サンドイッチの宝庫!京都旅行で食べたい喫茶店サンドイッチ4選
2019.11.24

たまごサンドからフルーツサンドまで。 サンドイッチの宝庫!京都旅行で食べたい喫茶店サンドイッチ4選

京都には素敵な喫茶店がたくさん。中でも人気のサンドイッチは懐かしさのある味わいで、コーヒーとの相性も抜群で美味しいと話題に。今回は人気のたまごサンドやあんこトーストなど、風情ある京都の喫茶店メニューをご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.淹れたて珈琲に焼き立てのたまごサンド。こんな朝のスタート最高です。〈やまもと喫茶〉

朝7時から開店する白川通り沿いにある一軒の喫茶店、〈やまもと喫茶〉。扉を開けると同時に店内手前にある新聞を手に取り、席に着く常連さんの姿。お店の方との日常的なトークが耳に心地よく、早朝からゆるやかに時間が流れています。
早起きは三文の得って言葉がありますが、その言葉の大切さをこうも実感できる場所があるのなら、うっかり二度寝なんてしていられないなとシミジミ。名観光スポットも近くにたくさんあるので、ここ〈やまもと喫茶〉でおいしい尽くしの朝を迎えてから京都散策することを、To doリストに加えてみてはいかがでしょう。

朝のお供に欠かせない、焼きたまごサンド。

日に照らされて、神々しく輝く焼きたまごサンドは必食と言えるほどおすすめ。モーニングメニューにもラインナップしていて、朝はサラダとドリンクがセットで780円。ふわっとした口当たりに始まり、そっとサンドされたキュウリが京らしさと食感をプラス。ひと噛みした瞬間に溢れ出してくる濃厚な風味が口いっぱいに拡がります。黄色×白の器のカラーリングもベストマッチ!

カップのロゴも要チェック!カップに描かれた蝶ネクタイ。さりげなさがこれまたかわいい。ブレンドコーヒーのほか、クリームソーダやコーヒーフロートといった喫茶ドリンクも充実。

そしてそして、幸せな朝の〆に欠かせないのがこちらのプリン!器の上でプリンっと佇む姿は、艶やかすぎて光すら反射しちゃうほど。しかも朝の時間は+300円でオーダー可といううれしいサービスも。口の中でそっと溶けていくなめらかで懐かしい味わいは、珈琲と共に味わうとおいしさもさらに加速します。

〈やまもと喫茶〉
■京都市東山区白川通東大路西入ル石橋町307-2
■075-531-0109
■7:00〜16:30LO火休

2.旨さ弾けるサンドイッチをパクリ。老舗喫茶〈アマゾン〉で麗らかなカフェランチを。

46年以上も前から、変わらずこの地で営業。喫茶は一階以外に、二階も利用可。朝から世代・国境を超えた利用客で賑わうこの場所で、是非食べて欲しいのがサンドイッチ。これがたまらなく美味しくて、破顔必至の魅力を秘めているのです。

「和風トースト」650円

ぷるっぷるの出汁巻、刻んだ胡瓜、そして海苔を合わせた「和風トースト」。舌で味わう前にまず、嗅覚からすっかり虜になってしまう食欲そそる香り。この時点でもう笑みが溢れちゃうのだけど、口に運んだ瞬間、一気に広がる「和」の味わいに平常心を保つことができなくなります。

「ヒレカツサンド」900円

「もう腹ペコだ…」というとき、お腹を満たしてくれること間違いなしのサンドイッチ。肉厚の鹿児島産豚を使ったヒレカツは、噛めば噛むほど濃厚な旨味がジュワ〜。その旨味をさらに引き出すように添えられたキャベツが、ちょうど良いアクセントになっています!ハーフサイズでのオーダーも可能。

「ブレンド」380円

せっかくサンドを頬張るのなら、お店のブレンドも合わせていただきたいところ。セットでオーダーすると、300円になるお得なサービスもあるので、ぜひ。

〈アマゾン〉
■住所:京都市東山区鞘町通七条上る下堀詰町235
■定休日:水曜日
■営業時間:7:30~17:30(L.O 17:00)
cafe-amazon-kyoto.com

3.「昔ながら」なレトロムード漂う純喫茶で、「昔ながら」を味わう。〈喫茶 静香〉

昭和な雰囲気を色濃く残した、今出川通り沿いに佇む〈喫茶 静香〉さんは、80年以上も前から、この場所で営業しているという純喫茶店。街並みにマッチした佇まいが放つ老舗の風格と、誰でも気軽に受け入れてくれるような温かさが入り混じる世代を超えて愛されるお店です。

「フルーツサンド」450円

テーブルにもどんっとメニュー名が書かれているほど、個人的にも推しメニューなこちらのフルーツサンド。手作り感が伝わる優しい味わいで、口に入れた途端、溢れ出してくるフルーツたちが、もはや喜んでいるかにも思えてくるほど旬のフルーツがごろっとサンドされています。朝ごはんとしてもおやつとしても嬉しい絶妙なサイズ感!

「ブレンドコーヒー」400円

注文後、サイフォンで淹れられるブレンドコーヒーは、フードやケーキと合わせてオーダーすると、+200円で楽しめるというセットサービスが。詰まるところ、フルーツサンドにブレンドコーヒーをsetにすると、なんと650円で堪能出来てしまうという何とも良心的な値段設定なのです。思わず、お辞儀したくなりますね。

ホットケーキやオムライスなどなど、ほかにも「昔ながら」な鉄板メニューがフルといっていいほどラインナップしています。昭和の空気を居ながらにして体感出来るのが純喫茶の魅力。スローでノスタルジックな時の流れに身を任せて、心から癒されてくださいませ。

〈喫茶 静香〉
■京都府京都市上京区今出川通千本西入ル南上善寺町164
■9:30〜18:00(17:30LO)
■水曜休(祝日、25日は営業)

4.和気藹々とした街中喫茶でのんびりと。〈喫茶パーチ(Coffee Perch)〉

朝からご近所さんが訪れ、まるで生活の一部になっているかのように心地よく過ごしている姿。この落ち着いた空気感は、一体どれだけの時を経て漂うものなんだろう?と思って後々知った2015年にオープンしたお店だということ……。今回は、「街のコミュニティ場」という言葉がぴったりの「喫茶パーチ」さんにお邪魔してきました。

あんバターサンド(400円)

計4カットから成るあんバターサンドは、そろそろおやつタイムが始まる14時から提供がスタート。しっかりと焼き目のついたトーストにサンドされたあんことバターのマリアージュは、甘さと塩気が同時に押し寄せてくる絶妙なバランス感で、いくら食べても飽きが来ず、食べ始めると手が止まらないのなんの。サンドイッチに至るまで和気藹々としている仲睦まじさにただただ感動!

〈喫茶パーチ(Coffee Perch)〉
■京都府京都市上京区智恵光院前之町230
■8:00〜19:00
■第2,4金曜日定休&不定休

(text&photo:Kyonn)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

京都の素敵なカフェを紹介しています!

いつもどこかのカフェで過ごしているという、インスタグラマー〈きょん〉さんが、京都のカフェ&喫茶店をご案内。
そこで見つけた「ここに来たらぜひオーダーしたいひと皿」を、ピックアップしてご紹介します。京都ならではの時間がゆったり流れるカフェ体験を!(毎月第2・4土曜更新)
こちらから。

編集部

どれも食べに行きたい…!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る