〈バーニーズ ニューヨーク〉
2020.02.20

働く女子の必需品。 働く女子が新調した名刺入れブランド3選!新社会人デビューにもおすすめ。

ビジネスシーンで使う機会が多い名刺入れ。マストアイテムだからこそ、選ぶのにも気を遣ってしまいますよね。そこで今回は実際に働く女子が愛用している名刺入れをご紹介します。新調する方も、この春社会人デビューする方も、参考にしてみては?

1.〈バーニーズ ニューヨーク〉

〈バーニーズ ニューヨーク〉

アパレル系のメーカーで新商品の企画やカタログ制作などを担当する鈴木さん。そんな鈴木さんが毎日愛用しているのは〈バーニーズ ニューヨーク〉の名刺入れ。「新卒の頃から使っていたものを失くしてしまったので、最近新しく購入しました。イエローのアイテムって持っているとなんだか元気をもらえますよね。これは柔らかくて軽い素材だから、使いやすさも文句なしです」。

(Hanako.tokyo連載「働く女子の毎日持ちたい愛用品」より掲載/photo:Hiromi Kurokawa text:Momoka Oba)

2.〈HITCH HIKE〉

〈HITCH HIKE〉

アシスタントエディターとして働く河本さん。「社会人になり名刺入れを探していたところ、色に一目惚れして購入しました。ピスタチオというカラーなんです。お財布、ポーチ、iPhoneなど持ち物のほとんどが黒や茶なので、この名刺入れはかばんの中でも目立ち探しやすいところもお気に入りです。」

3.〈Marni〉

〈Marni〉

銀行員から転職し、ベンチャー企業〈adot(エードット)〉の広報として働いている風間さん。「やっぱり好きなことを仕事にしたいと気づいたんです。やりたいことって何だろうと突きつめていったら、「自分がいいと思うことを発信したい」と「コーヒーを勉強したい」、この2つの柱でした。」

以前、バイトをしていたコーヒーショップでの常連さんに相談してみたところ、トントン拍子で話が進み、翌週には〈adot〉の伊達社長と面接し、広報として働くことになったという。「入社にあたって新調したのが、手帳と名刺入れ。バイカラーのカラーリングに一目惚れして購入しました。シャンパンゴールドのペンは、前職の仲間からの贈り物で、これを見るたび、初心を忘れず頑張ろうって思えます。」

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る