〈黒船のどらやき〉
2021.01.12

あんこ好きにはたまらない! あんこがたっぷりスイーツ7選!【お取り寄せ】好きなだけあんこを詰められる和菓子も。

手土産としても大定番の「あんこスイーツ」。今回は、あんこ好きが喜ぶこと間違いなしのあんこたっぷりのお取り寄せスイーツをご紹介します。

1.〈梅月堂〉の「ラムドラ」

「ラムドラ」3個入り(ケース入)1,080円。
「ラムドラ」3個入り(ケース入)1,080円。

「ラムドラ」は、鹿児島県日置市にある老舗和菓子店〈梅月堂〉の商品。同社が60年以上焼き続ける「ぬれどら焼き」をベースに、お酒好きの四代目が考案したそう。熟練の職人さんが一枚ずつ手焼きする薄皮生地に、北海道大納言小豆を使った自家製どら餡がたっぷり。その上に芳醇な香りと豊かな風味が特徴の「マイヤーズ・ダークラム」を染み込ませ、ぷっくりと膨らんだレーズンを7つ、惜しげもなくのせています。パッケージを開けると、しっとりした皮に包まれたあんことレーズンが一体化。持ち上げてみると、ずっしりとした重みと、吸い付くような質感があります。お店によると、少し日を置いて食べるのがおすすめとか。

〈梅月堂〉
■鹿児島県日置市東市来町湯田3320
■099-274-2421
■10:00~16:00 日休

公式サイト
通販サイト
※新型コロナウイルス対策のため、定休日・営業時間は変更の可能性あり。

2.〈黒船〉のどらやき

〈黒船のどらやき〉
〈黒船のどらやき〉
〈黒船のどらやき〉
〈黒船のどらやき〉

焼印調に表現した“DORAYAKI” の文字が刻印された包み紙で包装した「黒船どらやき」は、上品で手土産にピッタリ。(※一部地域を除き、自宅配送ならお取り寄せが可能です。)「黒船どらやき」は、北海道十勝産小豆を使用した風味豊かな餡と、沖縄産黒糖のすっきりした甘さの皮で包んでいます。もち米粉を使用したモチモチの食感と半月の形が食べやすく、女性や子どもからも人気が高いそう。この食感にハマりすぎて、他のどらやきでは満足できなくなってしまうかも(笑)?

失敗しない手土産選びなら〈黒船〉がおすすめ!!年末年始のご挨拶や友人を訪ねる時にも最適です。どらやきやカステラ以外に、「ザ リッチ アンド ミルク」や「黒船ラスキュ」など日持ちするお菓子もアリ。詳しくは公式ホームページをチェックしてみて!
※価格はすべて税別

3.〈御室和菓子 いと達〉の包み餅

〈御室和菓子 いと達〉の包み餅

仁和寺に程近い、閑静な住宅地に昨秋誕生した和菓子店。看板菓子の「包み餅」は、3種類のもち粉をブレンドしたもちもちの生地を鉄板で薄く焼き上げ、自家製のこし餡や白味噌きな粉餡を包んだもの。ピンクは桜、オレンジは紅葉など、日本の四季をイメージした雅な色合わせにも心躍る。6個入り1,500円(税込)。

(Hanako1188号掲載/photo:Kunihiro Fukumori text:Azusa Shimokawa)

〈御室和菓子 いと達〉
■京都府京都市右京区龍安寺塔ノ下町5-17
■075-203-6243
■10:00〜18:00 水日休

www.tokusenkyoto.jp(特選京都サイト内)

4.〈御菓子司 塩芳軒〉の聚楽

〈御菓子司 塩芳軒〉の聚楽

西陣に店を構える明治15年創業の京菓子店。初代より受け継がれる、天正の焼印が印象的な銘菓「聚楽」は、専用に炊いたこし餡を、和三盆の蜜を使いしっとりと仕上げた生地で包んだもの。口の中で餡と生地がふわりとほぐれるやさしいおいしさ。1個172円、8個箱入り1,620円(各税込)。

(Hanako1188号掲載/photo:Kunihiro Fukumori text:Azusa Shimokawa)

〈御菓子司 塩芳軒〉
■京都府京都市上京区黒門通中立売上ル飛騨殿町180
■075-441-0803 日祝、月1回水休
■9:00〜17:30

5.〈都松庵〉の最中セット

〈都松庵〉の「都もなか」
〈都松庵〉の「都もなか」
〈都松庵〉の「都もなか」
〈都松庵〉の「都もなか」
〈都松庵〉の「都もなか」
〈都松庵〉の「都もなか」
〈都松庵〉の「都もなか」
〈都松庵〉の「都もなか」

昭和25年創業の京都のあんこ屋さん「都松庵」が一年かけて作り上げた、新しい形の和菓子。6個入り2,260円。驚きなのは、最中の形。まるで蓋がついた箱のようです。そして求肥を置いて、その上また粒あんを重ねてサンド。最後は皮でできた蓋をかぶせて出来上がり!出来立ての最中は皮がサクッと軽くて、程よい甘さの粒あんはホッコリと優しい気持ちにしてくれます。求肥も柔らかく、すべてが絶妙のバランスで一体になっています。ありそうでなかった、箱型の最中。バニラアイスを入れたり、フルーツのジャムを載せても美味しいんだそうですよ。気分が上がる、プレミアムな和菓子。緑茶を入れて、ちょっと贅沢なお茶タイムはいかがですか?味はもちろん、パッケージがとにかく素敵で、捨てるのがもったいないくらい。手土産にすれば、デキる!と思われること間違いなしです。

(photo&text:Kaori Manabe)

6.〈塩瀬総本家〉の大粒すぎる栗羊羹

竹皮の包装が高級感をかもし出しています。塩瀬のお菓子は織田信長や豊臣秀吉、徳川家康にも献上されたそう。
竹皮の包装が高級感をかもし出しています。塩瀬のお菓子は織田信長や豊臣秀吉、徳川家康にも献上されたそう。
塩瀬総本家
塩瀬総本家
竹皮の包装が高級感をかもし出しています。塩瀬のお菓子は織田信長や豊臣秀吉、徳川家康にも献上されたそう。
塩瀬総本家
塩瀬総本家

その歴史は660年も遡るという〈塩瀬総本家〉。本店は東京の中央区にあり、有名大手デパートでも取扱いがある、由緒正しきお菓子です。パッケージから出してみると、このように外からでも栗が詰まっているのがわかります。カットしてさらにびっくり。どこまでも栗、栗、栗…!どこをカットしても、栗の面積が少ない部分が見当たらないのです。なんという至福。ひと切れに、一個分以上の栗が入っていそうです。栗好きにはたまりません。ホクホクした栗と、優しい甘さの餡がとても上品です。すごく食べ応えがあるのに、どんどんいけちゃう…結局、何回もカットしておかわりしてしまいました。これがあると思うと、しばらく色々頑張れそう…自分のご褒美に買って良かった。その歴史の長さを裏切らない、最高の栗羊羹でした。

(photo&text:Kaori Manabe)

7.〈ぎんざ空也 空いろ〉のほし&スプーンセット

1,116円(税込)
1,116円(税込)

1884(明治17)年創業の〈空也〉は、銀座に本店を持つ老舗和菓子店。多くの文豪に愛された「空也もなか」で有名ですが、新ブランド〈ぎんざ空也 空いろ〉では、伝統にしばられない自由な発想でお菓子を生み出しています。

「ほし&スプーンセット」は、“豆のジャム”をイメージして、〈空也〉自慢のあんこをアレンジし、瓶詰めにした商品。付属しているスプーン型のクッキーですくうようにして、めしあがれ。瓶詰めの「ほし」は、あずきのつぶあんとこしあんに加え、白いんげんとだいずのこしあんがあります。クッキーはシナモンとジンジャー入りの「スパイス」、豊かな風味の「抹茶」の2種類です。

〈ぎんざ空也 空いろ エキュート品川店〉
■JR品川駅構内 エキュート品川1F
■03-3443-7440
■8:00~22:00、日祝~20:30
■無休

(text:Chihiro Kurimoto)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る