温もり溢れる店が集まる街【西荻窪】。ひとりで行ってゆっくり味わいたい、隠れた名店3選
2018.02.01

作り手の想いに出会える 温もり溢れる店が集まる街【西荻窪】。ひとりで行ってゆっくり味わいたい、隠れた名店3選

人気の中央線沿線ですが、その中でも西荻窪は飲食のレベルが上がっている注目エリア。オリジナリティの強い店が多く集まり、その上、どこも高レベル。店主とお客さんの距離が近く親しみやすいから、ひとりでも心置き無く楽しめるんです。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.旬の味わいを楽しむフレンチ〈食堂くしま〉

125

イタリアでのホームステイや、カフェで腕を磨いた、くしまさんとお姉さんが切り盛りをしている。ふたりの空気感がとっても心地いい。

224

メニューは月替わりコース5,500円のみ。オーガニック野菜を中心に、旬の味わいを料理に託した一皿は、どれも組み合わせの妙に驚かされる。

こちらは10月のコースの前菜の「ビーツ、柿、生姜」。テーマである「紅葉の色合い」を感じられる、秋が香る一皿。

322

デザートは「洋梨、バニラ、ミント」で爽やかに。最初に渡される献立表には、食材が記されているだけなので、サーブされた時の感動はひとしお!

2.野菜の滋味深さが体にしみる〈たべごと屋のらぼう〉

47っっf

店主の明峯牧夫さんは、「畑の景色を持ち帰ることで、お客さんにも旬を感じてもらいたい」と、毎朝三鷹市の農家で手に入れた野菜と対話しながら、今宵のメニューを考える。

57っっd

奇をてらわずに、旬の食材を組み合わせた料理は、野菜の滋味深さが体にしみるものばかり。「干し柿とほうれん草のクリームチーズあえ」880円はお酒のアテにも。

64fv

「海老と隼人瓜の炒め物」1,200円はシャキシャキ感が◎人気店のため予約必須だが、料理をテイクアウトして「ウチノラ」を楽しむ地元の人も。

3.フレンチの技法が光るカレーに注目〈FRENCH CURRY SPOON〉

82

〈ル・ブルギニオン〉などで腕を磨いた和田直樹シェフが、フレンチの技法を用い、作り上げた「フレンチカレー」。コク深く、ほどよく刺激的なのに、驚くほど軽やかで全く胃にもたれない!

「フレンチカレー」930円に、390円をプラスすると「平日のランチセット」としても楽しめる。

72

西荻窪駅南口の、商店街を抜けてすぐの場所にある。目印は大きな看板。

(Hanako 1123号掲載/photo:Tomoo Ogawa text:Emi Suzuki)

こんな記事もおすすめ!
☆西荻窪・吉祥寺で美味しいチャイが飲めるお店はコチラ!
☆西荻窪の新しいカフェスタイル特集はコチラ!

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る