ボウルで混ぜるだけ!ささっと作れる夏麺「パクチージェノベーゼ」のレシピ
2020.08.03

夏ごはんを作ろう。 ボウルで混ぜるだけ!ささっと作れる夏麺「パクチージェノベーゼ」のレシピ

夏バテしそうな暑い日も、冷たい麺をすするうちに元気が湧いてくるから不思議。茹で時間の短いそうめんと中華麺は夏の麺に最適。3ステップで手早く簡単に作れて、さっぱり食べられる「パクチージェノベーゼ」のレシピを料理家・夏井景子さんに教えてもらいました。7月28日発売のHanako「自分を高める学びの教科書」よりお届け。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
パクチージェノペーゼ

■材料(1人分)

・そうめん…100g(2束)
・なす…1本
・飾り用パクチー…適量
・オクラ…2本
・赤玉ねぎ…1/4個
・ツナ缶…1/2缶
・パクチー(みじん切り)…30g
・ピーナッツ(みじん切り)…20粒
・ナンプラー…小さじ2
・レモン汁…大さじ1
【A】
・きび砂糖…ふたつまみ
・米油(サラダ油でも可)…大さじ1

■作り方
STEP.1 切る

パクチージェノペーゼ

なすは皮を剥き、水に10分ほどさらしたら、二重にしたキッチンペーパーを水で濡らして包み、ラップをして600Wの電子レンジで3分加熱する。あら熱がとれたら縦8等分ほどに切る。オクラは茹でて斜め半分に切り、玉ねぎは薄切りに、飾り用パクチーは食べやすい大きさに切る。

STEP.2 混ぜる

パクチージェノペーゼ

みじん切りにしたパクチーとピーナッツをボウルに入れ、あわせた【A】を加えて混ぜ合わせる。

STEP.3 和える

パクチージェノペーゼ

そうめんを袋の表示通りに茹で、冷たい水にさらし、ざるに上げて水気を切ったら、2に加えてよく和える。全体にジェノベーゼソースがからんだら、赤玉ねぎと汁気を切ったツナを加えてさらに全体を和える。

パクチージェノペーゼ

お皿に盛り、なすとオクラ、飾り用パクチーをのせて完成。うどんや中華麺、パスタで作ってもおいしい。ツナ缶をサバ缶に替えたり、大葉とくるみを使って大葉ジェノベーゼにするのもおすすめ。

今回教えてくれたのは…夏井景子(なつい・けいこ)

夏井景子さん

料理研究家。板前の父と料理好きの母の影響で食べることも作ることも好きになる。雑誌や書籍などで活躍。著書に『“メモみたいなレシピ”で作る家庭料理のレシピ帖』(主婦と生活社)。

(Hanako1187号掲載/photo:Kiyoko Eto text:Motoko Sasaki edit:Kana Umehara)

【8月6日〜14日】ハナコカレッジ オンライン夏期講習を開講します!

ハナコカレッジ オンライン夏期講習

先生たちに再度ご登場いただき、インスタライブでオンライン授業を配信します。誌面では紹介しきれなかったコツや応用テクなど、見逃せないコンテンツが盛りだくさん。みなさまの質問にもお答えします。Hanako9月号をテキストにして、より理解を深めるチャンス!

オンライン授業のスケジュールはHanako公式インスタグラムで発表します!
@hanako_magazine

※授業日程が変更になる可能性があります。随時インスタグラムで発表します。

今月のスペシャル

おこもりホテル特集!【Hanako特別プラン】で泊まれるホテルも!…知っておきたいお得情報が満載。おこもりホテル特集!【Hanako特別プラン】で泊まれるホテルも!…知っておきたいお得情報が満載。
TOPに戻る