ブルトンヌ
2020.05.18

第12回 見た目も可愛いオリジナル缶! バター香る〈ビスキュイテリエ ブルトンヌ〉のクッキー缶で、優雅におうちティータイムを。

良質な乳製品の産地として知られているフランスのブルターニュ地方。そこで作られたお塩や、こだわって選んだ上質なバターなどの材料を使って一枚一枚丁寧に作られたブルトンヌの焼き菓子。期間限定の人気商品「サブレ・シトロン」とともに、気になるオリジナルクッキー缶の中身をご紹介!

心躍る愛らしいパッケージ。

「サブレ・シトロン」8個入り(1,296円)、「ブルターニュ クッキーアソルティ〈缶〉」23個入り(2,484円)。
「サブレ・シトロン」8個入り(1,296円)、「ブルターニュ クッキーアソルティ〈缶〉」23個入り(2,484円)。

まるでヨーロッパの絵本の中に出てきそうなオリジナリティ溢れる世界観のパッケージ。食べる前から、食べ終わったあとの箱の使い道を考えたくなってしまいます。「サブレ・シトロン」ははりねずみとレモンが描かれていて、ちょっとした手土産にも嬉しい手のひらサイズ。

気になる缶の中身は・・・?

ブルトンヌ

缶を開けると芳しいバターの香りがふわり。綺麗に敷き詰められた、上品なクッキー達が顔を出しました。これは美しい・・・!食べるのが勿体無いと思ってしまいますが、意外とたっぷりの23枚入り。長く少しずつ楽しめちゃうのもいいところですね。

左から「ヘーゼルナッツ」「フランボワーズ」「キャラメル・サレ」。
左から「ヘーゼルナッツ」「フランボワーズ」「キャラメル・サレ」。

サクホロ食感の「ヘーゼルナッツ」は優しい甘さの中からヘーゼルナッツの香りが広がる、小さいながらも味わい深いクッキー。固めに焼き上げられた生地の中から甘酸っぱいコンフィチュールが味を引き立てる「フランボワーズ」は、渦巻き状の見た目も可愛らしい。「キャラメル・サレ」はキャラメルの甘みの中にほんのりゲランドの塩がアクセントになっていて(このお塩がまた美味しい・・・!)食べやすくも深みのある美味しさ。どれもシンプルながらも上質な素材の味が引き立っていて、丁寧に焼き上げられているのがよく伝わります。

左から「ガレット・ブルトンヌドゥミ」「ディアマン・ショコラ」「ピスターシュ」。
左から「ガレット・ブルトンヌドゥミ」「ディアマン・ショコラ」「ピスターシュ」。

クッキー缶の中で一番インパクトのある大きさな「ガレット・ブルトンヌドゥミ」は、厚みもしっかり2〜3cmほどあり食べ応えあるクッキー。中までしっかりザクザクとした食感で、ほのかにラムの香りが鼻から抜ける大人味。噛めば噛むほど発酵バターの甘みが口いっぱいに広がります。「ディアマン・ショコラ」はこれまでのクッキーとは一味ちがう、ショコラのほろ苦さが引き立つクッキー。側面にあしらわれたザラメが優しい甘さをプラスしています。一口サイズのピスターシュは、軽いメレンゲの食感の中からふんだんに乗せられたピスタチオの風味が押し寄せてきて、驚きながら一つ、また一つと手が伸びてしまう魅惑のクッキー。6種類、同じクッキーでも焼き上げ方やバターの使い方にこだわりが詰まっているため、食感や味が全く違ってとても楽しい!

ブルトンヌ

4月〜10月に限定発売している大人気の「サブレ・シトロン」は、お気に入りの檸檬皿でいただきます。先ほどのクッキー缶よりも少ししっとりとした食感の生地に、すりおろしたレモンの皮が酸味を効かせた爽やかなサブレ。上にかかったシトロンアイシングがシャリッとした歯ざわりとレモンのいい香りで幸せ気分。

ブルトンヌ

プレゼントや手土産に大人気の〈ビスキュイテリエ ブルトンヌ〉の焼き菓子ですが、たまにはリモートワーク疲れした自分へのご褒美として、自分のためのお取り寄せにしてみてはいかがでしょうか?ホッと一息だけじゃない、心地いい贅沢を味わえること間違いなしです。

〈ビスキュイテリエ ブルトンヌ〉
■0120-056-891
■9:00~17:00(平日)
※現在は10:00〜15:00の短縮営業
 (注文は24時間可能)
公式オンラインサイト

久保田 千晴
久保田 千晴 / ライター、カメラマン

「普段はIT企業の会社員。一日のほとんど、おいしいものと写真のことを考えています。趣味は、都内のホテルワーケーションと、プロジェクターで映画鑑賞。」

久保田 千晴さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る