女子会・おひとりさまも気軽に寄れる!【銀座】いま注目のワイン居酒屋&ビアバー。
2019.10.03

高級割烹が手掛けるカジュアルな隠れ家など。 女子会・おひとりさまも気軽に寄れる!【銀座】いま注目のワイン居酒屋&ビアバー。

大衆酒場からバーまで、さまざまな酒場がひしめく銀座。料理家として活躍するモデルの浅野美奈弥さんが、女性同士やひとりでも気軽に寄れる酒場をナビゲート。Hanako『銀座・丸の内・日本橋 大銀座、三都物語。』「おいしいつまみとお酒がそろう、令和酒場をホッピング。」より、いま注目の和食&ワイン居酒屋・ビアバーをご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

〈時喰み〉銀座の名店の流れをくむ、普段使いができる店へ。

浅野美奈弥さんが向かった先は、雑居ビルの細い階段を上がった2階。「路地歩きも銀座の楽しみのひとつ。こんなところにお店が!?という出合いにわくわくしますよね」

戻り鰹薬味和え 1,400円(税込)。焼物、揚物、温菜なども。

〈徳うち山〉と〈銀座くどう〉が手がけるカジュアル店として、注目を集めているのが、4月開業のこちら。
「どちらもあこがれの高級割烹。同じ食材を用いたアラカルト料理に、興味津々です」

料理長の佐々木寛和さんと食材や同郷の北海道ネタで話が弾む浅野さん。

オープンキッチンに立つ料理長もいたって気さく。旬のお造りや焼物、揚物は言わずもがなのおいしさ。

フォアグラ最中(2個)1,200円。フォアグラ、いぶりがっこ、のし梅を最中でサンド。

蒸して味噌に漬けたフォアグラを最中のフィンガーフードにしたり、イセエビやボタンエビの頭や殻でだしをひいて贅沢なカレーに仕上げたり。

炊きたて白米 時喰みカレー(海老出汁)2,000円、特大海老フライは+1,200円(各税込)。

変化球メニューにも食指が動く。

ワインの担当は久保岡奈美さん。メニュー以外のワインストックもある。

「お店のコンセプト通りにワインが飲みたくなる!夜中においしい時間が過ごせるのはうれしいですね」

〈時喰み〉
昭和通りから路地に入ったビルの2階。
■東京都中央区銀座3-11-6 鈴木ビル2F 
■03-6264-2809 
■17:30~4:00(3:00LO)、土~24:00(23:00LO) 日祝休 
■10席/禁煙 

〈暁タップス 銀座〉口当たりやわらかなビールで、明るい時間から乾杯!

次に浅野さんが訪れたのは、経堂にマイクロブルワリーを構える直営店。お店を出すなら銀座、というオーナーの希望でこの地に誕生した。
「黒漆喰の外壁と格子の引き戸、カウンター上のアイアンアートの照明が素敵。大きな窓もあり、女性ひとりでも入りやすい雰囲気ですね」

天井高があり窓を大きくとった開放的な造り。

実際、カフェ感覚でふらりと立ち寄り、ビールを嗜む女性客の姿も多い。カウンターに並ぶタップは、オリジナルが6種とゲストビール2種。

左から、暁ホワイト、暁エール。各small 756円、large 1,296円。

「なめらかな喉越しだから、食事と合わせて楽しみたくなります」

真崎わかめのミネラルサラダ 1,080円。辛みが強いカンボジア産ペッパー醤のおいしさも秀逸。 6.白金豚ロースト 1,728円(全て税込)。

浅野さんがチョイスしたひとつは、肉厚で歯ごたえがあるわかめがメインのサラダに、爽やかな辛みのペッパー醤をかける一品。

「素材をしっかりと味わえるフードの品ぞろえも女性好み。銀座には女性が気軽に過ごせる酒場が多いんですね。女友達を誘ってまた来たいな」

〈暁タップス 銀座〉
ランチは伊達鶏ローストチキン 1,620円など。
■東京都中央区銀座6-4-18 マキシ・ド・ピアビル1F 
■03-3573-0151 
■11:30~23:30(23:00LO) 無休 
■30席/禁煙 

Navigator 浅野美奈弥さん

モデル、料理家。ケータリング〈美菜屋〉を主宰する。web動画マガジンMINEで料理連載中。

Hanako『大銀座、三都物語。』特集では、大銀座エリアの楽しみ方を多数ご紹介しています!

(Hanako1177号掲載/photo : MEGUMI, Megumi Uchiyama (P.56) text : Yumiko Ikeda)

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はこちら。https://magazineworld.jp/hanako/

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る