銀座一丁目のホテル〈the square hotel GINZA〉の魅力とは?部屋には〈snow peak〉のアウトドアチェアも。
2019.08.08

オールデイカフェ〈BUNDOZA CAFE & BAR〉が使い勝手抜群! 銀座一丁目のホテル〈the square hotel GINZA〉の魅力とは?部屋には〈snow peak〉のアウトドアチェアも。

いいホテルには、人が集まるカフェがある。これって、全世界共通。宿泊者に限らず、誰でもふらりと立ち寄れて、思い思いの時間を過ごす。心地よく寛げる銀座一丁目のホテル〈the square hotel GINZA〉とホテル内にあるカフェ〈BUNDOZA CAFE & BAR〉を、Hanako『よくばる夏の旅2019』「良いカフェがあるホテルは“Cool!”。」よりご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

街と人をつなぐ場所。

テーマは街と人をつなぐスクエア(広場)。その起点となる〈BUNDOZA CAFE & BAR〉は、風が心地いいオープンエアな空間だ。

「チャバタハムサンド」480円は「スペシャルティコーヒーのアメリカーノ」400円と。

朝はチェックアウト前にコーヒーを飲むゲスト、昼になるとお酒でひと息つく人や、オフィスワーカーの姿も。

喉を潤す「東京クラフト ペールエール」700円(右)、モヒート「TSUMUGI[焼酎]×かぼす×ミント」900円(左)も。

夜はバーとしてにぎわい、一日中多彩な顔ぶれが集まる。

洗練された大人体験を持ち帰る。

〈Lee〉とコラボしたベッドスロー、〈snow peak〉のアウトドアチェアと、各所にセンスが光る。

またアートやこだわりのインテリアと、館内の心をくすぐるモノたちもここに帰りたくなる理由だ。

〈ザ・スクエアホテル銀座〉

東京メトロ銀座一丁目駅から徒歩約3分。
■東京都中央区銀座2-11-6 
■03-3544-6811 
■モデレートダブル1泊12,000円~(税サ込) 
■全182室

〈BUNDOZA CAFE & BAR〉

一部を除き、メニューはほぼオールデイ。昼からお酒も楽しめる。
■7:00~24:00 無休 
■48席(うちテラス10席)/禁煙

(Hanako1174号掲載/photo : Tetsuya Ito, MEGUMI (DOUBLE ONE) hair & make : Saori Hattori styling : Yuuki Matsuda model : Larissa text : Wako Kanashiro text & edit : Yoshie Chokki)

編集部

Hanakoをはじめマガジンハウスの雑誌はこちら。https://magazineworld.jp/hanako/

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
mgh_sidebar
TOPに戻る