FotoJet (1)

働く女性のための転機の準備/お金を「増やす」 あなたは家を「買う?借りる?」。都内と地方、それぞれの借りる派でコストを比較。 Learn 2022.06.20

生涯、家賃を払い続けるか。それとも思い切って家を購入するか。永遠の悩みでもあるテーマ、住まいとお金のこと。コロナ禍をきっかけに、家の存在意義を見つめ直す人が増えています。「買う」に踏み切った人、「借りる」選択にとどまった人。ます。今回は、都内と地方、それぞれの買う派でコストを比較。共通するのは「30代女性、一人暮らし」。年収や職種によっても住まいの選択は変わるけれど、一番大きなポイントは「どんなライフスタイルを送りたいか」。地方と都内、それぞれの住まいに関するお金事情を取材しました。

1.買う・都内/@東京都・世田谷

Nさんが運命の家に出会ったのは、中古物件紹介サービス「cowcamo」。「予算に見合う3000万円台の価格帯の物件が多く、いい点だけでなく懸念事項もオープンにしている点が信頼できると思ったんです」。
Nさんが運命の家に出会ったのは、中古物件紹介サービス「cowcamo」。「予算に見合う3000万円台の価格帯の物件が多く、いい点だけでなく懸念事項もオープンにしている点が信頼できると思ったんです」。

・Name:Nさん
・Age:30代
・Job:医療関係
・Income:年収約550万円

・購入時の物件価格:3000万円台(諸経費込み)
・間取り・広さ:1LDK・約42 m2
・築年数:45年(購入時)
・購入時の頭金:0円
・ローン支払額:12万円/月
・借入金融機関:大手メガバンク
・ローン返済年数:35年(変動金利)

「30歳過ぎまで貯金はほぼゼロ(苦笑)。なので、頭金を用意することは最初から考えていなかった」というNさん。当初はネット銀行や地方銀行でのローン借入れを検討していたが、広さや築年数が条件をクリア出来ず、結果的に大手メガバンクに。

寝に帰るだけの部屋から人が集まる我が家に。

憧れていた対面キッチン。
憧れていた対面キッチン。
窓には目の前の公園の緑が広がる。最上階だけに開放感も抜群。
窓には目の前の公園の緑が広がる。最上階だけに開放感も抜群。
棚やハンギンググリーンを打ち付けられるのも購入物件ならでは。
棚やハンギンググリーンを打ち付けられるのも購入物件ならでは。

小さな商店街が両脇に続く、どこか懐かしさ漂う東急世田谷線沿いのとある街。駅から歩いて5分もすれば緑豊かな公園にぶつかる人気エリアに、Nさんの家はある。購入した2年前は、まさにコロナ禍中。それでも「家を買う」と決断したのは、生活から“潤い”が消えたことがきっかけだった。「推しのライブもイベントも全て中止。帰省もできず、狭い部屋から出ない生活。気が滅入る毎日でふと頭をよぎったのが、母に前から勧められていた“家を買う”ことでした」

賃貸に住む=誰かのローンを肩代わりして払うこと。そう両親に言われていたことを思い出し、早速情報収集を開始。動き出してから約半年後、入って3秒で“ここだ!”と直感したという今の部屋に出会った。「最上階、角部屋、窓越しに見える公園の緑、遠くには東京タワーまで!築年数は経っているけれど、この眺望と日当たりはプライスレス。購入前に住んでいた賃貸に比べて広さは約2倍、月の支払いはプラス1・5万円。心配していた固定資産税も更新料とほぼ変わらなかったんです。狭い部屋に住んでいた頃は、休みの日は家にいたくないから出かけるので、結果的にお金を使っていました。今はむしろ、休日は一日中家にいたいくらい(笑)。友人が遊びに来る回数も増えて、生活の質は格段に上がったと言い切れます」

MY FAVORITE

2220425_48160
2220425_48175

55インチのテレビで推しのライブを見るのが至福の時間。
週末は“推し活”仲間が集合し、ライブDVDを鑑賞するのがNさんの楽しみ。「我が家に遊びに来た友人で、購入に踏み切った人も何人か。特にお金の話は聞くと勇気づけられるようです(笑)

2.5人掛けソファも楽々置ける13.2畳のリビングダイニング。
最大6 人までOK のダイニングテーブルとソファを置いても余裕のあるリビングダイニング。「この先ライフスタイルが変わっても、二人までなら十分ここで暮らせると思ったのも購入の決め手でした」

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR