IMG_1656
2021.01.18

おうち時間や在宅ワークに飽きたあなたに朗報! 東京ミズマチに都市型ホステル〈WISE OWL HOSTELS RIVER TOKYO (ワイズ アウル ホステルズ リバー トーキョー)〉がオープン!

世界中の旅人たちのために、ヘトヘトになるまで都会を味わい尽くすためのホステルを提供しているワイズアウルホステルズ(以下、ワイズアウル)。今回4つめのホステルとなる「RIVER TOKYO」は、川沿いで日当たり抜群のロケーション。ひとり時間を充実させられる、ホステルならではのプランは見逃せません!早速レポートしていきます!

これからはホステルも “シェア” の時代!?

1階ラウンジの全体図。
1階ラウンジの全体図。
可動式のテーブルは、打合せに便利そう。
可動式のテーブルは、打合せに便利そう。
1人で集中モードの時には、カウンターへ。
1人で集中モードの時には、カウンターへ。
日差したっぷりの川沿いの席は、気持ちいい!
日差したっぷりの川沿いの席は、気持ちいい!
1階ラウンジの全体図。
可動式のテーブルは、打合せに便利そう。
1人で集中モードの時には、カウンターへ。
日差したっぷりの川沿いの席は、気持ちいい!

1階のラウンジは、Wi-Fiや電源を完備。
レイアウト変更可能なデスクや、集中したい時に1人で過ごしたいカウンター、打ち合わせにも最適なカフェスペースなど、あらゆる目的に応えてくれるシェアオフィスのような空間です。

自宅でのテレワークはもう飽きた!集中できない!というあなたには、月額利用できる「マンスリー宿泊プラン」もオススメ。日中はリバーサイドからの日差しも心地よく、自宅でこもるよりも気分よく1日をはじめられそうですよ。

シモンズのベッドで眠れる!ドミトリールーム。

「ミックスドミトリーBUNK BED」(14名用3室)一泊1,500円(2021/02/28まで)、月額宿泊料36,300円〜(2021/02/28まで 15%OFF)、共益費11,000円。
「ミックスドミトリーBUNK BED」(14名用3室)一泊1,500円(2021/02/28まで)、月額宿泊料36,300円〜(2021/02/28まで 15%OFF)、共益費11,000円。
「女性ドミトリーBUNK BED」(14名用1室)一泊1,500円(2021/02/28まで)、月額宿泊料37,400円〜(2021/02/28まで 15%OFF)、共益費11,000円。
「女性ドミトリーBUNK BED」(14名用1室)一泊1,500円(2021/02/28まで)、月額宿泊料37,400円〜(2021/02/28まで 15%OFF)、共益費11,000円。
「ミックスドミトリーBUNK BED」(14名用3室)一泊1,500円(2021/02/28まで)、月額宿泊料36,300円〜(2021/02/28まで 15%OFF)、共益費11,000円。
「女性ドミトリーBUNK BED」(14名用1室)一泊1,500円(2021/02/28まで)、月額宿泊料37,400円〜(2021/02/28まで 15%OFF)、共益費11,000円。

1階には、4室のドミトリールーム(うち1室は女性専用ドミトリー)。
ドミトリーといえば、2段ベッドに上がるにはハシゴを登っていくようなイメージがありましたが、ワイズアウルではすべてのベッドに木製の階段が設えられています。
夜遅くに帰ってきて部屋が真っ暗でも、足元が危なくなくて安心〜!

そして何より嬉しいのは、どのベッドもシモンズのマットを使用しているということ。

「せっかく世界中から東京に来てくださったので、いっぱい遊んで欲しい。そして寝る時には良質な睡眠を提供したいという思いで、どのホステルもシモンズ製のマットを使用しているんです」と、マネージャーの延藤美和さん。

カーテンを閉めることでプライバシーは約束され、読書灯やコンセント、セーフティボックスも完備されているので、快適に過ごせます。
家族での宿泊にも良さそうなドミトリールーム、令和の時代ならではの新しい使い方がたくさんありそう!(ドミトリールームは、18歳以上のみ利用可。貸切予約時には子連れファミリーもOKとのこと)

1人でも、2人でも。「#ステイホテル」を楽しもう。

「ダブルルーム」(11室)一泊5,000円(2021/02/28まで)、月額宿泊料52,800円〜、共益費16,500円(1名)。
「ダブルルーム」(11室)一泊5,000円(2021/02/28まで)、月額宿泊料52,800円〜、共益費16,500円(1名)。
「ツイン(キング)ルーム」(12室)一泊5,000円(2021/02/28まで)、月額宿泊料59,400円〜、共益費16,500円(1名)。
「ツイン(キング)ルーム」(12室)一泊5,000円(2021/02/28まで)、月額宿泊料59,400円〜、共益費16,500円(1名)。
「ダブルルーム」(11室)一泊5,000円(2021/02/28まで)、月額宿泊料52,800円〜、共益費16,500円(1名)。
「ツイン(キング)ルーム」(12室)一泊5,000円(2021/02/28まで)、月額宿泊料59,400円〜、共益費16,500円(1名)。

2階には、23室のダブルベッドルームとツイン(キング)ルーム。
「マンスリープラン」利用者向けの部屋は、自身で家具や家電を持ち込めるよう、ごくごくシンプルにまとめられています。(マンスリー部屋には、ベッドのみの設置。)

個室は2名まで入居可能。
2階にあるキッチンで簡単な料理をつくることもできるので、パートナーと本格的な同棲前にここで練習というのもありかも!?

20201129_wise_river_side_06

共用部はシックなデザイン。
2階に鍵付きのシャワールーム、パウダールーム、男女別のトイレ、それにミニキッチンとコインランドリーが。
貸し浴衣や洗濯洗剤もオプションで借りることができるので、フロントに声を掛けてみてくださいね。

「ふくろう 360°」を活用しよう!

こだわりカレーなどのカフェメニューも楽しめる、フラットな座席。
こだわりカレーなどのカフェメニューも楽しめる、フラットな座席。
子どもたちとくつろげる空間。
子どもたちとくつろげる空間。
高架下のオープンスペースでは、キッチンカー販売などを予定している。
高架下のオープンスペースでは、キッチンカー販売などを予定している。
こだわりカレーなどのカフェメニューも楽しめる、フラットな座席。
子どもたちとくつろげる空間。
高架下のオープンスペースでは、キッチンカー販売などを予定している。

1階ラウンジにある、カフェBAR&イベントスペースの「ふくろう 360°」。
東京ミズマチ内で、キッチンカー販売やマルシェ、ワークショップ、音楽ライブなど、様々な表現の場として、誰もが活用できるチャンスを得られるスペースです。
子連れで集まってママ会、ちょっとした勉強会など、可能性は無限大。

この日試飲させていただいた、「グリーンスムージー」(600円)と「いちごスムージー」(800円)。
この日試飲させていただいた、「グリーンスムージー」(600円)と「いちごスムージー」(800円)。

「ふくろう 360°」では、大田市場の果物専門店“果物の達人”のバイヤーをしている原詩織さんが手掛ける人気スム ージー店「JUICE BY YOU(ジュースバイユー)」のスムージーが味わえます。甘すぎずさっぱりといただけて、宿泊中、小腹が空いたときの定番にしたいおいしさでした!

BARのメニューは、唐揚げや煮込みなどの定番のおつまみのほか、墨田区の豆腐店とコラボした豆腐メニューなどが展開されるとのこと。
旅行者にとって、地元産の食事がいただけることほど嬉しいことってないですよね。

さて、ワイズアウルといえば、名前に「ふくろう」がついているのが特徴。
国内に4カ所あるホステルには、いずれもどこかにふくろうのモチーフが隠れているんだとか!ちなみに八丁堀の1号店には、本物のふくろう(女将の「ハチ」)がいます。ふくろうに会えるホステルだなんて、たまりません〜!
もちろん今回の〈RIVER TOKYO〉にも、どこかにふくろうのモチーフが隠れていますよ!
東京ミズマチを散歩がてら、コーヒー休憩をしに行ってみてくださいね。

IMG_1644

〈WISE OWL HOSTELS RIVER TOKYO(ワイズ アウル ホステルズ リバー トーキョー)〉
■東京都墨田区向島1-23-3 東京ミズマチイーストゾーン
公式サイト

「ふくろう 360°」
■11:30〜20:00
(※当分の間は、20:00クローズ(19:00ラストオーダー))
■03-5637-8866
■不定休

山下あい
山下あい / PR・フリーライター

「インテリア業界でPRを担当したのち、フリーランスへ。ライフスタイルまわりで、コンテンツ制作やライターとして活動。猫と料理が大好き。」

山下あいさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る