「Granita alla mandorla(グラニータ アッラ マンドルラ)」1,430円(1日15食限定)。
2021.08.22

話題のかき氷を食べよう “まるでケーキ”なかき氷!?【2021年】クリームたっぷりの絶品かき氷4選

夏になると食べたくなるのが、ひんやりスイーツの代表格・かき氷。さまざまなフレーバーが登場する中でも注目を浴びているのが、ケーキのようなかき氷。そこで今回は、2021年最新版・クリームがたっぷり乗ったケーキのようなかき氷をご紹介します。

1.〈フラテリパラディソ〉のGranita alla mandorla/表参道

「Granita alla mandorla(グラニータ アッラ マンドルラ)」1,430円(1日15食限定)。
「Granita alla mandorla(グラニータ アッラ マンドルラ)」1,430円(1日15食限定)。

オーストラリア発のイタリアンダイニング〈フラテリパラディソ〉からは、イタリア・シチリア島で定番のかき氷が登場。グラニータというのは、イタリアで味のついた氷のこと。それを職人が手作業で削っていくため、ふわふわのかき氷というよりは食感の残るような氷になるそう。今回のかき氷には、アーモンドミルクとアマレットリキュールをミックスして凍らせた氷を使用。大人味のグラニータをベースに、フレッシュなマンゴーソースや、ビアンコマンジャーレをしのばせた、どこか杏仁豆腐を連想させるような味わい。

〈フラテリパラディソ〉
■東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 本館 3F
■050-5593-7417

(photo&text:Ai Yamashita)

2.〈パティスリー ラヴィアンレーヴ〉のショートケーキ/梅島

〈パティスリー ラヴィアンレーヴ〉

〈ラヴィアンレーヴ〉は地元では知らない人がいないほど人気のお店。提供されるのは、ふんわりと削られた氷に「スポンジや生クリーム、粉糖をまとった、まさに“ショートケーキ”のような一品」(小野寺さん)。中には角切りの苺が入っていて、苺も思う存分堪能できる。天然氷1,400円、純氷1,100円。

〈パティスリー ラヴィアンレーヴ〉
■東京都足立区梅島3-6-16
■03-6887-2579
■10:00~20:00(18:45LO)、日祝10:00~19:00(18:00LO)不定休
■12席

3.〈cafe Lumiere(カフェ ルミエール)〉のチョコミントパルフェ/吉祥寺

〈cafe Lumiere(カフェ ルミエール)〉

かき氷が人気のカフェで昨年から登場したのが「チョコミントパルフェ」。自家製のミントシロップに、濃厚なチョコをミントクリームで包みこんでいる。「フレッシュミントを使った清々しい香りのシロップと、すっとするミントクリームの清涼感が堪らない」(chicoさん)。1,485円。

〈cafe Lumiere(カフェ ルミエール)〉
■東京都武蔵野市吉祥寺南町1-2-2東山ビル4F
■0422-48-2121
■11:00~20:00(19:30LO)不定休
■30席

4.〈雪うさぎ〉のコーンポタージュ/桜新町

〈雪うさぎ〉

かき氷今年のかき氷界のトレンドである野菜を使用したもの。コーンの甘さと塩味がアクセントになったかき氷の隠し味は醤油。「しっかりととうもろこしを使用してトレンドをおさえつつ、特製ミルクと掛け合わせてスイーツに仕上げるのは職人技」(シズリーナ荒井さん)。最後には氷が溶けて冷製コーンポタージュが楽しめるようになっている。935円。

〈雪うさぎ〉
■東京都世田谷区駒沢3-18-2
■03-3410-7007
■11:30~20:00(19:30LO)月休
■31席

(Hanako1199号掲載/photo : Jun Imajo, Satoru Nakano text & edit : Yuko Watari)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る