メルシャン ビストロオーガニック オーガニックスパークリングN..

ワインと花のある生活を日常に。 今こそテーブルにワインと花を用意しよう!〈メルシャン〉が提案する『気軽に楽しむ♪エシカルライフ』。 Food 2020.09.05

自宅で仕事をする時間が増えた今、おうちでのオン・オフの切り替えが難しい…なんて方も多いのでは?そんな時、ワインとお花をテーブルに用意すれば、仕事モードも一旦リセットできちゃいそう。“エシカル”をテーマにオーガニックワインを展開している〈メルシャン〉が新商品の販売に合わせて、オンラインイベント『気軽に楽しむ♪エシカルライフ』を開催。お花とオーガニックワインのある暮らしを提案しています。

今、注目される“エシカルライフ”。

メルシャン オーガニックスパークリングN... ビストロオーガニック

オーガニックワインの販売を通して、“エシカルライフ”を提案している〈メルシャン〉。エシカルとは「道徳的に正しい」という意味で、オーガニックワインのような地球に優しい商品を選ぶことは“エシカルな消費”のひとつです。コロナ禍の新しい暮らしの中、人や環境に対して配慮する意識はさらにアップ。エシカルなアイテムを取り入れた暮らしにより注目が集まっています。

オーガニックワインを準備して…オンラインイベントスタート!

オーガニックスパークリングワインN... ビストロオーガニック メルシャン

事前に家に送って頂いた〈メルシャン〉の新発売のオーガニックワインと共にスタンバイ!〈メルシャン〉のオーガニックワインの販売量は前年比の約1.6倍。価格が高いイメージのあるオーガニックワインを、デイリーに楽しめる価格で提供し、毎日の暮らしに取り入れやすい気軽さが魅力です。

写真左より、山口さん、河島さん、長尾さん。
写真左より、山口さん、河島さん、長尾さん。

今回のイベントの発表者は3名。オーガニックワイン市場や新商品について説明してくれた〈メルシャン〉マーケティング部の山口さんと長尾さん。中央は株式会社RIN代表でドライフラワーを使用した空間装飾やアクセサリーを手がける河島春佳さんです。

新発売の「ビストロオーガニック ペットボトル」。

メルシャン ビストロ オーガニック

ペットボトルの気軽さが嬉しい、「ビストロオーガニック ペットボトル」は無農薬の有機栽培ぶどうを使用した、メルシャン藤沢工場で製造した国内製造品。醸造家のブレンダー技術により日本人に合うおいしさが追究されています。
試飲しましたが、赤・白共に軽い飲み心地が特徴で、するすると飲める優しい味わいでした。特に赤はブドウの甘い香りそっと広がり、柔らかいタンニンで口当たりの良さが格別。疲れた時ってこういう優しい味わいのワインが飲みたくなるんですよね。どちらも暑い日には冷やして飲んでもOKです。

メルシャン ビストロオーガニック ペットボトル

“フードマッチ製法”により「ビストロオーガニック ペットボトル」は家庭料理に合わせておいしくいただけるのが魅力です。このワインおいしいんだけど、今晩のおかずには合わない…なんて心配は無用。日々の暮らしに取り入れやすい味と価格って本当にありがたいですよね。

こちらは泡!新発売の「オーガニックスパークリングN...(エヌ)」。

オーガニックスパークリングN...

「オーガニックスパークリングN...(エヌ)」は、スペイン産の有機栽培ぶどうを100%使用し、メルシャン藤沢工場で丁寧に製造されたオーガニックスパークリングワイン。商品名のNにはNeo(新しい)、Natural(自然な)、Non chemical(化学肥料未使用)の3つの意味が込められています。こちらも「ビストロオーガニック ペットボトル」同様、するすると飲める軽やかな飲み心地。白・ロゼ共にほどよく果実の凝縮感が感じられ、ジューシーな味わいが楽しめます。

メルシャン オーガニックスパークリングN,,,

「オーガニックスパークリングN...」は、食事と合わせるだけでなく、おつまみと共にカジュアルに飲むのもオススメ。生ハムやチーズ、パンや食後のデザートに合わせてみたりと、気軽な食前・食後酒としても用意したい1本です。

密接な関係にある“ワイン”と“花”。

河島春佳さん メスタ メルシャン オーガニックワイン

廃棄直前の花を回収し、ドライフラワーにして空間装飾やアクセサリーなどの作品づくりを行っている河島さん。生花店でのアルバイト時に、廃棄になる花の多さにショックを受けたことから、独学でドライフラワーづくりを始めました。

メルシャン 気軽に楽しむエシカルライフ 河島春佳さん

パリでの花留学を経験した河島さん。そこで気付いたのはフランスの日常の食卓には“ワイン”と“花”が欠かせないということ。休日の朝はホストファミリーと共にマルシェに行き、お肉とチーズ、ワインとお花を購入。毎晩のディナーでは花をテーブルの中央に飾り、ワインと同様に花は食卓のマストアイテムだったそうです。

メルシャン 気軽に楽しむエシカルライフ オーガニックスパークリングワインN

ちょっぴりハードルが高く感じる、オーガニックワインやお花。でも生活に少し取り入れるだけで、心を豊かにしてくれます。お花を買っても花瓶がない!なんて人は、ワインボトルを花瓶代わりにするのもオススメ、と河島さんは提案します。

メルシャン ビストロオーガニック ペットボトル

「グラスや空き瓶にお花を飾るのも今っぽくてオススメ」と語る河島さんの言葉を聞いて、私も近所の花屋にいそいそ出かけて真似してみました。数本のお花を飾るだけで、部屋が明るくなり気持ちもなんだか晴れやかに。ワインとお花って、相性がいいんだなとしみじみしました。

おうちで過ごす時間が増えた今、手軽に飲めるオーガニックワインとお花で暮らしに彩を添えてみてはいかがでしょうか。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR