見出し写真

この夏、女子会するならオイスターバーで決まり♡ ワインもグラスで飲み放題!ニューヨークスタイルの本格オイスターバーを体験してきました。 Learn 2017.06.14

2017年6月14日(水)、新宿駅直結のビル8階に〈新宿西口オイスターバー〉1号店がニューオープン。ニューヨークスタイルのオイスターバーとは!?店内はどんな雰囲気!?おすすめのメニューは!?そんな疑問を解決すべく、オイスターバー初心者のライターが内覧・試食会に参加してきました。

都内最多の15種がそろう!NYスタイルのオイスターバーとは?

写真1

新宿駅直結のパレットビルに着いたら、そのままエレベーターで8階へ。

「本場ニューヨークのオイスターバーで味わうような本格料理を、カジュアルに、かっこよく、楽しく」がコンセプトの〈新宿西口オイスターバー〉では、牡蠣が常時15種類以上取り揃えられています。この種類数、なんと都内最多!これには私のようなビギナーはもちろん、オイスター通たちも満足できること間違いなしです。

写真2
写真3
写真4

まずはコレ!絶対頼みたいメニュー3種。

写真5

お店の看板メニューがこちらの「オイスタープラッター」

8個入り、16個入り、24個入りがあり、産地ごとの生牡蠣を食べ比べしたい方にオススメです。(価格はそれぞれ3,800円/7,400円/9,800円)中でも24個入りは圧巻のスケールで、インスタ映えするとか!?もちろん単品から注文できるのでご安心を。

オイスターの組み合わせは基本的にはお任せだが、希望があれば好きな産地のものを指定できるとのこと。今回いただいた8個入りは、「ニュージーランド産」「アメリカ産」「北海道厚岸産」「三重県的矢産」の4種類。中でもアメリカ産は牡蠣特有の臭みがなく、口いっぱいに甘みが広がる逸品。

写真6

続いて注文したのが「チャウダー」(780円〜)。本場ニューヨークのオイスターバーにも必ずあるそうです。ホワイトクリームとトマトクリームの王道クラムチャウダーから、オイスターチャウダー、ロブスターのビスクがある中、私はオイスターチャウダーをいただきました。

熱々のオイスターチャウダーには、貝や牡蠣がこれでもかと言うほどゴロゴロ入っており、またガーリックの風味が口の中にパーッと広がる一品で、とても美味しかったです!少し冷えた体がポカポカ温まるので、中盤で頼むのがベター。

写真7

パンは無料かつ食べ放題なので、濃厚なチャウダーと一緒に食べるのもおすすめ。焼いて出してくれるので、その都度温かいパンがいただけます。

写真8

オイスタープラッター、チャウダーと並んで注文したいのが、パエージャことパエリア(1人前1,700円)。オイスターバーでパエリアが食べられるのは珍しく、このお店ならではだそうです。オーダーを受けてから米を炊くので、席に着いたら真っ先に注文しましょう!ちなみに2人前からなので、大人数でのシェアにぴったり。

オイスターバーで肉を食す!?

写真9

牡蠣や魚介があまり得意じゃない・・・という方には、肉メニューがおすすめ!特に、アウトサイド(ハラミ)は柔らかくて濃厚な旨味がギュッと詰まっていて絶品です。オイスターバーだからといって肉メニューを侮るなかれ。

たった2000円でワインが2時間飲み放題!しかも、グラスで!!

写真10

ワイン好きなら迷わず注文したいのが、2時間2000円のワイン飲み放題(赤・白・スパークリング)。しかも、グループの中で1人だけ飲み放題メニューにできるシステムが嬉しい。

写真11

試飲したい方は30cc、もう少し量を飲みたい方は60cc、お気に入りを見つけた方はたっぷり90ccと、サーバーから好きなだけ自由に注げるスタイルです。

お酒はワインのほかビールやハイボール、ウイスキー、カクテル、日本酒(獺祭・出羽桜・八海山)など種類は豊富!お酒が弱い私は、プレミアムフレッシュレモンサワーとフレッシュキウイソーダ(ソフトドリンク)をいただきました。フレッシュフルーツが目にも鮮やかで胸キュンです!

写真12

気取らないおしゃれな内装は居心地バツグン。

写真13

「カジュアルに、カッコよく、楽しく」のコンセプトは、内装にも表れていました。キメすぎないオシャレな雰囲気は居心地バツグン!お料理もボリューミーなものが多いので、3名以上の女子会や懇親会などで利用したいなと思いました。というわけで、次回の女子会はココに決定〜!

写真14

笑顔がとっても素敵な店長の川島さん。

「6月14日のオープン日限定で、生牡蠣含む全フードメニューが半額になるイベントを開催します!ぜひお気軽に、女子会などでのご利用をお待ちしております」

〈SHINJUKU NISHIGUCHI OYSTER BAR(新宿西口オイスターバー)〉

◆オープン:2017年6月14日(水)
◆所在地:東京都新宿区西新宿1-1-1新宿パレットビル8F(JR新宿駅直結)
◆TEL:03-6279-0184
◆営業時間:12:00~23:00
◆定休日:なし
◆客席数:86席

こんな記事もオススメ!
☆イマ東京で飲みに行きたいお店まとめはコチラ!
☆隠れ家的名店がひしめく渋谷の隣町・神泉の3軒はしごコースはコチラ!

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR