サクッと幸せ食感!たい焼き専門店〈たいの八(や)〉で良縁をつなごう。
2019.09.20

和菓子?洋菓子?手土産にもぴったりな新食感たい焼き! サクッと幸せ食感!たい焼き専門店〈たいの八(や)〉で良縁をつなごう。

昔から日本人に親しまれてきたおやつ、たい焼き。頬張るだけで、不思議と気持ちがほっこりしてきますよね。9月20日(金)、新宿にオープンのたい焼き専門店〈たいの八(や)〉では、そんな昔ながらのたい焼きを“新食感”にアレンジして販売するとのこと。甘いもの大好きな甘党レポーターが、さっそく味わいに行ってみました!

稲垣恵美 / フリーランス

「2017年に北海道から上京。週4で派遣をしながらライターをしています。食、かわいいもの、ライブハウスが大好きです!」

稲垣恵美
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

“幸せ食感”のたい焼きが新宿に登場!

洗練された和風のフードトラックが目を引きます。

国内外で幅広いジャンルの飲食店を展開する〈KICHIRI〉が、今度はフードトラックのたい焼き専門店〈たいの八(や)〉を新宿にオープンしました。車体は、幅広い年代の方に愛される“シンプル和モダン”な仕上がりです。

こだわりが詰まったたい焼き。

店名の由来は、めでたい・お祝い事・幸せといった意味合いが含まれているおやつ「たい焼き」と、末広がりという意味のある「八」を掛け合わせたんだそう。いかにも縁起がよさそうで、運気アップしてくれそうなネーミングですね!

それにしても、和のイメージがない新宿になぜたい焼き?と思う人もいるはず。その理由は、世界各国の人たちが集まるターミナル駅だから。もっと多くの人にたい焼きの魅力が広められる!という熱意のもと、この場所が選ばれたんですね。

極秘レシピで作られた生地と、上品な甘さの餡を黄金バランスで。

「たい焼き」200円。

たい焼きの生地は、モチモチ派やパリパリ派で好みが分かれるところ。しかし同店では、極秘のレシピで“サクッ”とした食感の生地を新たに生み出しました。焼き立てはまるで洋菓子のようなサクッと感、そして持ち帰りなどで冷めたときはモチッと感を。食べるタイミングによって、2度楽しめる特製生地です。

甘い物が苦手な人でも食べられちゃうかも?

そして餡は、生地に合わせた甘すぎないものに。北海道十勝産の小豆を、北海道産の甜菜糖(てんさいとう)で炊き上げ、さらに藻塩を隠し味として使用することで、上品な甘さへと仕上げられています。さずが研究し尽くされているだけあって、サクッと軽めの生地に甘さ控えめの餡がよく合います!

アツアツたい焼き×ひんやりソフトが美味しく溶け合う!

「たい焼きソフト」500円。

そしてこちらも注目したい、たい焼きとソフトクリームを一つのカップで食べられる「たい焼きソフト」。北海道プレミアムバニラ、宇治抹茶の2種類の味から選べます。アツアツのたい焼きとひんやりしたソフトクリームが絶妙でした!

「加賀棒ほうじ茶(冷茶・温茶)」250円。

また、たい焼きと合わせていただきたいのが「ほうじ茶」。たい焼きに合うお茶を色々試して、ほうじ茶が選ばれました。茶葉の種類は、有名な加賀棒を採用。すっきりとした飲み口が、たい焼きの甘さと優しくマッチします。

メッセージ付きラッピングで気持ちを伝えよう!

さりげなく気持ちを伝えられそう!

買ってそのまま食べ歩くのもいいですが、取引先への手土産や、いつもお世話になっている人へのちょっとした贈り物にもたい焼きは大活躍するんです!

というのも、同店では最大6個まで入る「お持ち帰り箱」(50円)に加え、おしゃれなラッピングを楽しめる「おめかし箱」(80円)を用意。「おめかし箱」は、6種類のカラー紐と、「いつもありがたい」「おめでたい」など縁起のいいメッセージが書かれた7種類の熨斗シールから好きなものを選んで、その場でラッピングすることができます。渡したい相手へ思いをさりげなく伝えられるのがいいですよね!

ぜひみなさんも新宿に行った際は、たい焼きで良縁をつないでみては?

〈たいの八(や)〉
■東京都新宿区新宿3-37-1
■080-4179-2365
■11:00~23:00
■無休
※価格はすべて税込み。10月以降も価格変動なし。

稲垣恵美

おめでたいおやつ「たい焼き」は、食べるだけで幸せな気分になってきます!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る