news_DSF5413

お気に入りの本屋さんで癒しタイム! ほっと一息。カフェ併設の個性派書店6軒〜その1〜 Food 2017.04.05

2回にわたってカフェ併設のこだわりが詰まった書店をご紹介。お店おすすめの本と充実したカフェメニューで、あなたの好きな世界観に浸ってみてはいかがですか?

1.〈かもめブックス〉/神楽坂

_DSF5413

神楽坂で長年愛された町の書店跡に誕生して2年ほど。陽射しの注ぐカフェでコーヒーの香りに迎えられると、視線の先には棚いっぱいの本。しかし不思議と圧迫感はなく、よく見ると棚ごとにテーマがあったり常連客のオススメ本コーナーがあったり。本好きならずとも誘い込まれて、やがて奥のギャラリーにたどり着く。出版を裏方で支える校正会社〈鴎来堂〉が手がける知の空間は、訪れる誰もが楽しめる場に。カフェと書店、ギャラリーは互いに独立しながらゆるくつながり合う存在。カフェへの本の持ち込みは購入してから。

_G4C3846

一般の新刊書店とは一線を画す品ぞろえ。選書には書店スタッフ全員が携わる。

_G4C3852

特集にあわせて、スタッフ手書きのひと言を添えた帯も作る。

_G4C3857

雑誌に特集があるように本棚にも特集があり、テーマは随時更新される。

『ひかり埃のきみ 美術と回文』福田尚代著
『ひかり埃のきみ 美術と回文』福田尚代著

現代美術家にして回文作家による作品集。

『あの素晴らしき七年』エトガル・ケレット著
『あの素晴らしき七年』エトガル・ケレット著

イスラエルの作家による戦時下の日常を描いた自伝的随筆。

「イングリッシュスコーン」(520円)、「ハンドドリップコーヒー」(500円)
「イングリッシュスコーン」(520円)、「ハンドドリップコーヒー」(500円)
DMA-_G4C3940

テイクアウトも人気。コーヒーは京都の自家焙煎豆専門店〈WEEKENDERS COFFEE〉から、焼き菓子は神楽坂〈ACHO〉から。

_DSF5431

神楽坂駅矢来口から徒歩30秒。青いテントが目印。

2.〈Title〉/荻窪

_DSF4677

青梅街道沿いに2016年1月、小さな書店が開業。店主は伝説の書店〈リブロ池袋本店〉でマネージャーを務めた辻山良雄さん。漫画雑誌や文庫本、ベストセラーもある一方、約4割は辻山さんらしい通好みな品ぞろえに。文学や芸術、社会から絵本まで書き手の切実な生き方を生の言葉で描いた本を読みながら、書棚の先にある隠れ家のようなカフェで静かな時間を過ごしたい。POPやサインは置かず、読み手と本が向き合える空間に。

_DSF4646

店奥のカフェからコーヒーの香りが漂う。

_DSF4752

「本って読む人がその人らしく生きるために必要なもの」と辻山さん。

『愛と家事』太田明日香著
『愛と家事』太田明日香著

自分と向き合うことを血が噴き出すほど切実に力ある言葉で描いた随筆。

『あひる』今村夏子著
『あひる』今村夏子著

何気ない日常を平易な言葉で描きながら背後に潜む闇を感じさせる作品。読んだ後で何かを考えざるをえないと辻山さん。

「フレンチトースト」アイスのせ(650円)
「フレンチトースト」アイスのせ(650円)
Titleブレンド450円は、吉祥寺の自家焙煎店〈珈琲散歩〉の豆を使ってハンドドリップ。
Titleブレンド450円は、吉祥寺の自家焙煎店〈珈琲散歩〉の豆を使ってハンドドリップ。

「Titleブレンド」450円は、吉祥寺の自家焙煎店〈珈琲散歩〉の豆を使ってハンドドリップ。

_DSF4754

ギャラリーでは展示や読書会などイベントも。

3.〈ブックカフェ二十一世紀〉/神保町

_DSF5503

SFやミステリ、映画・芸能、サブカルの分野で支持される古書店〈二十世紀記憶装置@ワンダー〉がカフェを設けて1年半。マニアから譲り受けたコレクションをゆっくりめくる楽しさもさることながら、本を軸にしたイベントの充実ぶりも人を惹きつける。著者によるトークショーや落語会など内容は様々だが、ここに来れば何かに出会える。窓は新たな世界に開いている。書架の本は閲覧自由で購入も可。

_DSF5470

落語本も充実。毎月1 回「日曜ぶらり寄席」も開かれる。

_DSF5487

昭和20年代の創刊号からそろう映画雑誌は映画館の主から譲り受けたもの。

『ファイヤー!』水野英子著
『ファイヤー!』水野英子著

トキワ荘の紅一点、“女王塚”と呼ばれたレジェンド漫画家による1970年代ロックカルチャーを凝縮した作品。絶版を手に取れるのも古書店の強み。

『万年前座 僕と師匠・談志の16年』立川キウイ著
『万年前座 僕と師匠・談志の16年』立川キウイ著

直門の弟子が談志の姿を生き生きと描く。

_DSF5536

「アップルタイザー」380円を飲みつつ、ゆっくりページをめくる。

「二十世紀オリジナルブレンドコーヒー」(280円)
「二十世紀オリジナルブレンドコーヒー」(280円)
_DSF5494

イベント詳細はHPから。

(Hanako1127号掲載/photo : Yoko Tajiro text : Mutsumi Hidaka)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR