無題3
2022.08.18

J SONGBOOK 日本の音楽を学ぼう! CHAIが語る女性アーティストのパワーの源。「『かわいい!』がパワーになる!」

見ていると元気になる、力をもらえる。数々のファンを勇気づけてきた2組の女性アーティストのパワーの源と、いま見つめているものとは?今回は、ガールズグループのCHAIさんにお話を聞きました。
左からユナ、マナ、カナ、ユウキ
左からユナ、マナ、カナ、ユウキ
hc-106
hc-143
hc-155
左からユナ、マナ、カナ、ユウキ
hc-106
hc-143
hc-155

マナ:憧れの女性アーティストかあ。

カナ:アーティストを男性・女性と分けて考えることがないもんね。

ユナ:まったく意識したことがない。

【マナの場合/ラヴフォックス】ブラジルのバンドCSSのリードシンガー。1984年、日系ブラジル人の家系に生まれ、本名はルイザ・ハナエ・マツシタ。音楽性はもとよりステージでの派手なパフォーマンスがキュート。聖闘士星矢の大ファン。アルバム『Planta』発売中。
【マナの場合/ラヴフォックス】ブラジルのバンドCSSのリードシンガー。1984年、日系ブラジル人の家系に生まれ、本名はルイザ・ハナエ・マツシタ。音楽性はもとよりステージでの派手なパフォーマンスがキュート。聖闘士星矢の大ファン。アルバム『Planta』発売中。

ユウキ:私は逆に“女性アーティスト”という存在がすごく好き。いまだったらリゾ(Lizzo)とか大好き。

マナ:リゾはめっちゃカッコいい!めちゃめちゃ強い存在だもん。そういう意味でいえば、ラヴフォックスです、私は。CSSっていうブラジルのバンドのボーカルで、歌い方、パフォーマンス、見せ方、しゃべり方、完全に影響を受けてます。ロックでパンクで心はモキシー(注:勇気、元気の意)。全身レインボーのタイツを着てラップをして。彼女のステージを観たときに、女の子っていいなってすごく思った。それこそ、ガールズのパワーを感じる。生命力。

【カナの場合/ロミー・マドリー・クロフト】1989年生まれ。イギリスのバンド、ザ・エックス・エックスのボーカル兼ギタリスト。バンドは2005年に結成し、2017年にはサードアルバム『I See You』をリリース。ロミーは2020年にソロシングル「Lifetime」をリリースしている。
【カナの場合/ロミー・マドリー・クロフト】1989年生まれ。イギリスのバンド、ザ・エックス・エックスのボーカル兼ギタリスト。バンドは2005年に結成し、2017年にはサードアルバム『I See You』をリリース。ロミーは2020年にソロシングル「Lifetime」をリリースしている。

カナ:私はギターを弾くし歌も歌うので、ザ・エックス・エックスのロミー(・マドリー・クロフト)かな。彼女が弾くギターの空間がすごく好き。空間を自分色に染めるのがうまいというか。シンプルな音色でフレーズも簡単だから、ヘタな人が弾けばヘタに聞こえる音色だけど、うまく料理をしてるなって。

【ユナの場合/MISIA】1978年生まれ。1998年、「つつみ込むように…」でデビュー。5オクターブの音域を持つ圧倒的な歌声でJ-POPシーンに衝撃を与える。2021年の東京オリンピック開会式での国歌斉唱が話題に。最新アルバム『HELLO LOVE』発売中。
【ユナの場合/MISIA】1978年生まれ。1998年、「つつみ込むように…」でデビュー。5オクターブの音域を持つ圧倒的な歌声でJ-POPシーンに衝撃を与える。2021年の東京オリンピック開会式での国歌斉唱が話題に。最新アルバム『HELLO LOVE』発売中。

ユナ:私は女性アーティストと言われてパッと出てくるのはMISIAさん。私は基本的にドラマーで、コーラスはちょっとやるぐらいなんだけど、最近、ボイトレに通うようになって、歌うことの大変さと素晴らしさと、体が楽器なんだということを実感するようになって。何気なく聴いていたMISIAさんの歌声と表現力に、より感動するようになって。心の奥まで届いてくるのは本当にすごいなって。ドラムは音階のない楽器だけど、心の持ちようで音は変わるし、表現力ってどのパーツも共通してるんだよなって、再認識。

【ユウキの場合/ハリー・スタイルズ】2011年、イギリスのボーイズグループ、ワン・ダイレクションのメンバーとしてデビュー。グループの活動休止後、2017年、ソロアーティストとなり、俳優として映画『ダンケルク』に出演し話題に。最新アルバム『ハリーズ・ハウス』発売中。
【ユウキの場合/ハリー・スタイルズ】2011年、イギリスのボーイズグループ、ワン・ダイレクションのメンバーとしてデビュー。グループの活動休止後、2017年、ソロアーティストとなり、俳優として映画『ダンケルク』に出演し話題に。最新アルバム『ハリーズ・ハウス』発売中。

ユウキ:私は昔から女性アーティストが好きで。子供の頃はモーニング娘。が好きだったし、チャットモンチーも好きだった。振り返れば、女性アーティストが好きなことが多いんだけど、実は、いま注目してるのはハリー・スタイルズ。男性だし、イケメンには興味ないから彼がワン・ダイレクションにいるときはまったく興味なかったんだけど、ソロになってからは、男性の中にある女性性を出すようになって。男性が隠したい女性らしさ、女々しいと言われるような部分をあえて出すことで、こんなに強く唯一無二になれるんだ、カッコいいなって。男性から女性性を学んだというか(笑)。女性ってすごいなって、あらためて感じる。

マナ:やっぱ、女性性って“パワー”ってことだと思う。スペインのガールズバンド、ハインズ(HiNDS)とコラボしたときも、女の子8人そろうとすごいエネルギーになるなって改めて思ったし。女性として生きるというのは、周りの目を気にせずパワフルに生きるということ。私たちが「NEOかわいい」という言葉をコンセプトとしてきたのは、目が一重でも、リゾみたいに大きくても、ハリーみたいに中性的でも、男性も女性も含めて、みんないいところがある、コンプレックス最高!って。かわいくない人なんておらんもん!

Profile…CHAI(チャイ)

無題 (4)

一卵性双生児のマナ&カナにユウキとユナの男前な最強リズム隊で編成された“NEOかわいい”バンド。2017年、ファーストアルバム『PINK 』が話題に。海外での活動も活発で、欧米で人気が高い。シングル「HERO JOURNEY feat. Superorganism」が発売中。今夏はサマソニなどの夏フェス出演後、アメリカと初の南米ツアーも。夢はグラミー賞!

[ユウキ]シャツ95,700円、ワンピース92,400円、ピアス41,800円、ネクタイ82,500円(全てYUEQIQI|MATT.info@the-matt.com)/靴23,100円(Dr.Martens|ドクターマーチン・エアウエアジャパン03-6746-4860)[カナ]ワンピース152,900円、ネックレス36,300円(共にYUEQIQI|MATT.)/ブーツ右27,500円、左27,500円(共にDr.Martens|ドクターマーチン・エアウエアジャパン)[マナ]トップス82,500円、スカート91,300円、ネックレス74,800円、パース92,400円(全てYUEQIQI|MATT.)/ブーツ右27,500円、左27,500円(共にDr.Martens|ドクターマーチン・エアウエアジャパン)[ユナ]シャツ95,700円、パンツ85,800円、ピアス53,900円、ブラ104,500円(全てYUEQIQI|MATT.)/ブーツ26,400円(Dr.Martens|ドクターマーチン・エアウエアジャパン)/その他スタイリスト私物

(Hanako1211号掲載/photo : Keisuke Naito styling : Soichiro Kobayashi (CHAI) hair & make : Chiaki Saio (Lila / CHAI), Hikaru Sakaki (Lila / CHAI) text : Izumi karashima)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る