無題 (3)
2022.06.27

プロに教わる緑と花の楽しみかた。 vol.2『育てがいのある植物5選』〈園藝と再生〉に教えてもらう、失敗しない観葉植物との付き合いかた。

暮らしに緑や花を取り入れるなら、手入れの方法や必要なことを知っておきたい。その道のプロが教えてくれた初歩の基本とコツ。まず、それだけ分かれば植物との関係がより良くなるはず。今回は、さまざまなグリーンプロダクトを手がける〈園藝と再生〉に観葉植物との付き合いかたを教えてもらいます。まずは初心者向け。慣れてきたらより育てがいのある植物にチャレンジしたい。
FotoJet

1.半ひなた~半ひかげ「リプサリス」紐のように垂れ下がる見た目が特徴的。

サボテンの一種で樹木の幹や枝に着生(ちゃくせい)していることから森サボテンとも呼ばれる。湿気が好きなので霧吹きをしてあげると◎。4~6月に葉先に小ぶりの花が咲く。

2.半ひなた「ビカクシダ」鹿の角のような大きな葉がぐんぐん伸びる。

シダの仲間でコウモリランとも。大きく育つので育てがいがある。樹木や岩などに着生して生長するので、鉢植えだけでなく板付けや苔玉にするのも人気がある。

3.半ひかげ「繻子蘭(しゅすらん)」可憐な花を咲かせてみたい。

台湾や日本の暖かいエリアに分布するラン科の多年草。珍しく多種でマニアも多いジュエルオーキッドの一種。1年に一度花が咲く。乾燥に弱いので湿度管理をしっかりとして。

4.半ひなた「ソフォラ」ユニークな形に伸びる枝ぶりを観察しよう。

ニュージーランド原産。細くて華奢な枝をジグザグに伸ばすのが特徴的で、その見た目からメルヘンの木とも。小さな葉が落ちやすいので、風通し、日当たりの管理をしっかりする。

5.半ひかげ「リュウビンタイ」エキゾチックな雰囲気を 醸し出す、大型になるシダ植物。

日本南部、台湾、東南アジアなどが原産のシダ植物。耐陰性があり、室内でも育てやすいが、湿度管理はしっかりするのがおすすめ。環境が良いと葉が大きく育ち、見応えあり。

◆ひなた:一日中、日が当たっている(6時間以上)
◆半ひなた:1日3~4時間、日が当たっている。
◆半ひかげ:日中3~4時間は木漏れ日程度の日が入るが、あとは日が当たらない。

お悩み別おすすめグリーン。

0423HNk_0071_bDN
無題 (4)
無題 (6)
無題 (7)
無題 (8)
0423HNk_0071_bDN
無題 (4)
無題 (6)
無題 (7)
無題 (8)

1.忙しくて、毎日世話ができない!
A.「水耕栽培」ならたまの水替えだけで大丈夫。

水耕栽培用の苗をお好みの花器で。根がしっかり生えているなら水はなくなってからあげればOK。サトイモ科のモンステラやサボテンなどがおすすめ。

2.置き場所がお風呂場でもいい?
A.湿気のある場所なら「苔玉」を選んでみては?

湿度がある場所なら苔玉向き。根や葉から吸水するのでお皿に少し水を張る程度でよく、手間もかからない。アスプレニウムなどのシダ系がおすすめ。

3.一日中、日が当たらないんです……。
A.耐陰性が強く、丈夫な観葉植物を選べば問題ナシ。

サトイモ科のクワズイモ、フィロデンドロンなど耐陰性の強いものを。とくにアグラオネマは蛍光灯の光だけでも大丈夫。ただ週に何回か日光浴をさせて。

4.部屋が狭くて置き場所がない!
A.「ハンギング」で映える垂れ下げ系の植物を選ぼう。

フィッシュボーンカクタスやグリーンドラムなどの多肉植物は育てやすく、育ってくると長く垂れ下がる。グリーンを吊り下げて、スペースを有効に。

Navigator…田島大地(たじま・だいち)

園芸と植物のライフスタイルプロジェクト〈園藝と再生〉を運営。6/5(日)に池尻のビストロ〈kongtong〉でのマーケットイベントに出店。Instagram:@engeitosaisei

(Hanako1209号掲載/photo : MEGUMI , Miho Kakuta, Michi Murakami text & edit : Kana Umehara)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る