t_MG_0760atari
2018.08.25

ヴィーガンから、全国の食材がダイレクトに味わえるものまで。 こだわりの逸品が楽しめる、おすすめジェラート専門店とは?

豊富なフレーバーやヘルシーさが魅力のジェラート。今回は、世界大会で受賞経験もあるグルテンフリーやヴィーガンなどヘルシー志向なものや、全国の食材のおいしさをダイレクトに味わえるものなど、こだわりの逸品が楽しめるおすすめジェラート専門店をご紹介します。

1.〈Premarché Gelateria 中目黒店〉/中目黒

〈Premarché Gelateria 中目黒店〉

長年自然食に携わってきた中川信男さんは、フェアトレードやオーガニックの考えをより広く知ってもらうために、ジェラート店をオープン。イタリアで修業したのち、京都で店を始めてから約10カ月で世界ジェラートコンテストに入賞した。

〈Premarché Gelateria 中目黒店〉

アレルギーや食文化などを超え、みんながおいしいジェラートを食べられるようにと全てグルテンフリーのフレーバーは40種類も。動物性素材不使用の“Vegan”、動物性素材は使わないがハチミツは使う“Beegan”など、誰もが安心して選ぶことができる。熱烈なファンが増加中だ。

MG_0957atari

100%お米のみで作ったジェラートや、モンブランなど、ユニークなフレーバーも多数。写真は、ねっとりとしたテクスチャーのピスタチオとマンゴーの2フレーバーカップ700円。オーガニックナッツ&フルーツのトッピングビュッフェ(+300円)もある。

MG_0985atari

〈Premarché Gelateria 中目黒店〉
2017年に京都の三条本店が、今年7月1日に東京・中目黒店が開業したばかり。
■東京都目黒区上目黒2-9-36
■03-6303-0141
■12:00~21:00(金土~22:22) 木休 
■16席/禁煙

2.〈HUSKY gelato 戸越店〉/戸越

MG_0699atari

新潟県魚沼市から生まれたショップ。魚沼の美しい水を使ったジェラートは毎日配送されてくる。日本全国の農産物のおいしさを知ってほしい、と新潟以外の食材も積極的に使用。傷みやすく生では出回りにくいイチゴ「越後姫」や、傷のついたB品のフルーツなどもジェラートにすれば味わえるため、生産者にも喜ばれるのだという。

MG_0704atari

素材の良さを生かすためにジェラートの全体量に対して食材の割合が多く、味わいはストレート。8種類のフレーバープレートには産地や生産者を記載し、お客さんも食材との出会いのきっかけになる。

MG_0760atari

北海道産カマンベールや岩手県産ミルクで作ったベースに、アーモンド、かぼちゃの種、くるみ、レーズンなどがゴロゴロ入った「カッサータ」と、愛媛〈岡野農園〉の南津海(なつみ)みかんを使った一番人気「みかんヨーグルト」のハーフ&ハーフ550円。

MG_0698

〈HUSKY gelato 戸越店〉
その場で盛ってもらえるディッピング、持ち帰りしやすいカップのジェラートがあり、フレーバーも豊富。
■東京都品川区戸越4-4-24
■03-6426-2251
■11:00~18:00 火休 
■7席/禁煙

(Hanako1162号掲載/photo : Kenya Abe text : Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る