モンカフェアレンジメニュー体験会_メニュー

コーヒーの香りと味で、ほっとひと息つきませんか? この秋にドリップコーヒー〈モンカフェ〉がリニューアル!自宅で作れる世界のコーヒーアレンジメニューも紹介♪ Food 2021.10.09

〈片岡物産〉が発売するドリップコーヒー〈モンカフェ〉が、この秋にリブランディングして新登場しました。今回はそのリニューアルを記念して開催された、〈モンカフェ〉を使った世界のコーヒーアレンジ体験会をレポート!ドリンクコンサルタント・野村空人氏が今回のために考案した、アレンジメニューのレシピもご紹介します♪

リブランディングされた、新しい〈モンカフェ〉とは?

モンカフェアレンジメニュー体験会_イベントの様子

コロナ禍で心の余裕が奪われている今、慌ただしい生活の中のちょっとした隙間時間に深く深呼吸をして、目の前のコーヒー1杯を無心になってドリップしてゆっくり味わってほしい。

そんな休憩を取ってほしいとの想いから、今回「だから、モンカフェで深呼吸。」という新たなメッセージとともに、メインビジュアルも一新したのだとか。

モンカフェアレンジメニュー体験会_商品

また、〈モンカフェ〉がこだわるドリッパーがコーヒーに浸からない構造を視覚化し伝えるため、パッケージもリニューアル。どれもカラフルなパッケージなので、どのコーヒーの味にしようか選ぶバリエーションの豊富さもひと目で感じられますね。

コーヒー鑑定士に教わる、ドリップコーヒーの淹れ方のワークショップ。

モンカフェアレンジメニュー体験会_ワークショップ

〈モンカフェ〉を使って、自宅でおいしいドリップコーヒーを淹れるコツも教わりました。

モンカフェアレンジメニュー体験会_ワークショップ2

ドリッパーについている爪をしっかり引き出して、カップに引っ掛けます。カップの口に引っ掛けることでドリッパーが底がコーヒーに浸からず、雑味のないスッキリとした味わいのコーヒーが味わえるんだそう。

モンカフェアレンジメニュー体験会_ワークショップ3

お湯をまずは少量、コーヒー全体に掛かるように注ぎ、10秒程度置いて蒸らします。

モンカフェアレンジメニュー体験会_ワークショップ4

そうすると、コーヒーからプツプツと酸素の泡が出てきます。これをしっかり出してあげてからお湯を注ぐのが、おいしいコーヒーを淹れるコツだそう。

モンカフェアレンジメニュー体験会_ワークショップ5

おいしそうなコーヒーを淹れられました。お湯の量は、ドリッパーがコーヒーに浸かない程度というのを守るように。飲んでみると、確かにいつもより雑味の少ないスッキリとした味わい!

世界のコーヒーアレンジドリンクを体験!

モンカフェアレンジメニュー体験会_アレンジメニュー作り

スタッフの方々が、〈モンカフェ〉を使ったアレンジコーヒーメニューを作ってくれました。実際に世界の現地で飲まれているコーヒーアレンジを、今回ドリンクコンサルタントの野村空人さんが〈モンカフェ〉を使って手軽においしく飲めるように考案されたレシピなのだとか。

モンカフェアレンジメニュー体験会_アレンジメニュー集合

こちらが、世界のコーヒーアレンジメニュー4種です。右から、「マザグラン」(ポルトガル)、「カフェコンセルベッサ」(スペイン)、「カフェデゼピス」(モロッコ)、「カフェオスト」(フィンランド)。

モンカフェアレンジメニュー体験会_マザグラン

「マザグラン」(ポルトガル)は、「モンカフェマイルドブレンド」にレモンとガムシロップを合わせた、レモンティーのコーヒー版のような一杯。レモンに酸味のあるコーヒーを合わせ、スッキリとした味わいです。

材料
・モンカフェマイルドブレンド1パック
・ウェッジカットしたレモン1/6個
・ガムシロップ1個
・お湯75g
・氷4個程度

作り方
グラスに氷を入れ、ガムシロップとレモンを絞り入れる。レモンの皮の部分を下にして入れると、皮からオイルが出て香りが立ちやすい。そこにマイルドブレンドをゆっくりドリップして入れたら、氷を入れて混ぜる。

モンカフェアレンジメニュー体験会_カフェコンセルベッサ

「カフェコンセルベッサ」(スペイン)は、「モンカフェスペシャルブレンド」にクラフトビールを合わせています。苦味をしっかり感じるスペシャルブレンドに、ホップの苦味をしっかり味わえるIPAのクラフトビールを合わせ、スッキリした黒ビールのような味。

材料
・モンカフェスペシャルブレンド1パック
・氷100g
・クラフトビールIPA80〜100g
・お湯75g

作り方
氷を入れたグラスに、スペシャルブレンドをゆっくり注ぎ入れる。注いだら軽くかき混ぜて冷やし、そこにビールを注ぎ入れる。ぬるいコーヒーで作るとぬるいドリンクになってしまうので、最初にしっかり冷たいコーヒーを作ってからビールを注ぐのがポイント。

モンカフェアレンジメニュー体験会_カフェオスト

「カフェオスト」(フィンランド)は、「モンカフェモカブレンド」となんとレッドチェダーチーズを合わせたドリンク。チーズのコクを感じる、新感覚の味わいのコーヒーでした。本場では深煎りコーヒーを使うようですが、今回は日本人の味覚に合わせた中煎りのコーヒーを合わせることでチーズの香りを立たせたのだそう。

材料
・モンカフェモカブレンド1パック
・(チーズが溶けるよう)いつもより熱めのお湯150g
・レッドチェダーチーズ10g

作り方
溶けやすいようカットしたチーズを入れたカップに、モカブレンドを注ぎ入れる。

モンカフェアレンジメニュー体験会_カフェデゼピス

「カフェデゼピス」(モロッコ)は、「モンカフェ手摘みコロンビアブレンド」とスパイスを合わせたチャイのような1杯。しっかり濃いめの味わいのコーヒーは芳醇な香りのスパイスとの相性も良く、飲むと身体の中からじんわり温まるこれからの季節におすすめのアレンジです。

材料
・モンカフェ手摘みコロンビアブレンド1パック
・お湯150g
・グローブ(ホール)6個
・ブラックペッパー(ホール)5個
・カルダモン(ホール)2個
・ナツメグ(パウダー)0.5g
・シナモン(パウダー)0.5g

作り方
最初に、スパイスをフライパンで煎って香りを立たせます。パウダーが少し色づいたらスパイスをカップに移し替え、手摘みコロンビアブレンドを注ぎ入れる。お好みで、カムシロップや牛乳を入れてもおいしい。

モンカフェ_商品

世界のコーヒーアレンジメニューを体験し、新たなコーヒーの魅力を発見できた今回のイベント。おうちでも簡単に作れるレシピばかりなので、ぜひおうちでの休憩タイムに試してみてくださいね♪

〈片岡物産〉ドリップコーヒー〈モンカフェ〉
■0120-941440(片岡物産 お客様相談室)
公式ブランドサイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR