左・「ショートケーキ」
「ベーシックなレシピですが、スポンジ、クリーム、フルーツ、それぞれがこだわり抜かれ、何よりバランスがすごくいい」。620円。『スイーツ通の人も、そうでない人ももれなく絶賛しています』(本多さん)

中・「パルファン」
「香りにこだわるケーキが得意なシェフのスペシャリテ。鼻に抜ける香りにうっとり」。つるんと口にとけるムースのドーム。600円。『バラ、苺、ジャスミンとベルガモットの組み合わせが絶妙』(スイーツOLなりさん)

右・「四万十栗のモンブラン」
「和菓子の栗きんとんを思わせる栗の濃密な香り。滋賀・朝宮茶のオーガニックほうじ茶の風味もひそんでいます」。750円。『お茶をいただきながら栗菓子を食べているよう』(chicoさん)

絶品新スイーツが勢揃い。 東急線沿線を巡る“スイーツさんぽ”。人気エリアで食べるべき絶品スイーツ6選 Food 2021.03.23

東急線沿線には話題のスイーツ店が勢揃い。そこで今回は、スイーツラヴァーたちもおすすめする東急線沿線のスイーツ店をご紹介します。見た目も味も新しくて美しい絶品スイーツは必食です。

1.〈INFINI depuis 2020〉/九品仏

左・「ショートケーキ」
「ベーシックなレシピですが、スポンジ、クリーム、フルーツ、それぞれがこだわり抜かれ、何よりバランスがすごくいい」。620円。『スイーツ通の人も、そうでない人ももれなく絶賛しています』(本多さん)

中・「パルファン」
「香りにこだわるケーキが得意なシェフのスペシャリテ。鼻に抜ける香りにうっとり」。つるんと口にとけるムースのドーム。600円。『バラ、苺、ジャスミンとベルガモットの組み合わせが絶妙』(スイーツOLなりさん)

右・「四万十栗のモンブラン」
「和菓子の栗きんとんを思わせる栗の濃密な香り。滋賀・朝宮茶のオーガニックほうじ茶の風味もひそんでいます」。750円。『お茶をいただきながら栗菓子を食べているよう』(chicoさん)
左・「ショートケーキ」
「ベーシックなレシピですが、スポンジ、クリーム、フルーツ、それぞれがこだわり抜かれ、何よりバランスがすごくいい」。620円。『スイーツ通の人も、そうでない人ももれなく絶賛しています』(本多さん)

中・「パルファン」
「香りにこだわるケーキが得意なシェフのスペシャリテ。鼻に抜ける香りにうっとり」。つるんと口にとけるムースのドーム。600円。『バラ、苺、ジャスミンとベルガモットの組み合わせが絶妙』(スイーツOLなりさん)

右・「四万十栗のモンブラン」
「和菓子の栗きんとんを思わせる栗の濃密な香り。滋賀・朝宮茶のオーガニックほうじ茶の風味もひそんでいます」。750円。『お茶をいただきながら栗菓子を食べているよう』(chicoさん)

南青山〈アングラン〉のシェフとして名を馳せた金井史章(かないふみゆき)さんが2020年1月に開いた店。「高尚になりすぎず、近所の子供たちがおつかいに来られるような店でありたい」と、土日には小さなシュークリーム80円も販売する。〈松屋銀座〉のショップ、桜新町のカフェ〈INFINI TOKYO YAMANOTE〉で買えるものも。

〈INFINI(アンフィニ)depuis 2020〉
■東京都世田谷区奥沢7-18-3
■03-6432-3528
■11:00~19:00 水休

(Hanako1193号掲載/photo : Kiichi Fukuda, Natsumi Kakuto text : Yuya Uemura)

2.〈ショコラティエ ル・プティ・ボヌール〉/九品仏

「マシュマカロン」231円。マカロンを半分にしたルックスで、カシスなど7種のフレーバーが。
「マシュマカロン」231円。マカロンを半分にしたルックスで、カシスなど7種のフレーバーが。
ショコラティエ ル・プティ・ボヌール 九品仏

オープン以来大阪で人気を博したショコラトリーが、シェフの結婚を機に、自由が丘に移転。リーズナブルでかわいいボンボンショコラはそのまま、東京でも「奇をてらわず、誰もがわかりやすいショコラを目指していきます」とシェフの廣嶋恵さん。大学で栄養士の資格を取り、卒業後はデパ地下フードの企画開発。しかし、お菓子好きが高じて一念発起。フランスの職業訓練校に通いながらパリ郊外の店で修業。その後パリ市内のショコラトリーに。「現地ではショコラが生活に根付いていて。それを日本でも広めたかったんです」。フランスやイタリア、ベルギーの上質なクーベルチュールを使いつつ、生のフルーツからきちんと作ったフレーバーをモットーに。マカロン型にマシュマロを潜ませた「マシュマカロン」、カクテルにヒントを得て、パインや柑橘が香りたつ「シンデレラ」など、工夫をこらした美味なショコラがズラリ。
遠方や大阪時代の顧客には通販も。運送費をプラスしてもうれしい味と価格は、今も大人気だ。

〈chocolatier LE PETIT BONHEUR〉
■東京都世田谷区奥沢6-28-6-102 
■03-5760-6110 
■11:00~19:30 日月休

(Hanako1169号掲載/photo : Tomoya Uehara styling : Reiko Ogino text & edit : Chiemi Makita cooperation : UTUWA)

3.〈L’atelier à ma façon〉/上野毛

唐津の富田さんのビオレソリエス(幻の黒いちじく)とマルサラ酒を利かせたザバイオーネのパフェ 2,800円(税込)
唐津の富田さんのビオレソリエス(幻の黒いちじく)とマルサラ酒を利かせたザバイオーネのパフェ 2,800円(税込)

パフェの名店で15年腕を振るった名手・森郁磨さんが築き上げたクリエイティブな発想と表現力、そして独創的な世界観にパフェ好きたちは虜。コーヒー、タイムを隠し味にした大人のパフェは、日本では珍しい黒いちじくが主役。「最近注目度が高いビオレソリエスを、アルザス産の黒ビールのブランデーと合わせていち早くパフェで表現。また、規格外ながらも品質の良いものを使うサステナブルな一面も見えました」(平岩さん)。2,800円(税込)。

〈L’atelier à ma façon(ラトリエ・ア・マ・ファソン)〉
■東京都世田谷区上野毛1-26-14
■10:15~15:00 不定休
■20席/禁煙

(Hanako1193号掲載/photo : Chihiro Oshima, Natsumi Kakuto(DORUMIRU)text : Ami Hanashima)

4.〈Triangle Cafe〉/二子玉川

〈Triangle Cafe〉二子玉川
〈Unlimited Coffee Roasters〉のコーヒー「ブラジル」を使い森シェフが手がけた「ティラミスモダニカ」1,600円。コーヒー「ゲイシャ」1,200円が合う。
〈Unlimited Coffee Roasters〉のコーヒー「ブラジル」を使い森シェフが手がけた「ティラミスモダニカ」1,600円。コーヒー「ゲイシャ」1,200円が合う。
新たなコラボ商品など、続々と新商品も登場予定。
新たなコラボ商品など、続々と新商品も登場予定。

2019年の大晦日、〈玉川髙島屋S・C〉にオープンした店がすでに大繁盛。〈LastNote〉の河崎賢司シェフ、〈L'atelier à ma façon(ラトリエ・ア・マ・ファソン)〉の森郁磨シェフ、〈Unlimited CoffeeBar〉のバリスタ松原大地さんというビッグネームが携わっていると聞けば、このスタートダッシュにも納得だ。それぞれのスペシャリテを味わえるだけでなく、この店でしか出合えないコラボスイーツも登場。「自分の店ではできないことに挑戦できる」と森シェフも手応えを感じているようだ。

(Hanako1181号掲載/MEGUMI text : Mariko Uramoto edit : Yoko Fujimori)

5.〈Au Bon Vieux Temps〉/尾山台

Au Bon Vieux Temps
Au Bon Vieux Temps

クラシカルな西洋風の店内。ショーケースには出来たての菓子や惣菜などがズラリと並ぶ。人気のシュー パリゴーは300円。シェフオリジナルブレンド紅茶のメランジュ スペシャルブレンド オーボン ヴュータンは茶葉も販売(110g入 1,470円)。

〈Au Bon Vieux Temps〉
■東京都世田谷区等々力2-1-3
■03-3703-8428
■9:00~18:00 火水休
■14席

(Hanakoシティガイド『気になる、自由が丘。』掲載/photo : Mina Soma, Junsuke Obi text : Satoko Kanai)

6.〈PATISSERIE ASAKO IWAYANAGI〉/等々力

『生あんずのミルクレープが絶品で大好きです(前園真聖さん)』
『生あんずのミルクレープが絶品で大好きです(前園真聖さん)』
〈PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI〉

2019年から登場したミルクレープには季節の果物を添える。前園さんが好きなあんずは6月頃。あんずのコンフィチュールとフロマージュブランクリームを重ね、コクと爽やかさを併せ持った一品に。現在は苺(750円。種類により変動)を販売。イートインは予約制。

〈PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI(パティスリィアサコイワヤナギ)〉
■東京都世田谷区等々力4-4-5
■03-6432-3878
■11:00~18:00 月火休(祝の場合は営業)
■26席(1月中は7席)/禁煙

(Hanako1193号掲載/photo : Kiichi Fukuda, Natsumi Kakuto text : Yuya Uemura)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR