〈蜂大咖啡〉自慢の香港スイーツ。左から、ウォールナッツクッキー20元、ひよこケーキ15元、あわびケーキ20元。
2021.06.03

第6回 秘密の台湾【REPORT #06】 【台北】創業65年の老舗喫茶店〈蜂大咖啡(フォンダコーヒー)〉へ。お土産に香港式スイーツを。

映画館やショップが並ぶ若者の街、台北の西門。にぎやかな場所にありながら、静かな佇まいを持つ喫茶店がある。台北を代表する喫茶店といえばここ〈蜂大咖啡(フォンダコーヒー)〉です。本誌連載『秘密の台湾』よりお届け。

「台北でのんびり朝食を取りたいならここ」と毛さんとアーロンさんが案内してくれたのが西門の〈蜂大咖啡(フォンダコーヒー)〉。トーストなどの朝食セットと香り高いコーヒーで素敵な朝を迎えることができる。創業して65年の〈蜂大咖啡〉は台北のランドマーク的なお店となっている。初代は養蜂家で、その後、コーヒー店を営むことになった時に「蜂」の字をお店の名前につけた。

店頭にPROBAT社の焙煎機が置かれ、コーヒーの香り
が店内を包み込む。オーナー自ら焙煎をする。
店頭にPROBAT社の焙煎機が置かれ、コーヒーの香り が店内を包み込む。オーナー自ら焙煎をする。

二代目の曹(そう)さんは台北市交響楽団のフレンチホルンの首席奏者、奥様はチェロ奏者だったという華麗な経歴を持っている。彼は店内で使用するお皿、テイクアウトのバッグなどのために店名とコーヒーの道具をあしらったオリジナルのデザインを作成し、ブランドイメージを作り上げた。

コーヒーのかぐわしい香りでお客様をお出迎え
コーヒーのかぐわしい香りでお客様をお出迎え
〈蜂大咖啡(フォンダコーヒー)〉
コーヒーのかぐわしい香りでお客様をお出迎え
〈蜂大咖啡(フォンダコーヒー)〉

コーヒーは人気の阿里山など7種の豆をブレンドした自家焙煎。〈蜂大〉の豆を買いに来るファンも多いほどだ。毎朝、曹さんがコーヒーを焙煎する。オリジナルの焙煎以外にも、日本から持ってきた水出しコーヒーのマシンが置かれて、ポツポツと落とされたコーヒーを使ったアイスコーヒーもおすすめだ。

〈蜂大咖啡〉自慢の香港スイーツ。左から、ウォールナッツクッキー20元、ひよこケーキ15元、あわびケーキ20元。
〈蜂大咖啡〉自慢の香港スイーツ。左から、ウォールナッツクッキー20元、ひよこケーキ15元、あわびケーキ20元。
ガラスポットに入っているのが評判の香港クッキー。台北人の人気のおやつでもある。店頭で販売されている。
ガラスポットに入っているのが評判の香港クッキー。台北人の人気のおやつでもある。店頭で販売されている。
〈蜂大咖啡〉自慢の香港スイーツ。左から、ウォールナッツクッキー20元、ひよこケーキ15元、あわびケーキ20元。
ガラスポットに入っているのが評判の香港クッキー。台北人の人気のおやつでもある。店頭で販売されている。

〈蜂大〉のモーニングセットに加えて、香港式のクッキーもここの名物になっている。店頭でクッキーを買って、店内でコーヒーを飲むことをルーティンにする常連さんも多い。

〈蜂大咖啡(フォンダコーヒー)〉

〈蜂大咖啡(フォンダコーヒー)〉

創業65年の老舗喫茶店。店頭に置かれた香港式のスイーツは、お土産としても親しまれている。
■台北市萬華區成都路42號
■02-2331-6110
■8:00~22:00 無休
■70席

Navigators

〈蜂大咖啡(フォンダコーヒー)〉

◆アーロン/〈時常在這裡〉のシェフパティシエ。食材本来の味が楽しめるスイーツが好き。幸せな気分になれるスイーツを作りたい。

◆毛家駿(マオ ジャジュンアーロン)/空間デザイナー兼カフェ〈時常在這裡(スーツァンザイザーリー)〉店主。台湾と日本を中心に実用的なものを探している。

(Hanako1197号掲載/photo : teikoukei text : phoebe wang coordination : Chen Tsuiwen produce : Hanako.taiwan)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る