、無休(1月1日及び法定点検日を除く)、MAP5

【news!】春らしいピンク色の特別メニューをキッチンカーで。

丸の内仲通りは日中、歩行者天国に。3/29〜4/1にはキッチンカーが並び、通常メニューに加え、春らしいピンク色の特別メニューを展開。

純米酒にこだわる金沢の老舗酒造〈SAKE SHOP 福光屋 丸の内店〉からは、生のいちごと看板商品の麹甘酒を使った「いちご甘酒」600円が登場。

〈丸ビル〉のタイ料理店〈マンゴーツリー東京〉は通常メニューにはない「春野菜と豚肉のガパオ」800円と、フローズングァヴァジュース500円(共に税込)をスペシャル販売。


歩行者専用時間 11:00〜15:00(土日祝〜17:00)
※雨天・強風などの天候により中止になることがあります。

キッチンカーの情報はこちらへ!http://www.ligare.jp/


【丸ビル】新店、噂のアイテムを見逃さずにチェック!

今春の〈丸ビル〉はニュースが満載。サンフランシスコから海外初出店となるデリスタイルのカフェ〈WISE SONS TOKYO〉は、ベーグルやサンドイッチなどのメニューはもちろん、本国のお店を再現したインテリアも見もの。ほかにもロシア・モスクワでは知らない人がいないと
いわれている超有名店や、紀州和歌山料理、モダンスパニッシュなど名店のオープンラッシュ!
3階には猫グッズが人気の〈 The Cat’s Whiskers〉やイタリア産ナチュラルコスメ〈テラクオーレ〉といったハナコ世代ならぐっとくるショップがラインナップ。ほっと一息つけるスペースも新たに設けられ、まさに至れり尽くせり。


〈丸ビル〉この春15店がリフレッシュ。

アクセス:東京都千代田区丸の内 2-4-1
電話番号:03-5218-5100(丸の内コールセンター)
営業時間:ショップ 11:00〜21:00 (日祝〜20:00)、レストラン 11:00〜23:00( 日祝 ~ 22:00)
※一部店舗は営業時間が異なる。 無休(1月1日及び法定点検日除く)

ハッピーになれそうな猫グッズたちにキュン!〈The Cat's Whiskers〉/丸ビル 3F

キュートなオリジナル猫グッズが猫好きたちの間でも有名なお店。店名〈猫のヒゲ〉はヨーロッパでは幸運のシンボル。その名のとおり、身につけるだけで気分があがりそう!セレクトのバッグや小物もかわいいものぞろい。

上から、カードケース2,800円、スマイルのかごバッグ5,900円、真鍮×ガラスの猫耳リング各2,800円。

〈The Cat's Wiskers〉
電話番号:03-6206-3535

サンフランシスコ発!話題のデリが日本初上陸。〈WISE SONS TOKYO〉/丸ビル B1F

ベーグルは定番(200円〜)とトーストしたオーブンフェイス(400円〜、写真は「マンハッタン」500円)が。
モーニング(〜11:00、テイクアウトのみ)やランチボックスも。ドリップコーヒーは300円〜。

〈WISE SONS TOKYO〉
電話番号:03-6551-2477
営業時間:7:30〜21:00、土8:30〜21:00(日祝〜20:00)
※11:00まではテイクアウトのみ。
その他:42席、禁煙

春爛漫の桜コスメで新生活にしっかり備える。〈テラクオーレ〉/丸ビル 3F

日本人の肌に合わせて作る、イタリア生まれのオーガニックコスメブランド。毎年人気だった「Sukura」シリーズが今年も登場。

フレグランスバーム2,300円(上)やハンドクリーム2,200円(下)など、ギフトにも喜ばれそう。昨年植物抽出成分を使った新オリジナルコスメライン「テラクオーレノーツ」もローンチした。

〈テラクオーレ〉
電話番号:03-6551-2691

【new open!】初上陸系グルメや話題のレストランが続々オープン!

〈紀州山海料理 愚庵 丸の内店〉/丸ビル 6F

くえ、まぐろなど海の幸から熊野牛まで。食材はもちろん、金山寺味噌など調味料までこだわる紀州料理店。

電話番号:03-6273-4888
営業時間:11:00〜15:00(14:00LO)、 17:00〜23:00(22:00LO)

〈the ringo marunouchi〉/丸ビル 5F

東京のエッセンスを加えたモダンスパニッシュ。新進気鋭のアーティストとコラボレーションした空間演出も必見。4月上旬オープン。

電話番号:03-6551-2899
営業時間:11:00〜16:00(15:00LO)、 17:00〜23:00(22:00LO)

〈ゴドノフ東京 丸ビル店〉/丸ビル 5F

モスクワの超有名老舗ロシア料理レストランが日本初出店。ボルシチにピロシキ、本場の味をロシアンバルとしてお酒と一緒に楽しめる。

電話番号:03-5224-6558
営業時間:11:00〜15:00(14:30L )、 15:00〜23:00(22:30LO)

【新丸ビル】ゆったりとした雰囲気の中、マイペースに好きなモノ探し。

〈丸ビル〉から行幸通りを挟んで反対側。1952年に建設された〈新丸ノ内ビルヂング〉を建て替え、2007年に新たに生まれ変わった〈新丸ビル〉。春らしいスニーカーが並ぶ〈ACE Shoes〉など、地下 1階から7階の商業ゾーンに、約150の個性豊かな商業店舗が集結する。
昨年からはリニューアルやニュー オープンが目白押し。
3階のコスメゾーン「マルノウチボーテ」にはイタリア・フィレンツェのルームフレグランスブランド〈Dr. Vranjes Marunouchi〉が。〝フルーツと泡〞がテーマのフレンチ〈MAISON BARSAC〉は、東京駅を正面にのぞむ絶景も魅力。丸の内散策のハイライトになること間違いなしだ。


〈新丸ビル〉上質感溢れる大人の空間。

アクセス:東京都千代田区丸の内1-5-1
電話番号:03-5218-5100(丸の内コールセンター)
営業時間:11:00〜21:00(日祝〜20:00)、レストラン11:00〜23:00(日祝〜22:00)
※一部店舗は最大〜4:00で営業時間が異なる。
無休(1月1日及び法定点検日除く)

イタリアの職人技がなせる優雅な香りでお部屋を彩る。〈Dr. Vranjes Marunouchi〉/新丸ビル 3F

イタリア・フィレンツェ発のフレグランスブランド。ここ丸の内店は昨秋オープン。計35種類のルームフレグランス(250ml 8,000円〜)は、イタリア人の男性調香師が全てを監修。
リネン用や車用、キャンドルやアルコールランプタイプなど、用途に合わせて使い分けたい。国内初のボディフレグランスも昨年スタートした。
電話番号:03-3201-5730

春カラーのスニーカーで足取りも軽やかに。〈ACE Shoes〉/新丸ビル 4F

〈コンバース〉〈ナイキ〉〈プーマ〉など、海外ブランドのスニーカーをメインに取り扱う。春はパステルカラーも充実。海外バンドとのコラボレーションアイテムや、靴紐につけるアクセサリーなども取りそろえている。

〈ニューバランス〉 WL574 9,900円は計4色展開、〈アディダス〉キャンパスDB0982 9,990円は計7色。

電話番号:03-5224-8181

お料理も眺めも華やかで写真映え抜群。〈MAISON BARSAC〉/新丸ビル 5F

昨年移転オープン。毎月異なるフルーツがテーマ。上写真は、この日の前菜、鹿児島産赤鷄さつまを苺の酸味をアクセントにいただく一皿と、本日のお勧め鮮魚の丸ごとロースト2,800円。
ランチは1,800円〜。13:30からはワンプレートランチ1,300円も。

〈MAISON BARSAC〉
営業時間:11:00〜15:30(14:30LO)、土日祝11:00〜16:00(15:00LO)
17:00〜23:00(22:00LO)、日祝17:00〜22:00(21:00LO)
電話番号:03-6268-0305
その他:80席、禁煙

編集部

丸の内の街角は歩き飽きることなし!

TOPに戻る