お先にデビューした経験者に聞きました!「ゴルフを始めて、どう変わった?」
お先にデビューした経験者に聞きました!「ゴルフを始めて、どう変わった?」

お先にゴルフデビューした経験者に聞いた!「ゴルフを始めて、どう変わった?」 Learn 2022.11.30

ゴルフはこれまでの自分を「変える」、大きなきっかけになることも。 ハナコラボパートナーほか、始めの一歩を踏み出した7人のリアルな声を聞いてみよう。

自分自身と向き合う時間が増えました。

ゴルフは4人1組でラウンドするけれど、スコアはそれぞれが出す個人スポーツ。ミスしても、うまくいっても、どんな結果も受け止めて、また新たな課題へと向き合う。集中力も高まるし、精神性がすごく磨かれる気がしています。

「苦手な早起きも楽しくなった!」
同時期に始めた友人の存在も大きな励みに。お互い“100切り”を目指し、コツコツと練習場にも通っています。早起きするとクリアな気持ちで一日がスタートできるので、心身の健康にもいいと実感しています。

男女、年齢関係なく交友関係が広がった!

ゴルフという共通の話題があると、初対面だろうと会話は盛り上がるし、一度ラウンドすればすぐに打ち解けられる。そんなスポーツ、ほかにない!ゴルフって、コミュニケーションツールとして最強だと思います(笑)

「“ノーマスク”で集えて飲み会よりいい!」
ゴルフはオープンエアだし、密にならないので、プレー中はマスクを外せるのもうれしい。思いきり深呼吸するだけで、気分はリフレッシュ。複数人で集まる時は、飲み会よりもゴルフ、です。

OLから動画クリエイターに。 人生が大きく変わりました。

動画制作会社に勤めていたOL時代、初心者代表としてMCに抜擢されたのがすべての始まり。スポーツと無縁で生きてきた私が、今や週のほとんどをゴルフコースで過ごしています。仕事も生活も交友関係も、全て変わりました!

「女性の視聴者も多いんです」
「女性視聴者から反響が大きいのは、私と同じくらいの腕前の人とのゴルフ対決。クラブの選び方、スイングのコツもそうですが、みなさん、私と自分を重ねてくださるようです」

「早起きして自然に囲まれて、毎日がヘルシーです!」
不健康だったわけじゃないけれど、以前は体を動かすことはまったくなく…(苦笑)。今は体幹を鍛えるなど、“ゴルフの上達のため”と思えば積極的に取り組んでいます。生活も当然、朝型に。

「交友関係もがらりと変化!」
芸人さんから、モデルさん、プロゴルファーまで。ゴルフをしていなかったら出会えなかった方々と、会話どころかゴルフまでご一緒できるのは、いまだに夢のようです。

旅先でのアクティビティにゴルフが加わって、大充実。

私にとっての旅は、“その地でゴルフをすること”。海外にもゴルフコースは必ずあるので、プランニングには困りません。プレー中、思いがけない絶景に遭遇した時は、ゴルフをしていなければ出会えなかったな、と感動しきりです。

「沖縄でもゴルフを満喫」
コース併設のホテルやヴィラに宿泊すれば、移動もスムーズ。お気に入りの旅先は、ゴルフ環境が最高な 沖縄、宮崎、高知。群馬なのに海外リゾートのような雰 囲気たっぷりの〈THE RAY SUM〉もおすすめです。

「家族と過ごす時間も増えました」
父と一緒にラウンドしたくて、月に1~ 2 回は帰省するようになったのも大きな変化。歳を重ねても楽し んでいる父の姿を見ると、すごく元気をもらえます。 家族の仲もより一層深まったような気がしますね。

運命の人と出会って、 結婚しました。

夫とは共通の友人の紹介で出会い、2人ともゴルフを始めたばかりということで意気投合。“ゴルフは性格が出る”といわれるスポーツだけあり、一緒にラウンドする度にお互いを知ることができました。ゴルフは婚活にも有効です!

「体型維持もできる!」
タイトなウエアやミニスカートを楽しんだり、インスタ用に動画や写真を撮ったり。それらがいい意味で、スタイルキープへの意識を高めています。太ったらすぐに筋トレ!

「同じ趣味だから休日も一緒」
休日でも旅先でも歳を重ねてからも…。一緒に楽しめる趣味があるのってすごく大きい。もうすぐ子供が生まれるので、将来は家族でラウンドするのが夢になりました。

起業してゴルフアパレルを立ち上げました!

身長158㎝ですが、痩せ型でフィットするウエアがなくて。ゴルフの醍醐味でもあるファッションを体型を理由に諦めたくない、と一念発起。学生時代、ゴルフ部に所属した経験も活かし、唯一無二のブランドを目指します(桃子)

「Instagramやnoteで発信、目指すはゴルフ界の〈ZARA〉!」
ゴルフウエアは高い、そんなイメージを覆すのも目標。手に取りやすい価格と機能性、その両立にこだわっています。オンライン限定での受注販売やギフティングはしないのも、そのポリシーゆえなんです。(華子)

普段はしないファッションをウエアで楽しんでます。

そもそも始めた動機が、かわいいゴルフウエアを着たかったから(笑)。街中ではなかなか着ることのできない色使いや脚見せスタイルも、ゴルフだと振り切れるから不思議。おしゃれなブランドも多く、選ぶのも楽しいです。

「ワンピースでゴルフも」
お気に入りのゴルフブランド は〈DESCENTE〉や〈LE.NAN〉、 〈Raffiuro Japan〉。このワンピースもそうですが、デザインだけでなく、動きやすさも考慮して選びます。買うのはもっぱらネットで、たまに百貨店ですね。

photo : Masanori Kaneshita text & edit : Yoshie Chokki

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR