〈東京ひつじ食堂〉
2021.04.23

「白ひつじ塩そば」や「ラムチョップ」など、ランチやちょい飲みにおすすめ。 ラム肉が主役の町中華。学芸大学に〈東京ひつじ食堂〉がオープン!

学芸大学駅から徒歩2分の場所に、ラム肉をメインにした町中華〈東京ひつじ食堂〉がオープンしました。ここは渋谷や原宿にある〈東京たらこスパゲティ〉の姉妹店。食事にもお酒にも合う中華料理をラム肉でアレンジ。試食会にお邪魔すると「羊肉が苦手な人でもおいしく食べてもらえるように」と色々な工夫がされていました。

羊肉が苦手な人でも楽しめる、ラム肉×中華の新業態。

学芸大学駅の東口商店街に4月23日(金)オープン。もとは系列の〈唐揚げ専門店・からやま〉があった場所。
学芸大学駅の東口商店街に4月23日(金)オープン。もとは系列の〈唐揚げ専門店・からやま〉があった場所。

低カロリーでヘルシーなラム肉をふんだんに使用した、新しい形の町中華〈東京ひつじ食堂〉。
「独特な匂いがちょっと苦手、というような方にもおいしく食べてもらえるように」と身近な中華料理として提供。手軽にラムを楽しめる業態になっています。

店内は、キッチン前のカウンターと2人掛けのテーブルの全26席。
店内は、キッチン前のカウンターと2人掛けのテーブルの全26席。

コンセプトやメニュー開発を担当したアークランドサービスホールディングス執行役員の中島さんは、
「羊肉料理が食べられるお店はここ数年でグッと増えています。中でもラム肉を使ったラーメンは多いですが、羊肉を使った中華料理を打ち出しているところはそれほどありません。ならば先んじてみようと、羊肉×中華という新しいジャンルを開拓しました」と話します。

店名を“東京ひつじラーメン”ではなく“食堂”としたのも、羊肉のさまざまな魅力を堪能してほしいからなのだそう。

ラム肉の魅力を活かした多彩なメニュー。

〈東京ひつじ食堂〉

メニューはラーメンに炒飯など、どれも馴染み深い料理。「ラムチョップ」や「ひつじ水餃子」といった一品料理も充実しています。
使用しているのはニュージーランド産、またはオーストラリア産の羊肉。特有の香りが強いマトンではなく、香りも肉質もやわらかいラム肉に絞っています。

ラーメンは全8種。トッピング違いで種類を増やすのではなく、すべて味を変えて個性を出しています。今回は店を代表する看板メニュー「白ひつじ塩そば」「黒ひつじ担々麺」「赤ひつじ麻辣麺」をそれぞれ試食させてもらいました。

意外にパンチがある「白ひつじ塩そば」。

「白ひつじ塩そば」980円。
「白ひつじ塩そば」980円。

時間をかけて煮込んだ羊骨スープに、自家製ラムチャーシューをトッピング。羊尽くしの「白ひつじ塩そば」。見た目あっさり系かと思いきや、白コショウのパンチが効いた強いスープ!その後、滋味深い羊骨の味がじわじわと口の中に広がります。

自家製ラムチャーシューは低温調理でやわらかくホロホロ。噛むごとにラム肉の香りが鼻に抜けていきます。シャキシャキのモヤシや紫玉ねぎ、干し海苔も良いアクセントに。

麺は平打ちのストレート。石臼引きの小麦を使っているそうで、小麦の香りがとても豊かに楽しめました。

芳醇&濃厚であとをひく「黒ひつじ担々麺」。

「黒ひつじ担々麺」1,080円。
「黒ひつじ担々麺」1,080円。

3種の中でもイチオシという「黒ひつじ担々麺」。芝麻醤を使ったスープは芳醇で濃厚な香り。甘みの後に辛みがあり、あとをひく味わいです。ぐるりとかけられた黒胡麻ラー油も香りが良く、辛みと痺れを呼びます。

トッピングは紫玉ねぎほかチンゲン菜も。こちらもシャキシャキです。ラムは肉味噌になっていて、細かくともジューシー。胡麻の風味があるからか羊肉の香りは控えめなので「羊肉が苦手だけどトライしてみたい」という方は「黒ひつじ担々麺」がおすすめです。

火鍋をイメージした「赤ひつじ麻辣麺」。

「赤ひつじ麻辣麺」980円。
「赤ひつじ麻辣麺」980円。

火鍋をイメージして作ったという「赤ひつじ麻辣麺」。八角の香りもふんわりと。旨みと辛みが交互に来るような、クセになる味わいです。

ラム肉はやわらかく煮込んだ後にほぐされており、ホロホロ&ジューシー。ラムの脂や肉の甘みが一番伝わります。

〈東京ひつじ食堂〉

こちらの「赤ひつじ麻辣麺」のみ、スープとの相性を考えて幅広の平麺を採用しています。もちもちしていて食べ応えバッチリ。

「羊の香りを楽しみつつ、ごはんにも合うように」との想いがあり、どのメニューも全体的に濃厚な味です。ちなみに半ライスは150円。思わず追加注文したくなりました。

やかんで提供されるお酒もあり。

「生レモンサワー」430円。
「生レモンサワー」430円。
「紹興酒」(ロック・ストレート・ハイボール)各430円。
「紹興酒」(ロック・ストレート・ハイボール)各430円。
「杏仁のお酒」430円。(写真はミルク割り。他、ジンジャーエール割りもあり)。
「杏仁のお酒」430円。(写真はミルク割り。他、ジンジャーエール割りもあり)。
「生レモンサワー」430円。
「紹興酒」(ロック・ストレート・ハイボール)各430円。
「杏仁のお酒」430円。(写真はミルク割り。他、ジンジャーエール割りもあり)。

ビールやハイボールなどお酒も提供あり。中でも「生レモンサワー」や「紹興酒」「杏仁のお酒」は自分のペースで飲めるようにと、やかんで運ばれて来るそう。

おつまみにぴったり、3種の味わいの「ラムチョップ」。

「ラムチョップ」塩・タレ・自家製スパイス 単品 各640円。塩のみ、ラーメンへのトッピング可能(その場合は500円)。
「ラムチョップ」塩・タレ・自家製スパイス 単品 各640円。塩のみ、ラーメンへのトッピング可能(その場合は500円)。

おつまみとしてぜひ楽しんでほしい!とお店が力を入れているのが「ラムチョップ」。
単品は「塩」「タレ」「自家製スパイス」の3種類。

「塩」はシンプルながらも白コショウを効かせて。「タレ」は醤油やオイスターソースをベースに。「自家製スパイス」は細かくしたフライドエシャロットとスパイスを絡め、ラムチョップの上にたっぷりとのせられています。

〈東京ひつじ食堂〉

ラムチョップは「塩」のみ、ラーメンのトッピングとして注文も可能。

食べてみると肉質のやわらかさと弾力感のバランスが良く、嚙みしめるたび羊肉の旨みが楽しめます。こんがり焼き上げられた表面もカリッとしていて香ばしいく、これはお酒が進みそうです。

〈東京ひつじ食堂〉

「頑張る女性を応援する」とつくられた〈東京ひつじ食堂〉。色々な料理との相性が良いラム肉の魅力を堪能できます。通し営業なので、普段の食事も軽く一杯にもおすすめです。

〈東京ひつじ食堂〉
■東京都目黒区鷹番2-16-18 Kビルディング1F
■03-5720-8610
■11:00~23:00(22:00LO)※まん延防止等重点措置期間中は11:00~20:00
公式サイト

田窪 綾
田窪 綾 / ライター

「調理師免許持ちのフリーライター。食分野を中心に、Webや雑誌で執筆中。白いごはんとごはんのおともがあれば幸せ。時々おにぎり屋めぐりも楽しんでいます。」

田窪 綾さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る