自由が丘の隣、「九品仏」が気になる!のんびり過ごす休日に、ぴったりのお店。
2018.07.20

九品仏駅で降りてみよう。 自由が丘の隣、「九品仏」が気になる!のんびり過ごす休日に、ぴったりのお店。

東急大井町線に乗ったら、自由が丘で降りずにお隣の九品仏駅へ。落ち着いた雰囲気の九品仏には、素敵なお店との出会いが待っています。今回ご紹介する3店は要チェック。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.祖母のレシピと思いをつなぐ〈IKO IKO〉

ローカルコミュニティの深度がクローズアップされる昨今、〈アイコアイコ〉は家族という最も身近で最も強い絆で成り立っている。店名の由来はニューオリンズの囃し声で〝I go I go”が訛った言葉だそう。毎日を少しでも楽しく過ごしたい人にはうってつけの、温かい一軒だ。

30年にわたって店主の祖母が書き記した1000のレシピが宝物。丁寧な下ごしらえあってのおいしさは、作る立場になって改めて実感し、「おばあちゃんに感謝しますね」と石黒重久さん。

おばんざい4種盛り合わせ1,200円。春菊と焼きしいたけのレモン醤油和え、きんぴらごぼうなど、内容は日替わり。手作り餃子690円は、ニンニクは使わず大葉を入れてあっさり味に。野菜たっぷりの惣菜が多いのは、家族を思えばこそ。

(Hanako1146号掲載/photo : Kayoko Aoki,Shin-ichi Yokoyama,Michi Murakami text : Yukari kiyama, Ai Sakamoto,Yumiko Ikeda)

IKO IKO

IKO IKO

  • その他日本料理/居酒屋
  • 九品仏駅

2.〈O RESTO la med.〉でハーブやスパイスが香る、軽やかな地中海料理を。

パリのグランメゾンや、スペイン、ドイツ、都内の名ビストロのスーシェフなどを経て、三浦裕司さんが構えたのは気楽なスタイルの店。

長年携わったフレンチをベースに、食べるほどに食が進むような軽やかな地中海料理が「今、自分が作りたいもの」と三浦さん。

〈O RESTO la med.〉メゼプレート1,200円

ファラフェル、フムス、自家製ピタパンなど。真鯛のポワレ パエリア風リゾット1,500円。モロッコソーダ680円(各税込)

フェンネルなど8種のハーブで香り高く仕上げるエビダシのリゾットや、ヒヨコ豆の風味が食欲をそそるフムスなど。シェアして楽しむ食事にぴったり。精肉店や鮮魚店と軒を並べる、町の洋風食堂感覚で気軽にどうぞ。

壁を使ったギャラリーやモロッコ雑貨の販売なども予定。

(Hanako1143号掲載/photo : Michi Murakami text : Yumiko Ikeda)

O RESTO la med.

O RESTO la med.

  • フレンチ/ワインバー
  • 九品仏駅

3.良質フルーツを適正価格で。〈THE Tokyo Fruits パーラー〉/自由が丘

フルーツの魅力を知ってもらうべく、大田市場の青果仲卸人が昨秋フルーツパーラーをオープン。独自ルートで入る、サイズなどで規格外になった最高級果物や市場に出ない希少フルーツなども使い、適正価格で楽しめる。

自ら目利きした果物を最高のタイミングで出し、フルーツに合わせてクリームのブレンドも調整。2,000円前後のパフェも食べればむしろ安いと気づく。なるほど、ホンモノを知る自由が丘の人々がリピートするのも納得。

(Hanako1134号P20掲載/photo : Michi Murakami text : Eri Tomoi (gotoh, tokyo fruits parlour)

THE Tokyo Fruits パーラー

THE Tokyo Fruits パーラー

  • フルーツパーラー
  • 九品仏駅/自由が丘駅
編集部

ゆったりデートにも良さそう。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る