1225HNCC_1051_dDN
2022.01.30 — Page 1/2

あふれ出すチョコレートを知る物語。 【2022年】美しいチョコレートブランド6選。ショコラティエの技術が鮮やかに咲き誇る!

2022年も、数多くのショコラティエが手掛けたおいしくて美しい個性豊かなチョコレートが登場。その魅力を知るキーとなるつ4の物語をご紹介します。今回ご紹介するテーマは『才能の芽吹き』。1月28日(金)発売 Hanako1205号「ときめく!スイーツ大賞」よりお届け。
無題(1)

1.【A, B, C, D】〈teal(ティール)〉/茅場町

〈パスカル・ル・ガック〉出身の眞砂翔平シェフと〈ease〉の大山恵介シェフがタッグを組んだ店。数々の賞を受賞するなど確かな技術を持つ眞砂氏のチョコレートには、大山氏独特の食材の掛け合わせの巧みさも活きている。A.カカオ980円、B.紅まどんなとあまおうのチョコレートタルト980円、C.板チョコナッツ918円、D.チョコレートバー&キャラメルバー4個セット2,108円。

〈teal(ティール)〉
■東京都中央区日本橋兜町1-10日証館1F
■03-6661-7568
■11:00~18:00 水休
■8席

2.【E, F】〈MAISON CACAO〉/横浜

ショコラティエでありブランドディレクターでもある石原紳伍さん。彼が手掛けたアロマ生チョコレートブランドの 2022 年のテーマは「 APPLAUSE 」。自らの足で日本各地を探し発掘した国産の素晴らしい食材の味をダイレクトに満喫できる新作 11種を発表。それぞれに込めた想いを味、パッケージ、詩、音楽で表現する。E.「SWING」2,808円、F.「WONDER」2,592円。〈NEWoMan横浜店〉

〈MAISON CACAO〉
■神奈川県横浜市西区南幸 1-1-1 NEWoMan横浜1F
■045-548-6212
■11:00(土日祝10:00)~20:00 不定休

無題

3.【G, H, I, J, K, L】〈Chocolaterie & Bar ROND-POINT by Hirofumi Tanakamaru〉/中野坂上

坂上蜂蜜メーカーが手掛ける〈パティスリー QBG 〉でシェフショコラティエとして腕を振るっていた田中丸博文さん。昨年 10 月にオープンした自身の店でも、表現したい味に合わせて蜂蜜とハーブを何種類も組み合わせ、大自然の中にいるようなフレッシュで爽快感満点のチョコレートを生み出す。G.シナ蜂蜜、H.エルダーフラワー、I.ラベンダー、J.レモングラス、K.ピスターシュ、L.バニラ各 324 円~。

〈Chocolaterie & Bar ROND-POINT by Hirofumi Tanakamaru〉
■東京都中野区中央 2-47-2 コートフェニックス1F
■03-5989-1585
■11:00~18:00 月火休

4.【M】〈上野菓子研究所〉/銀座

〈上野菓子研究所〉のパティシエ上野啓介さんが2021年に伊勢丹新宿店で開催された「フランス展」をきっかけに発売した商品。そのおいしさが大好評で、バレンタインに再登場することに。長野県飯綱町のドライリンゴのチップをふんだんに使い程よくローストしたアーモンド、サクサクのフィヤンティーヌにベルギー産ホワイトチョコを合わせて仕上げた爽やかなリンゴの香りのクランチ。M.グラニーショコラ 1,620円。

〈上野菓子研究所〉
■銀座三越の銀座スイーツコレクション 2022(~ 2/14 )で販売
■03-3562-1111(代表)

5.【N】〈THE LAB〉/自由が丘

昨年 7 月にオープン以来大人気のガトーショコラが看板商品の店。オーナーでチョコレートアーティストの澤田明男さんが手掛けるのは超微粒子状のメレンゲを使用し、まるでチョコレートの雲を食べている感覚に陥る新食感のガトーショコラ。カカオは3種をブレンド。中でもエクアドル産アリバ種のカカオ豆が口の中で芳醇かつフローラルな果実の香りを演出する。N.ザ ショコラ3,800円。

〈THE LAB〉
■東京都目黒区自由が丘 2-9-8
■03-4500-1534
■11:00 ~売り切れ次第終了 水木休
■3席

6.【O, P, Q, R】〈Sachi Takagi〉

京都のパティスリー〈RAU〉より〈Sachi Takagi〉が誕生。シェフショコラティエール高木幸世さんの考え方を植物の力で表現する。第 1弾の「Chocography」はプランツベース(植物性)材料で作られる瑞々しい生チョコレート。ビーントゥバー製法で、花びらや風に揺れる木々、空の青さ、雲の流れ、差し込む光など、植物を包み込む自然界をイメージする。O. Lychee、P. Orange 各2,600円、Q. Lemon、R. Coffee各1,800 円。オンラインのみで販売。
■0120-983-650

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る