この秋は〈シェイクシャック〉の期間限定メニュー「オータムマイタケバーガー」に注目!
2020.10.01

日本上陸5周年を記念したスペシャルバーガーが登場! この秋は〈シェイクシャック〉の期間限定メニュー「オータムマイタケバーガー」に注目!

ニューヨーク発の人気バーガーレストラン〈シェイクシャック〉が、この秋に日本上陸5周年を迎えます。これを記念し、9月30日(水)~11月3日(火・祝)までの期間限定でスペシャルメニューが登場しました!その名も、秋の味覚が詰まった「オータムマイタケバーガー」。“マイタケ”を使ったバーガーって、いったいどんな味なのでしょう?さっそくリサーチしてきました。
稲垣恵美
稲垣恵美 / フリーライター

「北海道出身。食、お散歩、ゆるいもの、ライブなどが好きです」

稲垣恵美さんの記事一覧 →

NY発の〈シェイクシャック〉が日本上陸5周年!

外苑前 シェイクシャック

ニューヨークから上陸し、いまやグルメバーガー店の代表的存在となっている〈シェイクシャック〉。モダンな雰囲気の中、本格的なバーガーやシェイクが食べられることでファンが絶えない人気店です。そんな〈シェイクシャック〉が、今年の11月に日本上陸5周年を迎えます。

外苑前 シェイクシャック

5周年を記念してこの秋に登場したのが、ニューヨークで開発された「オータムマイタケバーガー」と「マンダリンシソレモネード」の2商品。「オータムマイタケバーガー」は、ニューヨークでも好まれている日本食材「マイタケ」や「シイタケ」を、〈シェイクシャック〉自慢のパティに組み合わせた一品です。

これまでの周年記念メニューは、限られた店舗で1日限定しか販売されないことが多かったのですが、5周年では期間を延ばし、さらに日本国内11店舗で味わえるというスペシャルな内容です!

旬のきのこ×ビーフのうま味が詰まった「オータムマイタケバーガー」。

外苑前 シェイクシャック
写真のバーガーは、パティが一枚の「シングル」960円。

今回は、そんな限定メニューの2商品をセットで味わってみました。こちらが「オータムマイタケバーガー」と「マンダリンシソレモネード」です。バーガーはバンズからマイタケが豪快にはみ出していて、見た目からも迫力満点!

外苑前 シェイクシャック
たっぷりと入ったマイタケが大胆にはみ出しています!

まずは「オータムマイタケバーガー」から食べてみることに。一口かじると、パリパリッとした食感のマイタケとシイタケが口の中に飛び込んできます。2種類のきのこはフライされていて、食べ進めるたびにじわっと“うま味”があふれ出してくるかのようでした!〈シェイクシャック〉こだわりのホルモン剤フリーなアンガスビーフ100%のビーフパティともマッチしています。

ここまで肉ときのこが合う理由は、赤みそを使ったオリジナルのマヨソースやシソ、海苔など、“和”の要素をふんだんに盛り込んでいるから。食べ応えはしっかりあるのに、調和のとれた味わいで、何度でも食べたくなる美味しさです。

シソが香る新感覚の「マンダリンシソレモネード」。

外苑前 シェイクシャック
ドリンクにシソがトッピングされた斬新な見た目!

続いて、和のハーブである“シソ”がトッピングされた「マンダリンシソレモネード」をいただきます。こちらのドリンクは、〈シェイクシャック〉の人気ドリンク「オリジナルレモネード」に、フレッシュな味わいのマンダリンピューレをミックスし、さらにシソを漬け込んで香りづけしているんだそう。

シソを使ったジュースと聞くと「クセがあるんじゃ…?」と思ってしまいますが、爽やかな柑橘系の味わいにシソがほのかに香り、“大人なレモネード”という感覚で楽しめました。シソを使うユニークな発想は、まさにニューヨーク発の〈シェイクシャック〉ならではです!

シェイクシャック

旬のきのこをふんだんに使ったバーガーは、噛むたびに“和のうま味”と“秋の味覚”があふれ出す、日本人好みの味わいでした。一度食べたら、何度も食べに来たくなってしまうかも?

また、10月11日(日)までの期間は、20名に「オータムマイタケバーガー」が当たる『インスタグラムキャンペーン』も実施中だそう。気になる人は公式サイトをチェックして、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

「オータムマイタケバーガー」
■シングル 960円、ダブル1,260円
■日本国内11店舗(東京ドーム店以外)で販売

「マンダリンシソレモネード」
■520円
■日本国内11店舗(東京ドーム店以外)で販売
※いずれも2020年9月30日(水)~11月3日(火・祝)で販売(最終日が変更になる可能性あり)。

〈シェイクシャック〉公式サイト

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る