ワンピース28,600円、ベスト9,900円(共にHeRIN.CYE|バロックジャパンリミテッド 103-6730-9191)/ネックレス46,200円、リング(左手人差し指)297,000円、リング(左手小指)71,500円(全てマリハ 103-64
59-2572)

語り出したら止まらない!私の最愛料理本。
アナウンサー・宇賀なつみ Learn 2023.01.19

料理好きなら誰もが持っている“バイブル”的な存在を聞きました。レシピに刻まれた思い出の理由とともに語られた、その“推し”の理由とは?

MY BEST COOKBOOK:『 ごちそうさまが、ききたくて。─家族の好きないつものごはん 140選 』栗原はるみ

今も増刷がかかる料理本の金字塔。どこの家庭にもある食材と調味料を使ったレシピに加え、作り手に寄り添うエッセイは今読んでも色褪せない。(文化出版局/1,682円)
今も増刷がかかる料理本の金字塔。どこの家庭にもある食材と調味料を使ったレシピに加え、作り手に寄り添うエッセイは今読んでも色褪せない。(文化出版局/1,682円)

料理の原体験と家族の思い出が凝縮された一冊。今、自分が作る料理のルーツもここに。

1992年に発売され、ミリオンセラーを記録した名著は宇賀なつみさんにとって家族の思い出そのもの。「幼い頃、我が家の食卓に並ぶ料理の多くは、この本からだったと記憶しています。特に週末、テレビを消して、家族そろってゆっくり会話をしながら食事をとる時間には、いつも栗原さんのレシピがありました。今もお正月に実家に帰ると、必ずこの本のレシピのひとつ、“牛たたきの野菜巻き”が出てきます」

中学生の頃、初めてひとりでキッチンに立ち、作った料理もまたこの本の「ひじきご飯」だったそう。「あまり上手にできなかったことも含めて、覚えています。作れたものの、母の方がおいしいなっていう完成度で。今振り返ると、中学生にしては渋すぎるチョイスですよね〜」

そう言って、ケタケタと笑った。現在、本は手元にはないというが、その理由は自身の舌と脳の隅々まで、レシピが染み込んでいるから。「毎年作る夏野菜の揚げ浸しを筆頭に、今でもハンバーグはひと口サイズで作るし、豚肉なら梅干し、じゃこならピーマンと反射的に頭に浮かぶ組み合わせも、すべてこの本がルーツ。久しぶりに手に取ってみると、改めてそれを実感しますね」

いわゆる料理の基礎を教える本ではない点にも惹かれるという。「私、ずっとグラタンはじゃがいもと長ネギ入りの食べ物だと思っていたんです。この本ではそうだったので。だから、初めて外で食べた時に、玉ネギや鶏肉、マッシュルームが入っている方がベーシックだと知って驚いて。でも、そういった固定観念にとらわれないレシピがたくさん提案されているのも、惹かれる理由かもしれません」

彼女にとって、料理は家事の中で唯一、好きな作業。「作り出す楽しさ、自分で好きに設計できる自由さが料理にはある。レシピ通り作らなくたって、“最後においしければいいじゃん”って思える余白があるのもいいんでしょうね。そしてたぶん、栗原さんの本にも同じにおいを感じていて。“ほどよくゆるく、肩の力を抜いて作ればいいのよ”って言ってくれている気がするんです」

MY FAVORITE RECIPE

帰り際、「急に冷え込んできたし、帰ったら久しぶりにグラタンを作ってみようと思います」とスタジオを後にした宇賀さん。後日、送られてきたのが下の写真だ。「ネギが大きめで、見た目は美しくないかもしれません!(笑) でも、味は変わらずおいしかったです」というメッセージが添えられていた。

具材はじゃがいも、アンチョビ、ネギ、チーズ、生クリームのみというシンプルな「ポテトグラタン」。じゃがいもはあらかじめ電子レンジで加熱しておくなど、当時から時短を提案!
具材はじゃがいも、アンチョビ、ネギ、チーズ、生クリームのみというシンプルな「ポテトグラタン」。じゃがいもはあらかじめ電子レンジで加熱しておくなど、当時から時短を提案!
photo : Kenya Abe styling : Kayo Hayashi hair & make : Yasuyo Tanaka text : Wako Kaneshiro text & edit : Yoshie Chokkiclothes:ワンピース28,600円、ベスト9,900円(共にHeRIN.CYE|バロックジャパンリミテッド 103-6730-9191)/ネックレス46,200円、リング(左手人差し指)297,000円、リング(左手小指)71,500円(全てマリハ 103-64 59-2572)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR