tDMA-_MK_3369_k1
2019.08.23

芦屋発・高級食パン専門店も。 あの人気パンが好アクセスで買える!百貨店・商業施設に出店している名ベーカリー4軒

一度は行ってみたいあの名ベーカリー。わざわざ足を運ぶのは大変でも、駅直結・駅近の百貨店や商業施設に出店していたら、ショッピング帰りにも寄れちゃいますよね!今回は、東京都内の好アクセスな名ベーカリー4軒をご紹介します。

1.〈日比谷シャンテ〉〈ル・プチメックHIBIYA〉/日比谷

日比谷 ル・プチメックHIBIYA

京都発の名ベーカリーが東京に復活した。新宿店閉店以来、復活を待望していたファンは歓喜。新店舗は対面販売スタイル。ここで買うべきは、クロワッサン。

フランスに敬意を表し、王道レシピにアレンジを加えずに作り上げる正統派クロワッサン180円。
フランスに敬意を表し、王道レシピにアレンジを加えずに作り上げる正統派クロワッサン180円。

修業時代に、パリの老舗パティスリー〈ル・ノートル〉の味に感銘を受けたオーナーの西山逸成さんが、それに近づけるために試行錯誤して完成させた逸品だ。

海老とゆで卵を挟んだサンドイッチ430円は、まろやかなオーロラソースが決め手。
海老とゆで卵を挟んだサンドイッチ430円は、まろやかなオーロラソースが決め手。
クルミ入りのチャバタを使ったローストビーフとバルサミコ420円。
クルミ入りのチャバタを使ったローストビーフとバルサミコ420円。

そして〈ル・プチメック〉が得意とする48時間発酵のバゲットやチャバタなどのハード系のパンで、具材を挟んだサンドイッチ。これらを選べば、すぐに通認定。

(Hanako1165号掲載/photo : Michi Murakami text : Emi Suzuki)

2.〈玉川髙島屋S・C〉〈PANYA ASHIYA〉/二子玉川

SELECT 1本(1.5斤)650円
SELECT 1本(1.5斤)650円

兵庫・芦屋に本店を構える食パン専門店。国産と北米産を独自にブレンドした小麦粉を使用し、生地は低温で15時間じっくりと熟成。小麦の甘さを引き出し、舌で溶けるようになめらかな食感を実現した。おすすめは生地の食感を一番感じられる厚切りカット。購入時は必ず電話にて事前予約を。

〈PANYA ASHIYA〉
■東京都世田谷区玉川3-17-1 玉川髙島屋S・C 本館B 1
■03-5716-2741
■10:00~21:00 休みは施設に準ずる

(Hanakoシティガイド『ほっとする、二子玉川。』掲載/photo: Makoto Kujiraoka text: Akane Imoto)

3.〈東京ミッドタウン日比谷〉〈boulangerie Bonheur〉/日比谷

左から、クロワッサン 200円、しあわせなカレーパン 270円、ショコラブレッド(ハーフサイズ) 325円
左から、クロワッサン 200円、しあわせなカレーパン 270円、ショコラブレッド(ハーフサイズ) 325円

三軒茶屋で人気のお店が、満を持して日比谷に進出。厳選小麦とこだわり素材を使ったバリエーション豊かなパンが、より身近に楽しめる。

(Hanako1153号掲載/photo : Jun Fujiwara text : Masako Serizawa)

4.〈NEWoMan〉〈ベーカリー&レストラン沢村〉/新宿

「カスクルートジャンボン」580円
「カスクルートジャンボン」580円

国内外の小麦粉を使い分ける〈沢村〉。北海道産小麦とフランス産小麦をブレンドし、生地を長時間熟成させた風味豊かなバゲットに、ロースハムとエメンタルチーズをサンド。キノコのタルティーヌなど、惣菜パンも豊富。

〈ベーカリー&レストラン沢村〉
■東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan 2F フードホール 
■03-5362-7735
■ベーカリー7:00~22:00(レストラン~4:00) 不定休

(Hanako1133号掲載/photo : Hiro Nagoya text : Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る