tG4C98911-768x512
2019.05.18

これぞギルティー! 濃厚な甘さがたまらない禁断チョコレートスイーツ3選!都内の人気店をご紹介。

たまには自分へのご褒美に、濃厚な甘さがたまらないチョコレートスイーツを。都内の人気レストラン・カフェで食べたい、禁断のチョコレートスイーツ3選をご紹介します。

1.〈Buvette〉/日比谷

〈Buvette〉/日比谷
手前「チョコレートムース」、奥「タルトタタン」各900円
手前「チョコレートムース」、奥「タルトタタン」各900円

フォークを刺すのは、テーブルのスペースを有効活用するためにNY本店で始まったスタイル。チョコレートムースは、濃厚なムースと無糖クリームが絶妙。タルトタタンはゴロッと大きなリンゴが入り、食べ応え十分。

(Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : Yoko Tajiri text : Emi Suzuki)

2.〈Ralph’s Coffee〉/明治神宮前

Ralph’s Coffee 明治神宮前

〈ラルフローレン〉が手がけるカフェが日本初上陸。グリーンとゴールドを基調にしたインテリア、整えられたショーケース、印象的なロゴなど、デザインが隅々まで行き届いた空間に入ると、ニューヨークの五番街に来たかのよう。

タブレットチョコは、右から「シーソルト」700円、「エスプレッソビーン」700円(各2オンス)の2種。カフェラテ580円。オーナーこだわりのタブレットチョコは、ブルックリンのオーガニックチョコレートブランド〈FINE & RAW〉から。
タブレットチョコは、右から「シーソルト」700円、「エスプレッソビーン」700円(各2オンス)の2種。カフェラテ580円。オーナーこだわりのタブレットチョコは、ブルックリンのオーガニックチョコレートブランド〈FINE & RAW〉から。

オーナーこだわりのタブレットチョコは、ブルックリンのオーガニックチョコレートブランド〈FINE & RAW〉から。

「ラルフズチョコレートケーキ」1切れ950円(各税込)
「ラルフズチョコレートケーキ」1切れ950円(各税込)

5層になった伝統的なチョコレートケーキは、本国のレシピを完全に再現した絶品だ。

(Hanako1169号掲載/photo : Yoichi Nagano, MEGUMI(DOUBLE ONE), Makoto Ito text : Kahoko Nishimura, Ai Kiyabu)

3.〈フィオレンティーナ〉/六本木

grandHyatt-003-768x512
grandHyatt-016-768x512

2017年のバレンタイン限定でお目見えした「デザートピッツァ カルツォーネ」1,800円(税サ別)が、レギュラーメニューに昇格。

grandHyatt-031-768x512

イタリア産チョコレート、マスカルポーネチーズ、イチゴ、ラズベリー、ブルーベリーをピザ生地で包み込み、窯で焼いて提供。自家製バニラアイスとも好相性。

(Hanako1146号掲載/photo : Kayoko Aoki text : Emi Suzuki edit : Eri Tomoi)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る