無題
2022.06.24

家を買う、東京を離れる。そんな時に知っておきたい、国と企業の取り組み。 〈ZOZO〉本社のある千葉に“移住”すると1カ月5万円支給?手当でできることとは。

家を買ったり、移住を決意したり。そんな人生の大きな決断を後押ししてくれる、国や企業の制度などから物件情報の見つけ方まで、知っておきたい事例を集めてみました。今回は、その中から〈ZOZO〉の取り組みをご紹介します。

コミュニケーションデザイン室サステナビリティ推進ブロック・改正菜摘さん

_MG_0221_atari

ZOZOの千葉手当『指定のエリアに住めば1人1カ月5万円支給される。』※その他つくば手当(5万円)、 宮崎手当(3万円)もある。

_MG_0187_atari
_MG_0208_atari
_MG_0187_atari
_MG_0208_atari

手土産の定番は千葉産の日本酒。
千葉に拠点を置く食品メーカー直営の無添加食材店〈FOODSTORYこころび〉。「帰省する際や友人への手土産を探しに行きます。県産名物を探す楽しみもあります」。

_MG_0053_atari
_MG_0111_atari
_MG_0053_atari
_MG_0111_atari

地域のコーヒーショップとコラボも。
コーヒーショップ〈EUREKACOFFEEROASTERS〉では、社員証を見せると割引になる。〈ZOZO〉と西千葉のユニークなブレンドも販売。収益の一部は地域に活用する予定。

PXL_20220511_000103690

千葉に住んだら置けた2人掛けのソファ。
現在は基本的にテレワーク。「家の居心地がいいので苦になりません。何かあってもすぐに会社に行ける距離ですし(笑)。会社が近いのは、災害時のことを考えても心強いです」

浮いたお金は貯金や自己投資に回せるように。

「満員電車通勤から解放され、外食やコンビニで1日2000円を使っていた東京時代と比べると、生活の質は格段に変わりました」そう笑顔を見せるのは、〈ZOZO〉独自の福利厚生制度、“千葉手当”で月5万円の支給を受ける社員の改正菜摘(かいしょうなつみ)さん。転職を機に、都内から千葉へ引っ越して1年半。地域活性化を目的に2006年から続くこの制度は、住まいの選択肢を広げるだけでなく、金銭面でも強力なアドバンテージとなっている。

「現在は会社から徒歩20分ほどの賃貸マンションに暮らしています。8畳1Kからリビング10畳、ベッドルーム5畳の広い1LDKになったことで、部屋のインテリアをあれこれ考える楽しみも増えました。貯金や自分磨きに投資する余裕も生まれ、心身ともにヘルシーな毎日です」フレックスタイム制や副業OK、リモートワーク手当なども充実している〈ZOZO〉。「楽しく働こう」という社風を含め、手厚いサポートが社員の定着率を上げている。「東京まで1時間もかからない距離感も、ちょうどいいと思います」

〈ZOZO(ゾゾ)〉

ZOZO本社屋_03

2021年2月からグループ本社を置くのは、千葉県千葉市稲毛区緑町。大きな窓が特徴の開放的なデザインで、数々の建築賞を受賞。コロナ収束後は週2日出社・週3日リモートが基本となる予定。

(Hanako1209号掲載/photo : Kenya Abe, illustration : naohiga text : Yoshie Chokki edit : Yoshie Chokki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る