IMG_8669 2

目の前は海!開放感がたまらない人気のサウナ! 【フィンランド】秋冬はヌード水泳も?ヘルシンキを感じる大都会のサウナ「Allas Sea Pool」に行ってみた Learn 2021.11.11

近年、日本では「空前のサウナブーム」ともいわれ、一人用サウナやテントサウナなど、趣向を凝らしたサウナが続々と誕生しています。今回は、サウナ発祥の地・フィンランドで見つけた現地らしさを存分に感じられるサウナを、現地在住のレポーターがご紹介します。

アクセスが良く、朝から夜まで楽しめるサウナ

IMG_8636

「Allas Sea Pool(アッラス・シー・プール)」は、都会の中心にあるためアクセスが良く、朝から夜まで楽しめるサウナ。ヘルシンキ中央駅から徒歩約18分、トラムに乗ると約13分で到着します。大きなプールと観覧車が目印で、目立つのですぐに見つかるはず。

IMG_5503

ヘルシンキの観光スポットとして人気の「ヘルシンキ大聖堂」や世界文化遺産の「スオメンリンナ島」などからも近いので、観光のシメとして最後にサウナでととのう、というのもアリかもしれません。

平日は6:30〜、土曜日は8:00〜、日曜日は9:00〜オープンし、21:00まで空いているので、朝から訪れてもOK。ヨガやストレッチのクラスも開催されており、早朝のサウナヨガもあります。サウナとプールがどちらも利用できるワンタイムチケットは、15ユーロ(約2,000円)。公式サイトで事前に購入するのがオススメですが、現地での購入も可能です。

ロウリュはお好みで!80度のサウナ

Allas Sea Poolには、男性用、女性用、カスタムの3つの電気温水サウナがあり、カスタムは予約が入っていないときは、男女混合サウナとして使われます。男女混合は水着着用必須ですが、男女別のサウナは裸でも水着でもOK。レポーターが訪れたタイミングでは、水着着用と裸の人がちょうど半分ずつほどでした。

IMG_8660

今回、入ったのは女性用サウナのみでしたが、広々としたスペースがあり、夏場の繁忙期を除けば寝転がることもできそうです。実際、寝転がっている人もチラホラ。レポーターが訪れた10月初旬のタイミングでは、わずかですが広い室内を独り占めできた時間もありました。

フィンランドのサウナは、基本的にロウリュ(熱したサウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させ、室内温度を上げること)は自由。ここでも、必要に応じて各自が用意されている桶に水を汲み、好みのタイミングでロウリュできるスタイルでした。

IMG_8662

現地の人は熱いサウナが好きなようで、比較的ロウリュは頻繁です。かくいうレポーターも、だいぶ熱いサウナに慣れつつあり、やはりロウリュなしでは物足りない! 周囲の反応を見つつ、何度かロウリュ。じゅわ〜と水蒸気が発生し、温熱に包まれる感じがたまりません。

現地の人は基本的にマイボトルを持参して、そこに水道水を汲んで飲んでいました(安心してください。フィンランドの水道水は安全でおいしいです)。敷地内でも購入できますが、なかなか良いお値段なので、マイボトルを持参するか、比較的価格が安いコンビニかスーパーでミネラルウォーターを購入するのがおすすめです。

目の前に広がる海!気持ちよすぎる外気浴スペース

IMG_8641

Allas Sea Poolの魅力はサウナスペースだけではありません。レポーターのイチオシは、視界いっぱいに海が広がる外気浴スペース。現地の人は、この時期の外気浴を好まないのか、ほぼ独占状態で使えたのも、また魅力的。

ゆったりとイスにもたれながら、大型の船や小型ボートが時折通り過ぎるのを静かに眺めている時間は、まさに至福。視線を上に向けると大きな空が広がります。この日は雲が多く、たまに太陽が顔を出すぐらいの天気。気温は13度と寒いのですが、サウナでしっかり温まると、しばらくは心地よく感じるほどでした。

IMG_8644

左を向くと、すぐ近くに観覧車が見えます。実は、この観覧車もサウナなんです。Allas Sea Poolとは別のサウナになり、2020年6月に誕生したばかりの「SKYSAUNA(スカイサウナ)」という施設。このSKYSAUNAは、1〜4人の利用で1時間240ユーロ(約31,000円)と、一般的なサウナと比べてグンと価格が上がります。

サウナのほかに屋外に設置されたジャグジーもあり、なんともラグジュアリー。より特別感のある体験がしたい方は、SKYSAUNAに立ち寄ってみてください。

27度の温水プールと冷たい海水プール

サウナと外気浴スペースだけでも満足度は高かったのですが、せっかくなので名物のプールも見学。ここには、温水プール、子ども用プール、海水プールの3つがありますが、秋になると子ども用プールは閉鎖されるので、レポーターが訪れた10月に利用できたのは2つのみでした。

IMG_8657
IMG_8656

こちらは、誰でも利用可能な約27度の温水プール。みなさん、気持ちよさそうに泳いでいました。レポーターも入ってみようと試みたのですが、深さは165センチ。深い! 身長153センチで泳ぎが苦手なレポーターは、足がつかない恐怖心からプールに降り立つことさえできず……。泳ぎが得意な方は、ぜひトライしてみてください。

IMG_8651
IMG_8638

続いて、海水プールへ。ご覧のとおり、ほとんど誰もいません。スタッフさんいわく、水温は10度とのこと。私がちゅうちょしていると、現地人の男性がやってきて「Too hot!(暑すぎる!)」と叫んで、勢いよく海水プールで泳いでいました。フィンランドでは、真冬にサウナに入ったあと、キンキンに冷えている湖に浸かるという健康法があり、それと比べれば確かに大したことはないのかもしれません。

この海水プールの海水は、すぐ横にある海から引いているのではなく、沖合のキレイな海から汲み上げられ、UV技術を用いてろ過されているそうです。ただし、ドブ色をしていて、おせじにもキレイとはいえません(笑)。

夏には、利用するお客さんが増えるのかもしれません。ちなみに、海水プールはさらに深く180センチ。泳ぎが得意ではない方は、気をつけながら利用してくださいね。

秋冬は、月イチで「ヌード水泳」が許可される

IMG_8654

レポーターが訪れた日は、女性用サウナを除き、もちろん誰もが水着を着用していましたが、Allas Sea Poolでは、秋冬に「ヌード水泳」が許可される日があるのだとか。

公式HPを見ていて驚いたのですが、「秋の夕暮れ時になると、ヌード水泳が盛んに行われるようになる」そう。「え、なぜ寒くなる秋冬に!?」と不思議でたまりませんが、これがフィンランド流のプールやサウナの楽しみ方なのでしょう。

10月〜3月にかけて、毎月決まった一日だけはヌード水泳が許可され、男女混合のサウナも裸で利用できるとのこと。フィンランドの公衆サウナでは、時に裸で利用する人がいるというのは知っていましたが、プールもOKとは……。

IMG_8637

そのほか、プールの周りにキャンドルを灯すキャンドルスイミングや、プールから満月を眺めるムーンライトスイミングも。ロマンチックな一夜を過ごせそうですね。興味がある方は、ぜひイベントの日を狙って訪れてみてはいかがでしょうか? イベント日程は、公式HPの「イベント」のページでチェックできます。

Allas Sea Poolは、地元の人たちと一緒にサウナとプールを楽しみ、ヘルシンキらしい雰囲気を味わうのに格好のスポット。カフェやレストランも併設されており、夏場はテラス席で海を眺めながら、爽やかな風を浴びるのが最高です! ぜひ、ヘルシンキ観光の目的地に含めてみてくださいね。

〈Allas Sea Pool〉
■Katajanokanlaituri 2 A, 00160 Helsinki, Finland
■+358 40 565 6582
■定休日なし(事前に公式HPでの確認をおすすめします)
公式サイト
※価格はすべて税込

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR