無題 (2)
2022.05.14

幼い頃からそばにある、親しみのある道具たち。 おいしいコーヒーを淹れるアイテム。インテリアスタイリストが厳選!

両親が無類のコーヒー好きで、幼い頃から豆を挽く音や、香りと共に育った前田かおりさん。今回は、おいしいコーヒーを淹れるアイテムをご紹介します。

1.風味豊かに落とせる、名作〈ケメックス〉。『卓上で絵になるのでおもてなしに使います。』

無題 (22)

ドリッパーとサーバーが一体化。均一の濃さで落とせる円錐型がおいしさの秘密。クラシックシリーズ3カップ6,380円、6カップ8,030円(共にケメックス|OBT)

2.〈メリタ〉で揃える、電動ミルとドリッパー。『我が家のドリッパーは〈メリタ〉のヴィンテージ。』

無題 (23)

ドイツのコーヒーメーカー〈メリタ〉。電動ミルはボタンを押す長さで挽き目を調節できるシンプルさ。電動ミル、陶器フィルター1×2各オープン価格(共にメリタお客様相談室 0570-550-267)

3.ボタン一つですぐ沸く電気ケトル。『忙しい朝に重宝。8年壊れず、使ってます。』

無題 (24)

カップ1杯分なら約1分で沸騰。細長い注ぎ口で、ハンドドリップで淹れる時にも便利。マットブラックカフェケトル0.8L11,000円(ラッセルホブス|大石アンドアソシエイツ 0120-520-227)

4.直火式エスプレッソマシン「マキネッタ」。『火加減にコツが必要ですが、おいしいです。』

無題 (26)

コーヒーの粉と水をセットして、直火に3~4分かけるだけで本場イタリアの味が楽しめる。エスプレッソメーカー3カップ6,600円(ビアレッティ|LABOUR AND WAIT TOKYO 03-6804-6448)

5.軽くて、雨風に強いアルミのやかん。『燃料用の小枝拾いもキャンプの醍醐味。』

無題 (25)

なんとも不思議な形だけれど、1900年代からアイルランドの漁師が使っていたとか。底に燃料を入れ、空気穴から着火。ストームケトル1.5L 17,600円(LABOUR AND WAIT TOKYO)

Navigator…前田かおり(まえだ・かおり)

前田さん顔写真

インテリアや雑貨を中心にスタイリング。岡尾美代子氏に師事した後、独立。甘く透明感のある世界観が人気で、書籍や雑誌で活躍中。Instagram:@kaorimaeda_works

(Hanako1208号掲載/photo : MEGUMI, Wataru Kitao, Miyu Yasuda styling : Kaori Maeda text & edit : Yoko Fujimori, Nao Yoshida text :Yuya Uemura, Ami Hanashima)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る