THE PIG&THE LADY_main photo

ベトナム料理×オセアニア産ワインが楽しめる! 〈THE PIG&THE LADY〉のモダンベトナム料理に合わせた、「ワインペアリングコース」が新登場! Food 2021.04.22

恵比寿にある、モダンベトナムレストラン〈THE PIG&THE LADY(ザ ピッグ アンド ザ レディ)〉。4月9日より、『第4回A.S.I.アジア・オセアニア最優秀ソムリエコンクール』優勝経験を持つソムリエ・岩田 渉氏が厳選した、ワインとのマリアージュを楽しめる「スペシャルディナーコース ワインペアリング付き」がスタート!料理の味だけでなく食材の持つ食感や香りにもこだわった、奥深いワインペアリングコースをご紹介します。

ハワイに本店を持つ、モダンベトナムレストラン〈THE PIG & THE LADY〉。

THE PIG&THE LADY_店内

ハワイの〈THE PIG&THE LADY〉は、地元の人々や観光客から人気を集めるモダンベトナムレストラン。オーナーシェフであるアンドリュー・レイ氏は、ベトナム系2世。彼の母親が作るベトナム料理と自身が培ってきたフレンチのエッセンスとともに、地元・ハワイの文化も取り入れた〈THE PIG&THE LADY〉は、オリジナリティ溢れる料理を味わうことができます。

THE PIG&THE LADY_ソムリエ

ワインを選定したソムリエ・岩田 渉氏は、大学在学中に留学したニュージーランドでワインに興味を持ち、その後4年間ワインを勉強。ニュージーランドやオーストラリアをはじめ各国のワイナリーを巡った経験を活かし、今回オセアニアのワインからセレクトしています。

ワイン6種とモダンベトナム料理7品を楽しむ、「ワインペアリングコース」がスタート!

THE PIG&THE LADY_ワイン注ぐ
THE PIG&THE LADY_1本目ワイン

1杯目にいただいたワインは、ニュージーランド産の「ブランク キャンバス リースリング」。アルコール度数が9%と低めで、最初に楽しむのにぴったりのワイン。ユリの花やハチミツなどの香りがして、ほんのりとした甘味が感じれらます。

THE PIG&THE LADY_ワイン×前菜
THE PIG&THE LADY_前菜
THE PIG&THE LADY_前菜

合わせるのは、カリッと香ばしく揚げたソフトシェルクラブをライスペーパーで包んだ「ソフトシェルクラブの生春巻き」と、サクサクのパンの上に漬けマグロとアボカドにチリソースで仕上げた「アヒトースト」。

生春巻きの甘酸っぱいマムトムソースやソフトシェルクラブの香ばしい香り、アヒトーストのトマトマリナードの甘酸っぱさ、ライムの香りを、爽やかな酸味とほんのりと甘さが残るスムースな口当たりのワインが引き立ててくれます。

THE PIG&THE LADY_2本目のワイン

2杯目のワインは、ニュージーランド産の「アミスフィールド ソーヴィニオンブラン」。やや強めのハーブの香りが特徴で、ほんのりとしたバニラの香りがクリーミーな印象。ステンレスタンクとオークの2つで発酵させたブドウを合わせることで、新鮮さと複雑さを併せ持つワインに。

THE PIG&THE LADY_ワイン×カルパッチョ
THE PIG&THE LADY_カルパッチョ

合わせるのは、ビーツで一晩マリネしねっとりとした真鯛の食感が特徴的な「鮮魚のカルパッチョ レモングラスソース」。

ねっとりとした真鯛の食感がワインのクリーミーさとマッチするとともに、レモングラスやミント、ディルなどのハーブの爽やかな香りを引き立ててくれます。

THE PIG&THE LADY_3本目のワイン
THE PIG&THE LADY_3本目のワイン

3杯目のワインは、ニュージーランド産の「プロフェッツロック インフュージョン ピノノワール」。通常の赤ワインとは違って発酵中にブドウ果皮の浸漬(しんせき)をしないため、赤ワインながら淡い色合いでタンニンの渋みが少なく軽やかな味です。

THE PIG&THE LADY_赤ワインとサラダ
THE PIG&THE LADY_サラダ

合わせるのは、グリーンパパイヤやアルファルファ、ナッツ、デーツ、トマトなど、食感豊かな食材を合わせた「バーミーズティーサラダ」。

さまざまな食感やフレーバーを楽しめるサラダと、スパイスやラズベリー、クランベリーなど、アロマ豊かなワインとの相性はぴったり。

THE PIG&THE LADY_4本目のワイン

4杯目のワインは、オーストラリア産の「バードインハンド ネストエッグ シャルドネ」。樽の風味がはっきり感じられ、しっかりしたボディにほのかな果実の酸味がバランスの良い味わいです。

THE PIG&THE LADY_白ワインと魚のグリル
THE PIG&THE LADY_魚のグリル

合わせるのは、肉厚で脂の乗ったサーモンを丁寧にグリルした、魚のメイン料理「グリルド サーモン」。ヌクチャム(魚醤)を、スナップエンドウの持つ風味を活かした緑鮮やかなソースで仕上げています。

樽熟成由来のワインの香ばしいフレーバーがサーモングリルのスモーキーな香りを引き立て、洗練されたブドウの酸味がヌクチャム(魚醤)の酸味やサーモンの風味と良く調和しています。

THE PIG&THE LADY_5本目のワイン

5杯目のワインは、オーストラリア産の「カレスキー モッパ シラーズ」。シラーズは、オーストラリアを代表するブドウの品種。濃い褐色で、ブルーベリーやムスク、チョコレート、シナモンなどの香りと豊潤な味わいを楽しめるワインです。

THE PIG&THE LADY_赤ワインと肉メイン
THE PIG&THE LADY_肉メイン

ペアリングするのは、香ばしくグリルした豚肉を甘酸っぱいトマトのチャツネと濃厚なブラッターチーズと合わせた、肉のメイン料理「グリルド ポークチョップ」。

ジューシーな豚肉にオークの香り豊かな果実味溢れるワインを合わせることで、メイン料理をダイナミックに盛り上げてくれます。

THE PIG&THE LADY_シラチャーソース
THE PIG&THE LADY_シラチャーソースで味変

テーブルに置かれた甘酸っぱい風味が特徴の「シラチャーソース」で、料理を味変して楽しむことができます。ソースの甘酸っぱい味わいも、フルーティーなシラーズはしっかりと受け止めてくれました。

THE PIG&THE LADY_フォーとバインミー
THE PIG&THE LADY_牛肉のフォー
THE PIG&THE LADY_特製バインミー

最後の食事として、〈THE PIG&THE LADY〉の人気メニューと「牛肉のフォー」と「ビーフ バインミー フレンチディップスタイル」がワンプレートで登場。ワインは1回お休みして、お料理だけでいただきます。

この「ビーフ バインミー フレンチディップスタイル」はいつもお店で提供しているサイズと違い、ペアリングのために特別に作られた小さめサイズなのだそう。

THE PIG&THE LADY_6本目のワイン

最後にいただいたワインは、ニュージーランド産の「プロフェッツロック ヴァン・ド・バイユ」。今回セレクトした中で一番高価であり、日本に年間100本ほどしか輸入されないという希少な甘口ワインです。ずんぐりとしたボトルの形が可愛らしく、デザートワインのイメージにぴったり。

THE PIG&THE LADY_白ワインとデザート
THE PIG&THE LADY_黒ゴマアイスとマラサダ

合わせるデザートは、「リリコイ マラサダ 黒ゴマのアイスクリーム」。このワインは、マラサダの甘味と中に詰まったリリコイソースの酸味、どちらにも上手くマッチしてくれます。

ワイン6種に料理7品という、バリエーション豊かで大満足間違いなしのこの〈THE PIG&THE LADY〉の「スペシャルディナーコース ワインペアリング付き」12,000円。品数は多くてもお腹がいっぱいになり過ぎてお酒が楽しめなくならないよう、程良い分量に計算し尽くされています。

ベトナム料理とオセアニアワインという斬新なペアリングは、ワイン好きはもちろん、アジアンフードフリークの方もぜひ試してみてくださいね。

〈THE PIG&THE LADY〉
■東京都渋谷区恵比寿南1-4-15 恵比寿銀座クロスビル2F
■050-1743-1650
■スペシャルディナーコース ワインペアリング付き 12,000円
【4月のご予約限定で20%オフに!】
スペシャルディナーコース ワインペアリング付き 12,000円⇒9,600円
ご予約受付期間:4月30日まで ※ご予約可能日 4月30日まで
日本オフィシャルサイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR