飯能 〈GEORGE'S BARger〉
2021.02.24

Hanako w/ Seibu〜わたしが出会ったお店と、その暮らし〜 飯能初のグルメバーガー店が、街の大人の社交場に。〈GEORGE’S BARger〉が発信する新たな飯能のカタチ。

池袋から特急電車で約38分という好アクセスながら、飯能河原や天覧山など豊かな自然が残る飯能エリア。2019年、〈ムーミンバレーパーク〉が開業したことも話題になりました。この街に、初のグルメバーガーショップ〈GEORGE'S BARger(ジョージズ バーガー)〉が誕生したのは4年前のこと。絶品バーガーとお酒を囲む、新たな大人の社交場として、地元で愛されています。

東京で修業を積んだ自信が裏目に。必死でもがいた1年目。

飯能 〈GEORGE’S BARger〉

のどかな街並みの中で一際目を引く、ハンバーガーのイラストが描かれた看板とアメリカンテイストな外観。大手ハンバーガーチェーン店しかなかったこの街に、飯能初のグルメバーガーショップが誕生したのは4年前のことでした。

「こだわりは、国産牛100%のビーフパティ。赤身肉を9mmに粗ミンチして、ゴロッとした肉々しい食感と噛み応えを引き出しています。和牛のやわらかさとジューシーな脂のうまみを堪能できるハンバーガーに仕立てています」

一番人気の「アボカドチーズバーガー(ポテト付き)」1,200円。ゴロゴロの肉感を楽しめるパティに、峰屋の特注バンズ、食べやすく折り畳まれたレタスなど、細部までおいしさにこだわる。
一番人気の「アボカドチーズバーガー(ポテト付き)」1,200円。ゴロゴロの肉感を楽しめるパティに、峰屋の特注バンズ、食べやすく折り畳まれたレタスなど、細部までおいしさにこだわる。

都内の有名グルメバーガー店で修業を積み、アメリカで数々のハンバーガーを食べ歩いて研究を重ねたという〈GEORGE'S BARger〉の店主・鴨下城司さん。飯能と代官山のバーで、バーテンダーとして働いた経験を生かし、本格的なカクテルも飲めるバーガーショップ&バーを展開しています。

Hanako w/ Seibu
Hanako w/ Seibu / 編集部

「私が出会ったお店と、その暮らし。サイト「Hanako w/ Seibu」はこちら

Hanako w/ Seibuさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る