DSCF8157

Hanako読者にデザートプレゼント! 最高級のプライムグレード〈エンパイアステーキハウス ロッポンギ〉シャンパーニュ飲み放題フルコースで至福のランチタイムを。 Learn 2019.11.28

2017年10月に日本に初上陸してから、お肉を愛するグルメ通たちに高く評価されているという〈エンパイアステーキハウスロッポンギ〉。その実力は、ニューヨークの本店は全米No1レストランガイド『ザガットサーベイ』に9年連続で掲載されているほど。今回は、飲み放題付きでコスパの高い「シャンパーニュフリーフローランチコース」を試食してきました。Hanako読者への特典もありますので、お見逃しなく!

格付け最高位“プライム”のステーキに1,000本以上のワインも!

X20190920-2019-09-20-Empire1558

〈エンパイアステーキハウス〉は、1887年創業のNYステーキの老舗〈ピータールーガー〉で、25年以上の修業を積んだジャック・ジェフ・ラスのシナナジ・ブラザーズが開業したステーキハウスです。

IMG_0024

同店で提供される牛肉は、USDA(アメリカ農務省)で最高ランクに格付けされている「プライムグレード」のブラックアンガスビーフ。この極上の牛肉を専用熟成庫で21~30日間熟成し、旨みを最大限に引き出したあと、特注オーブンを使い900℃以上の熱で一気に焼き上げます。

中でも、「ステーキの王様」と言われる牛の最上位部位“シャトーブリアン”と“サーロイン”が同時に味わえる「エンペラーステーキ」は、グルメ通をも唸らせるほど旨みが凝縮されているのだとか!

2019年11月から提供を開始した「エンペラーラム」は、昨年日本への輸入が解禁されたばかりのUSラムを使用しており、日本ではまだ数えるほどのお店でしか食べられない逸品なんだとか! シェフいわく「一生に一度は食べたいラム」とのこと。

76722714_412369326311929_5472551447713284096_n

最高品質のステーキと相性のいいワインは250種1,000本以上をラインナップ! カリフォルニアを中心としたアメリカワインを中心に、世界各国のワインを取りそろえているため、お料理とのペアリングも堪能できますね。

1920年代のニューヨークを再現。豪華な内装に気分が上がる!

DSCF8124

内装のテーマは、1920年代のニューヨークの世界。シックなブラウンをベースに、アクセントのゴールドで彩られた内装はなんともゴージャス! 記念日など、いつもとは違う贅沢な時間を過ごしたいときに最適です。

バーカウンターやプライベートルーム、パーティルームの用意もあり、シーンにマッチした空間を選べるのも嬉しいところ。

コスパ最高!シャンパーニュ飲み放題のフルコースランチ。

DSCF8197

今回はHanako世代の女性に大人気だという「シャンパーニュフリーフローランチコース」9,800円(税サ込)をいただきました。

メイン料理は6種類(3種類のステーキ・サーモンのグリル・チキンパルミジャーノ・本日のパスタ)からセレクトでき、前菜盛り合わせ・ポテト・ベジタブル・パンが付きます。飲み物は、ビール・赤ワイン・白ワイン・シャンパーニュ・カクテル・ソフトドリンクが2時間、飲み放題です。飲み放題で提供されるシャンパーニュの銘柄は、季節ごとに変わります。

DSCF8212

食前酒としていただいた「シャンパーニュテタンジェ」の「グランクリュ」は、なんとノーベル章の晩餐会で提供されている高級酒! 華やかな香りとみずみずしい柑橘系の風味に加え、まろやかさも感じる繊細な味わいです。

DSCF8184

こちらは、メイン料理と見まちがえるほどボリュームたっぷりの前菜の盛り合わせ。この日はカプレーゼ、ジャンボシュリンプカクテル、ベーコンステーキの組み合わせでした。どれもアメリカンサイズで写真映えもバッチリ!

1cmの厚みがあるベーコンステーキは、脂身の旨みや香ばしさが最高。身がギュッと詰まったエビの弾力もたまりません。野菜やモッツァレラも新鮮そのもの!

DSCF8170

お待ちかねのステーキも! 上質な赤身肉が楽しめるフィレステーキをセレクトしました。

DSCF8222

厚みのあるステーキにナイフを入れると、美しい赤色をしたミディアムレアの断面が。何も付けずにそのままいただくと、感動するほど柔らかい食感とお肉の旨みがダイレクトに口の中に広がります。

ニューヨーク本店と同じレシピで作られたオリジナルのステーキソースを付けていただいてみると、程よい酸味が良いインパクトに。主張のある味わいを好む人はソースありがオススメです。塩コショウでシンプルにいただくのもまた贅沢。味わいの変化にも大満足でした。

X20190920-2019-09-20-Empire1429

ステーキはシャンパンやワインとの相性も最高! 飲み放題の特典を活かして、さまざまお酒とのペアリングを試してみては? きっと至福のランチタイムを過ごすことができるはず。

Hanako読者だけに「デザート」を無料サービス!

78530472_792655341176899_3938804921071042560_n

嬉しいことに、今回はHanako読者だけの特典をご用意いただきました。予約の際に「Hanakoを見た」とお伝えいただければ、9,800円(税サ込)のシャンパーニュフリーフローランチコースに無料でデザートを1皿プレゼント!(2019年12月31日まで有効)

毎日のご褒美に、特別な日の食事に、最高ランク・プライムグレードのステーキと高級シャンパーニュで贅沢尽くしのひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

〈エンパイアステーキハウス ロッポンギ〉

■東京都港区六本木6-7-11 1F(カンデオホテル1F)

■03-6721-1909

■11:30~15:00(フード14:00LO、ドリンク 14:30LO)、17:00~23:30(フード22:30LO、ドリンク23:00LO)、日祝~23:00(フード22:00LO、ドリンク22:30LO)
■無休

■100席
■禁煙
公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR