G4A736412

ふらっとお散歩がてら。 カフェもグルメも充実!お洒落デートにぴったりな街・下北沢を巡る美味しいプラン。 Food 2018.05.11

新宿から電車で約10分。数々の古着屋が集まることで有名な下北沢は、美味しいカフェやごはん屋さんも集結しているんです。1日楽しめる、とっておきのデートプランをご紹介します。

1.こだわり欧風カレーと裏名物のプリン〈YOUNG〉

G4A7328

カレーの名店ひしめく下北沢でもオススメなのがこちら。赤い波佐見焼のお皿にのっているのは、お店の一番人気であるドライカレーとチキンカレーの2種盛りCOMBO 1,250円。長時間炒めたタマネギと改良を重ねて調合したスパイス、成牛の骨からスープをとったフォン・ド・ブッフで作られたルーは、とろとろ&まろやか。フルーティな甘みの後から、ピリッとした辛さがやってくるクセになる味わいで、こってりながらぺロリと食べられる。自家製の福神漬けをお供にどうぞ。

G4A7247

カレーの専門店とは言えども、カフェのようにゆったりとした空間なので、くつろげること間違いなし。

G4A73641

裏名物とも言えるのが、このプリン(500円)。すぐに売り切れてしまうので、早めのランチがてら是非ご賞味あれ。

(Hanako1151号掲載/photo : Megumi Uchiyama text : Aya Shigenobu)

2.大迫力の肉々しいパテに感激するグルメバーガー。〈EIGHT BURGER’S TOKYO〉

G4A8419-1

アメリカンダイナーのような雰囲気の空間で食べられるのは佐世保バーガーをベースとしたグルメバーガー。

G4A8548-1

バンズは一つずつていねいに焼き上げる。肉だけでなく、実は野菜もたくさん食べられます。

とろけるチーズとシャキシャキの野菜がサンドされたエイトチーズバーガーは、頬張るのがやっとのボリューム。分厚いパテは、肉汁がたっぷりでジューシー。カリッと揚がったポテトとピクルスがついて1,080円(税込)という価格も良心的。

G4A8440

ビールなどのお酒も豊富にそろうので、軽く飲みたいときにもぴったり。

(Hanako1151号掲載/photo : Megumi Uchiyama text : Aya Shigenobu)

3.茶師十段の店主が香り豊かな泡シロップを作る〈しもきた茶苑大山〉

看板メニューは、京都宇治産の高級抹茶を使った「微糖抹茶あずき」1,300円
看板メニューは、京都宇治産の高級抹茶を使った「微糖抹茶あずき」1,300円

店主が“泡のシロップ”と呼ぶムースのようなエスプーマがかけられている。氷にすっと染み込み、一口食べると抹茶の豊かな香りと風味がふわっと広がっていく。お店で炊いている小豆も、ふっくらと品のいい甘さ。途中で、抹茶、ほうじ茶、白蜜、ミルク、黒蜜から選べる追加蜜をかけて味の変化を楽しむのもおすすめ。

自家焙煎ほうじ茶を使う「ほうじ茶」700円も人気。
自家焙煎ほうじ茶を使う「ほうじ茶」700円も人気。

二人でシェアして食べるのも良いかも!

G4A9634

まるで茶室のように落ち着いた雰囲気の店内。全国からファンが訪れるお店なので、毎日13時から整理券を配布しているので要注意!

(Hanako1151号掲載/photo : Megumi Uchiyama text : Aya Shigenobu)

4.好きな本や詩を読みながら特別なブレンドが味わえる〈本屋B&B〉

G4A5855

幅広いジャンルの本を1点ずつセレクトする名物書店。店内には椅子やテーブルもあり、中目黒と代官山にある〈CAFÉ FAC¸ON〉が焙煎するスペシャルティコーヒーが飲める。

G4A5925

また季節限定ブレンド500円には、詩人やアーティストが実際に味わい、そのイメージから描き下ろした一篇の作品が添えられる(配布枚数に限りあり)。キャンベルズパーフェクトティーの紅茶500円なども楽しめます。

(Hanako1151号掲載/photo : Megumi Uchiyama text : Aya Shigenobu)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR